2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 泣くな、ハラちゃん 最終回 世界と両思いになってください | トップページ | まほろ駅前番外地 第11話 エビでもカニでもほじほじします! »

2013/03/24

八重の桜 第12話 蛤御門の戦い 颯爽登場、西郷吉之助!

銃撃戦と砲戦がかなり良かった。

鉄砲を向けている敵に槍で突撃したらダメでしょうよ。

守る側が有利とは言いますが、守る範囲が広いと攻める側に有利になります。奇襲をかけるだけなら特にそう。古いところではアメリカ軍が守るサイゴンとかフエがベトコンに襲われたテト攻勢とかあります。

各藩の布陣(リンク)を見ると確かに伏見の福原が主力だと思いますが、それが陽動。テト攻勢と同じく、禁門を破って内裏まで入った長州勢。

銃撃戦が「坂の上の雲」ぐらい良かった。銃と砲撃が丁寧。

覚馬が守るところに雪崩れ込んできます。覚馬、危うしと思ったところに馬に乗って登場する西郷吉之助!長州勢の背後を取って会津勢とともに挟み撃ち!

これだけ銃撃がある大河ドラマはなかなかありません。

かっこいいねえ。吉之助。

覚馬は砲撃にやられて、これが原因で失明してしまうんですね(白内障とも言われているようですが)。

この戦いがもとで京都が大火に焼かれる。これほどの大火に見舞われたのが応仁の乱以来だとか。応仁の乱も戦国時代の始まりでなんの因果なんでしょう。会津は京都の人たちに町を守れなくて敵扱いされてしまうし。悪いのは長州なのに。そういう意味ではイラクでテロリストが爆弾テロで反米感情を煽ったのと同じですな。

会津では、長州と戦いになったと大騒ぎに。日本は江戸幕府が成立してから200年以上も平和だったので、まあ当たり前ですね。動揺する八重が兄のことを心配して泣いてしまうと、尚之助が涙を拭う。兄みたいな人とは結婚できないと言っていた八重の禁門が開いちゃった感じですね。

« 泣くな、ハラちゃん 最終回 世界と両思いになってください | トップページ | まほろ駅前番外地 第11話 エビでもカニでもほじほじします! »

コメント

>銃撃戦と砲戦がかなり良かった

前回「射程距離」というセリフがあってアチャーと思ったんですが、これは脚本家は軍事オンチでも現場で演出してる人がしっかりしてるってことなんですかね? おもしろいですねhappy01
(今回は見逃してしまいました。再放送で見れたら見てみます)

おじゃま丸さん、どうもsun
射程距離、今回の砲術指導は佐山二郎というかなりの大家みたいなので、なにかしらわざとの臭いもしますが、わかりません。

それはそれとして、銃撃戦の演出がいいです。ヨーロッパの近代戦争みたいにちゃんと並んで撃ってます。

はじめてコメントさせていただきますo(*^▽^*)o

禁門の変の大火の原因は、会津による鷹司邸への放火らしいですよ。
まあ、中にいた長州人ごと焼いてしまえってことなんでしょうね。

あ、私は尚之助さんパートを楽しみに見ています笑

石頭さん、どうもsun
>禁門の変の大火の原因は、会津による鷹司邸への放火らしいですよ。
なるほど~。そういう意味では長州が負けて勝ったわけですね。

尚之助さんの出過ぎないけど押さえるところは押さえた立ち振る舞い、いいですね。

再放送みました。確かに戦闘の演出がかっこいいですね。弾が顔をかすめてもひるまない覚馬がかっこよすぎる(自分なら「ひー」と言いながら地面に突っ伏してます)
八重の父が八重に見られないようにあわてて手紙をたたむ動作が妙におかしかった(笑)
あと尚之助に「自分もこの縁談は断るつもりだった」と言われたときの八重の混乱っぷりの演技もよかったですhappy01

おじゃま丸さん、どうもsun
>八重の父が八重に見られないようにあわてて手紙をたたむ動作が妙におかしかった
井之頭ゴローがよぎります。覚馬の弾丸よけはなかなかいいですね。
>あと尚之助に「自分もこの縁談は断るつもりだった」と言われたとき八重の混乱っぷり
どっちなんだよ!と画面に突っ込んでしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57026717

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第12話 蛤御門の戦い 颯爽登場、西郷吉之助!:

« 泣くな、ハラちゃん 最終回 世界と両思いになってください | トップページ | まほろ駅前番外地 第11話 エビでもカニでもほじほじします! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト