2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 中華文明の謎 第3章 秦の始皇帝は蛮族だったのか | トップページ | 戸籍謄本がない! 未来の党の大失態は未来を予見か。 »

2012/12/02

平清盛 第47回 「宿命の敗北」 最後の伊藤忠清に震えた。

三代目がうまくいくかどうかで会社が存続するかが決まるとか。清盛の孫の維盛(これもり)はダメダメ。

源頼朝が挙兵して戦う様はかっこいいぞ!ミニ大河が12月から始まった!

20121202232236

鎌倉を我ら源氏の本拠とする!と宣言する頼朝。

清盛より、こっちが主役みたいですよ。

そういえば頼朝に加勢している千葉常胤の千葉城に行ったことがあります。あの天守閣はなかったのか・・・

一方、清盛は義朝の息子・頼朝に武士が頂点に立った世を見せてやるとか言ってる。

20121202232400

貴様らしいと清盛の話を聞いて笑う在りし日の義朝を思い出す。

20121202232329

しかしその息子頼朝は清盛を討つべく東国の武士を率いて挙兵する。

この何とも虚しい感じが「平清盛]の骨頂。

桶狭間で敗れた今川義元は駿河の国の出身。そして裏で暗躍していたのが武田信玄との話があります。そして維盛が敗走した富士川もなぜか駿河の国。そして頼朝とともに維盛の軍勢を攻撃したのが武田信義。歴史の因果か。

清盛が敗走した維盛に憤怒する。負けて帰ってくる武士がいるか。武士とは勝つことじゃ!忠清に死んで詫びろと命じる。忠清が清盛の前に進み出る。

20121202232536

伊藤忠清、死ぬる前に申し上げたい義がござりまする。

殿は今、維盛様に仰せになりました。それでも平家の男の子かと。戦というものをご存じなく、兵の心を知らず。遊び女を陣内に招き入れる。

それが紛うことなき平家の男の子の姿にございます。

平家を公卿にまで高めた。武士ではできなかったでしょう。

殿、平家はもはや武門ではござりませぬ。

殿ご自身がもはや武士ではござりませぬ。

殿が目指した武士の世は、武士のままでは造れぬものにござりました。

ミイラ取りがミイラになった清盛。

どうぞ、この首、刎ねてくださりませと忠清。

清盛が忠清の首を刎ねようとして太刀を振り上げる。

20121202232653

が、しかし、剣の重さに負けてを落してしまう。もう身も心も武士ではない。

父・心の軸の話を思い出す。

おのれにとって生きるとは何かを見つけたとき、心の軸ができる。心の軸が体を支え、心を支えるのだ。

20121202232717

父上のような立派な武士になりとうござりますと清盛。

20121202232820

ではその気持ちを心の軸とせよと父。

20121202232831

武士でなくなった清盛は心の軸を失ってしまったという、激しいアンチクライマックスのエンディング。こういう終わり方されると次が見たくなります。

20121202232846

« 中華文明の謎 第3章 秦の始皇帝は蛮族だったのか | トップページ | 戸籍謄本がない! 未来の党の大失態は未来を予見か。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/56238255

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 第47回 「宿命の敗北」 最後の伊藤忠清に震えた。:

« 中華文明の謎 第3章 秦の始皇帝は蛮族だったのか | トップページ | 戸籍謄本がない! 未来の党の大失態は未来を予見か。 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト