2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« がっかり観光地日本一は札幌の時計台  | トップページ | 平清盛 第27回 「宿命の対決」 ヘタレ信頼と無骨なもののふの義朝 »

2012/07/13

トトロとヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

トトロとヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qという組み合わせ、森の使者と使徒というつながりなのか?

三輪車のシーンに引き込まれます。

20120713232716

20120713232718

20120713232720

20120713232726

20120713232727

20120713232728

ほんとにうまい。

20120713232837

20120713232852

20120713232854

20120713232856

惚れたか

何も言わないメイの名演技

20120713232950

20120713233004

20120713233131

そしてエヴァ

20120713233317

20120713233537

のだめなのか

« がっかり観光地日本一は札幌の時計台  | トップページ | 平清盛 第27回 「宿命の対決」 ヘタレ信頼と無骨なもののふの義朝 »

コメント

昔から思ってるんですがトトロってストーリー的にはまったく盛り上がりがないですよね。僕は最初に見たとき母親が死ぬのかなと予想したんですが、何も起こらなかったので拍子抜けしました(今でも作者は当初そういうストーリーを意図してたんじゃないかと勝手に想像してるのですが)

おじゃま丸さん、どうもsun
ストーリーはまったく盛り上がらないのですが、それでいて面白いのが、凄いと思います。
ストーリーのせいなのか、これもカリオストロと同じで興行収入は振るわなかったようです。

園子園みたいな不道徳と悲劇の凄惨さによって逆説的に愛や道徳がどうして輝くのかを描く作風は確かに盛り上がるし最近だとちょうど同監督のヒミズが面白かったですが、トトロは平凡な家族や繋がりの尊さを、本質から捉え真っ直ぐ表現してるから好きです。壊して価値を際立たせるより、普通の人間の繋がりを魅力的に描くのは大変な技だと思う。トトロの存在はファンタジーですが、あの世界にはいつか感じた「わくわくする現実感」があります。
さつきとメイが探検するところとか子供時代の素晴らしい体験そのもので、ドラゴンも大きな悲劇も無い当たり前の日々には見たままの輝きが確かにあると語っていて、蛍の墓やヒミズの手法とは対照的なあったかい安心する魅力です。
何て言うか、あの平凡さが命や世界を信じさせてくれます。

藤咲さん、どうもsun
>トトロの存在はファンタジーですが、あの世界にはいつか感じた「わくわくする現実感」
それはかなりあります。「ポニョ」が面白いのもそこですね。

>さつきとメイが探検するところとか子供時代の素晴らしい体験そのもので、ドラゴンも大きな悲劇も無い当たり前の日々には見たままの輝きが確かにあると語っていて

晩年のピカソも「この歳になってやっと子供らしい絵が描けるようになった」と言ったとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/55189083

この記事へのトラックバック一覧です: トトロとヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q:

« がっかり観光地日本一は札幌の時計台  | トップページ | 平清盛 第27回 「宿命の対決」 ヘタレ信頼と無骨なもののふの義朝 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト