2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 007 スカイフォールは傑作ですよ(旧作を知っているとさらに楽しめる) | トップページ | 平清盛 第48回 「幻の都」 清盛の涙。忠清を許す盛国がかっこいい »

2012/12/09

孤独のグルメ 第9話 「砂町銀座を経て事務所飯」のマグロメンチをやってみる

旨さが脳内を直撃して眉間に皺を寄せるゴローが魅力の孤独のグルメ。砂町銀座で買うマグロメンチが旨そうだなと。スーパーにマグロのアラが安く売ってました。

20121209125419
捻挫したともさかりえに顎じゃなく杖で使われるゴロー。

20121209125348
旦那がいるなら旦那にやってもらえよ~

笑いながら怒るゴロー。

喫茶店「珈琲道場・侍」にて。
20121209125431

温水氏。殿様カレーを頼んで寝ている。殿様カレーが似合う。

急な仕事で徹夜じゃないけど夜まで仕事しなきゃいけないので砂町銀座で飯を買う。

20121209125506_2

後のせタイプのアサリご飯を買う。

レバカツ。おでん。おでんと言ったら大根だろうが!買い忘れたことを悔いていたら、別のおでん屋があるのがまたいい。(おばちゃんがちょっと照れ笑いしてた)。

そして今日のメインかもしれない。

マグロメンチ

20121209125538

醤油で食べるかソースで食べるか悩む。

結局、醤油を選ぶ。

買い込んだモノを完食したゴロー、寝る。仕事はどうした?

マグロメンチかと思っていたら、スーパーでマグロのアラを安く売ってました。

2012120913170002

これだけ入って300円。塩と砂糖とちょっとナツメグに漬けて半日後。(漁師のおじさんが漬けた方が旨いと言っていました)

筋張ってるのは揚げたら硬くなりそうなので削除。

卵と小麦粉とパン粉をつけて揚げてみた!

2012120913170001_2

旨いぞ!肉と牡蠣フライの中間みたいな味だ!

完食して気がつきました。

しまったメンチじゃない。

そうだ塩と砂糖で漬けた筋ばったのがあるじゃないか。

これにタマネギとナツメグを入れて、フードプロセッサーでミンチにする。そして揚げた!

2012120913170000

ナツメグの効果なのか完全に練った肉。しかも挽肉よりツブツブ感がない。肉味の練り物。なんか凄い。(親指がカツにめり込んでいるように見えるかもしれないが、単に短いのだ!)

« 007 スカイフォールは傑作ですよ(旧作を知っているとさらに楽しめる) | トップページ | 平清盛 第48回 「幻の都」 清盛の涙。忠清を許す盛国がかっこいい »

コメント

おおテレビ鑑賞日記と料理作りを組み合わせた新しいタイプのエントリですねhappy01
五郎は歳を重ねて達観してるように見えて実は煩悩まみれなのが逆に親しみが持てていいですね(笑)
ともさかりえが、不気味な彫像の「色違いが欲しい」ていうのは笑えました。
マグロに火を通したらツナ缶になるんじゃないかと思ったんですがそうじゃないんですね。おもしろいです。

おじゃま丸さん、どうもsun
理由はよくわからないのですが、時間がなくて書けず、まとめようと思っていてまったくできず、先にマグロメンチカツとなりました。

>ともさかりえが、不気味な彫像の「色違いが欲しい」
煮た人参丸ごと出すような店かもしれません。

>マグロに火を通したらツナ缶になるんじゃないかと
普通はそうなります。しかし塩に漬けると弾力性が増します。ミンチにするとすり身みたいに粘着性が増します。

そういえば寺島令子さんがマンガでかまぼこを手作りしていて、やっぱり塩を加えると粘ると言ってました。手作りのかまぼこはおいしそうですが練るのはかなり体力がいりそうでした。うまく作るには魚の鮮度が重要だそうで。

今回はタモリ倶楽部のお酒ネタ回の常連の吉田類がちょこっと出てましたね。あの人本業はなんなんだろうと思ったらもともと画家だったらしいです。
五郎の事務所は殺風景でしたね。京都慕情がかからなかったのは残念でしたが考えてみるとこのドラマの雰囲気にあの曲は合わなそうです。

おじゃまマルさん、どうもsun
寺島令子さんはかまぼこを作りますか。フードプロセッサーを使わないとしんどいでしょうね。新鮮じゃない魚だとどうなるでしょうね?臭くてまとまらないのでしょうかね?

あの砂町銀座でビール飲んでたのはこの人ですか!
五郎の事務所は漫画版のゴローの事務所の再現率が凄い高いなあと思いました。

東京だとああいうマンションみたいな小さな事務所ありますね。BMWに乗ってるのでそれなりの稼ぎはあるのでしょう。
なるほど京都慕情はこういう曲ですか。初めて聞きました。

>寺島令子さん

その名も「よし!あれ作ろっ」というマンガで他にもチーズやこんにゃく等を作っておられました。
かまぼこは新鮮な魚でフードプロセッサーとすり鉢を併用して作ったら成功したが、鮮度がいまいちな魚でフードプロセッサーオンリーでやったらダメだったそうです(粘らなかった)。どっちが原因なのかわからないと言ってました。

>五郎の事務所

そうか、紙資料の多さとか、昔ながらのCDラジカセとか、今っぽくないのは原作に忠実だからだったんですね。

おじゃま丸さん、どうもsun
かまぼこ屋さんもフードプロセッサーを使うレシピになってました。
http://hassui.jp/07_shiryoukan/03_shitumon/05_basatuku/01_basatuku.html
確かにかまぼこ並のプラスチックゴムみたいな弾力は新鮮な魚じゃないと無理なんですね。あれはそんなに好きじゃないです。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

鶏の挽き肉でとりつくねを作るときも、粘りを出すために最初に塩を入れて粘りが出るまでこねます。そのあと、生姜だの葱だのシソの葉だの、入れたいものを混ぜます。

ということで、魚も、鮮度が悪いからぷりぷりの弾力が出ないとかではなく、初めにある程度の塩を混ぜ込み粘りを出させるのかもしれませんね。

勿論、鮮度が良い鯛などは醤油を混ぜても粘り、旨味が増しますが。


さすがおかあさんcloud

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/56284215

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独のグルメ 第9話 「砂町銀座を経て事務所飯」のマグロメンチをやってみる:

« 007 スカイフォールは傑作ですよ(旧作を知っているとさらに楽しめる) | トップページ | 平清盛 第48回 「幻の都」 清盛の涙。忠清を許す盛国がかっこいい »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本