2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« コンバットタンクコレクション 第12号 ルクレール戦車【フランス】 | トップページ | 鹿肉のすき焼き 前頭葉が溶けるうまさ »

2012/11/17

平清盛 第44回 そこからの眺め 清盛がクーデターで国権の頂点に

重盛は2匹の野獣の中に放たれ、身も心も食いちぎられた子鹿のようでした。死にたいと思うわな。

治承三年の政変で清盛が国権の頂点に立つ!

この回は前半、法皇と重盛と清盛の話が一瞬見えなくなったのですが、二度目見てなんとなくわかりました。(台詞を1つ聞いてなかったようで)

今回のムロツヨシ

20121117141645

長年の心労で重病の重盛が法皇といがみ合うことなく、手を携えて新しい国造りをと清盛に訴える。あっちの時代もこっちの時代もねじれ状態。

重盛が法皇を幽閉しようとした清盛を諫めた。法皇は藤原摂関家に嫁いでいた盛子が病死すると、平家の手にあった摂関家の領地を摂関家に戻す。

清盛が怒る。

ここで我らの財を削ごうとなさるとは・・・

でもここで動けば重盛の病に障ると国盛。清盛は動けない。

法皇の思う壺。

20121117141829

清盛を突くには子を突くに限る。

まさに悪魔の所行。

法皇が臨終間近の重盛のところにやってきて、まさかの双六遊び。

我が父、清盛とは何かとぶつかることもおありと存じます。されど王家にお尽くしする我ら我ら平家の忠義に 断じて二心ございません。なにとぞ平家の安泰、我が父、清盛の国造りを見守っていただけることをお約束いただければ、思い残すことなく死ねましょう。

20121117141901

あいわかった。約束しようぞと法皇。

ありがとうござります。

ただし・・・これに勝ったらのぉ。

もう意味がわからん。

双六をする重盛。

20121117142008

20121117142032

痛々しい。

20121117142037

ほれ、早うよい目の出さぬと、負けてしまうぞとせせら笑う法皇。

ドSだ。

平家の安泰は望めぬぞ。

何をしておる? と清盛。

懐かしゅうなってのうと法皇。40年前じゃ。そち(清盛)と双六をした。ワシが勝ったら重盛をもらうという約束でな。幼いそち(重盛)が賽をふり、清盛は負けを免れた。そう。そち(重盛)を守るのは、そち自身しおらぬ。そちは母も弟もなくし、父・清盛は修羅の道を行く「もののけ」、そちは生まれたときから、一人で生き、一人で死んでいくのじゃ。

そりゃあんまりだ法皇様。

平家の安泰をと頼まれ、自分が一人だったと気づいてキレたか法皇。

そんなこと言われたら重盛はショックですよ。法皇は境界性パーソナリティ障害か

早う、死にとうございますと重盛。

20121117142300

20121117142313

これはヘヴィーだ・・・

重盛が死んだ。

清盛が盛子の遺児、基通を権中納言へ推挙するが朝廷に無視され、基房の子供が権中納言に就く。いずれ盛子が継承した領地も基房の子に。重盛が知行していた越前も法皇の領地になる。

清盛、憤怒。大爆発。

20121117142508

20121117142533

20121117142519

清盛が数千騎を率いて福原より上洛。

法皇様は関白と謀って国を乱しておる。即刻処断すべし!

基房を左遷!

20121117142553

法皇を鳥羽の離宮に幽閉!

ついにここまできた。ついに武士がこの国の頂きに立ったのじゃと清盛。

この世の頂きに登り詰めたところから見た眺めはいかに

20121117142704

次回は源氏が蜂起。

おごる平家は久しからずなんですな。

« コンバットタンクコレクション 第12号 ルクレール戦車【フランス】 | トップページ | 鹿肉のすき焼き 前頭葉が溶けるうまさ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/56131294

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 第44回 そこからの眺め 清盛がクーデターで国権の頂点に:

« コンバットタンクコレクション 第12号 ルクレール戦車【フランス】 | トップページ | 鹿肉のすき焼き 前頭葉が溶けるうまさ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト