2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

記事検索できます

最近のトラックバック

« 鹿肉を焼いてわさびと塩で食べてみる ゾンビの気分 | トップページ | 年末にタイムスクープハンタースペシャル! »

2012/11/21

ウォーキング・デッド シーズン2後半 ダークサイドに堕ちていく

デール!

そう叫ばずにはいられないシーズン2の後半。

ご老人は人類に残された後の良心だったのかもと思わせる最終回。

テレビがつまらないという風潮がありますが、何を見ているのかと問いたい

ネタバレありです。

デールが死んじゃうんだもんな。

ランデルを助けようと処刑なんかしたら人間が人間でなくなると訴え、みんなを説得して回ったのに、最後はウォーカーに襲われて、ダリルに頭をぶち抜かれるという。

この回、エンディングが無音。ソフィアがウォーカーで現われた以上にショッキング。

ショッキングと言えば、リックがシェーンを不意打ちにするし。

この「守るための暴力」というか味方殺し、バトルスターギャラクティカにもそういうモチーフがありましたが、やっぱり堪えます。でも面白い。

シーズン1の最後にジェンナーがリックに囁いたのは全員が感染しているという事実。だから死ぬとみんなウォーカーになる。それをシーズン2の最後で明かす。しかもこれをみんながリックに不信感を覚えるという流れで使う。すげえな。

ゴタゴタ言ってるキャロルにリックは民主主義は終わったと暴君宣言。

アメリカのドラマは鬱展開でも面白い。これが不思議。

シーズン3は刑務所ですか。

« 鹿肉を焼いてわさびと塩で食べてみる ゾンビの気分 | トップページ | 年末にタイムスクープハンタースペシャル! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ウォーキング・デッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鹿肉を焼いてわさびと塩で食べてみる ゾンビの気分 | トップページ | 年末にタイムスクープハンタースペシャル! »

翻訳しました

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト