2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« ビージーズのロビン・ギブもお亡くなりに | トップページ | リーガルハイ第6話と37歳で医者になった僕 第7話 »

2012/05/22

THE KILLING/キリング 第19話 サラ 84

マイヤーが死ぬ間際に言い続けていた「サラ」のために、サラ・ルンドは相棒のマイヤー殺害の嫌疑をかけられた。

サラ 84の流れで真犯人は決まったと見ていいのかな?

前回の最後、アントンが新居の地下室でナナのパスポートを見つけ、それをヴァウンに教えた。ヴァウンはタイスとペニレにそのことを言うから、もうヴァウンは事件と関係ないかと思っていたら、大間違い。

マイヤーが死ぬ間際に言い続けていた「サラ」には続きがあって、奥さんが84という数字も聞いていた。鬱病の兆候があると偽の報告書をでっち上げてルンドは捜査を再開、そしてタイスたちの新居で内装をしているヴァウンに遭遇。そこでレオンのことをあれこれ聞いていくが新しい犯人は浮かんでこない。ルンドが諦めかけたとき、ヴァウンが来ていた黒いパーカーのジッパーを上げる。そこには

Sara vejo
'84

のロゴが!

1984年のサラエボ冬季オリンピック!

マイヤーが見たのはこれか!

来週最終回です。

犯人はヴァウンで決まりなのか。

いや誰かがヴァウンのパーカーを着たのか?

ナナのパスポートがなぜかレオンの住居で見つかった。パスポートの件を知っているのは、ヴァウンとペニレとタイス。犯人が別にいればその限りではない。

でも首を吊って死んでいるように見せかけられたレオンは銃で歯を折られていることから、ヴァウンがやったと見るべきか?

ハートマンが自分に不利なことを隠蔽している証拠を握っていると力説していた市長がテレビ討論中に倒れる。

このすべての混乱が最終回で収拾されるのか?

« ビージーズのロビン・ギブもお亡くなりに | トップページ | リーガルハイ第6話と37歳で医者になった僕 第7話 »

コメント

こんにちは。前回からの流れで犯人はヴァウンぽい?ことまで分かりましたが、おっしゃるとおり今後急展開というシナリオもあり得ます。決めつけは禁物ですね。この作品はミスリードするように作られてませんか?視聴者は刑事の視点でストーリを追っかけると思いますが、ドラマの展開がミスリードを誘発してますね。なので19話の流れも、犯人がヴァウンとするのに抵抗があります。(家族同然のナナへの仕打ち、タイスファミリーへの接し方などなど)そもそもヴァウンが殺人者の雰囲気をまったく出してないとこに違和感があります。これでヴァウンが犯人でしたって言われても・・・釈然としない。納得する展開を期待したいですね。市長選がどう絡んでくるか・・。それにしてもマイヤーは残念でした、突然の死は輸血後反応によるものらしいですね。犯人は絡んでなさそうですね。

mk1974さん、どうもsun
このドラマにいい具合に騙され続けてはや19話。ヴァウンが犯人でない可能性も十分あると思います。あの奪われたアルバムの集合写真には誰が映っているのか気になります。

マイヤーの奥さんもずっと一緒にいたそうなので殺されたわけでなはいのですね。

最終回はどうなるのか。2と3もデンマークで製作されたので期待はしています。

どうも。
やっぱりヴァウンが犯人なのでしょうか・・。血の付いたパスポートは新居近くのゴミ箱?で発見されたって副局長が言ってたし、マイヤが撃たれたときの犯人の靴!革靴でしたよね、ヴァウンはいつもスニーカーだったような。。靴だけ交換してパーカーは同じって意味不明っすから。何考えて行動してんだか。2重人格かよ!パスポートの件でナナママと子供との車内の会話って意味深でしたね。
とにかく最終話ですっきりしたいですね。そしてシーズン2以降も期待です。

mk1974さん、どうもsun
>マイヤが撃たれたときの犯人の靴!革靴でしたよね、ヴァウンはいつもスニーカーだったような。
そう考えると、一つの犯人は2人という可能性も出てきます。裁判員裁判になって証拠の詰めが甘いと言われていますが、そんな気分です。
最終回ですっきりしたいです。

なぜ、The Killingがツインピークスの再来と言われているのかが、最終回でわかることに!?

ピークスさん、どうもsun
デイヴィッド・リンチの映画みたいな唐突な終わりの可能性もあるということですか!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/54769618

この記事へのトラックバック一覧です: THE KILLING/キリング 第19話 サラ 84:

« ビージーズのロビン・ギブもお亡くなりに | トップページ | リーガルハイ第6話と37歳で医者になった僕 第7話 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト