2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« まほろ駅前番外地 第12話(最終回) なんだかいろいろカッコイイ | トップページ | 佐村河内守の無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ »

2013/03/31

八重の桜 第13話 鉄砲と花嫁 ちょっとだけ出てくる馬関戦争がいい

田中土佐が神保修理にむかって、我らは一体何と戦ってるんであろうの?っていうのがすべてを物語っています。

京都警護で出費がかさみ国元は疲弊しているのに、幕府の江戸の中枢からは朝廷の威を借りてほしいままにしていると敵視される会津。

会津には別撰組っていうのがあったのか。

鳥羽伏見の戦いでは、隊長/佐川官兵衛率いる170名で、徳川軍の最前線で奮戦。
佐川官兵衛が朱雀士中隊の取り締まりに就任したため再編。
伝統の精鋭刀槍部隊で、城下の戦いでは開城まで奮戦。

だそうです

中村獅童の佐川官兵衛は猛々しくていいねえ。

30秒ぐらいしかない馬関戦争!だがイギリス・フランス・オランダ・アメリカ連合軍の艦砲射撃!無謀な尊皇攘夷から開国勤王へと長州が方針を転換したと納得できる充分な爆発ですな。長州の吹き飛んだ兵士はCGなのでしょうか。結構良く出来てた。

尚之介が八重と結婚したいために作り上げた新式小銃は銃腔に螺旋状の溝(ライフリング)が彫ってあるのか!今日は試し撃ちは八重でなく自分がやるっていう尚之介。男を見せたか、おい!撃った音も良いねえ。そして

八重さん、夫婦になりましょう。私の妻になってくださいっていう尚之介。

覚馬の文のことはどうでもいい。自分で決めたことだって畳み込む。

ダメだという八重。ちょっ待てよと木村拓哉の古いツッコミをしたくなります。

私は頼りないですと尚之介。なので一度は断ったという。(え?って動揺する八重)だけででも、日本でもっとも進んだ銃だと自負する小銃が完成した。たとえ生涯浪人でもこの腕があれば生きていける。

だからなんねえのですと八重。尚之介様を会津に縛りつけてはなんねえのです。やりたいことをやって頂きたいのです。

そういう意味での結婚拒否ですか。

私はここで行きたいと尚之介。八重さんと一緒に行きたいんです。

両想いかよバカヤロー!

西郷吉之助が勝海舟に会って長州征伐を如何にすべきかと尋ねたところ、勝は外国が長州を砲撃するような事態が起っている。長州と内乱をしている場合じゃない。幕府のためにはなっても、日本のためにはならない。腐っているのは幕府だと。

勝は幕府だけに任せちゃいけない。国を動かす新しい仕組みを作るんですと西郷に説く。雄藩の藩主が集まって国政を司る共和制。(共和制は共和制でも民主制ではなく寡頭政治)それは先君・斉彬公が目指していたものだと西郷が頷く。

今の幕府は熟れすぎた柿のようだ。外国から圧迫を受ければ握りつぶされると勝。目が覚めたと西郷。天下のためになにをすべきかわかったと勝に言う。西郷の目を覚めさせてしまったのか勝。お喋りが過ぎちゃった勝。

西郷の中では幕府だけに任せちゃいけないが、幕府には任せておけないに方向転換したんでしょうな。

長州には征伐せずに幕府への恭順という形で西郷は事態を収拾する。

会津と関係ないところで時代が動いちゃってます。

« まほろ駅前番外地 第12話(最終回) なんだかいろいろカッコイイ | トップページ | 佐村河内守の無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ »

コメント

>両想いかよバカヤロー

(笑)

しかし覚馬も結婚しろって言ったりやっぱりやめろって言ったりずいぶん適当ですね(笑)
もし自分に技術者としての才能があったらなるべく特定の勢力には属さずに好きなものを作って生きたい気がしますが。
綾瀬はるかは個人的には妹にしたいタイプですhappy01

八重が結婚するって聞いてショックを受けてた男(覚馬は目が悪くなっていたのでその反応に気付かなかった?)は八重と木登り競争をした幼馴染で密かに八重を好いていたってことなんでしょうか?

おじゃま丸さん、どうもsun
確かに覚馬も適当ですね(笑)。ぶれすぎです。
>もし自分に技術者としての才能があったらなるべく特定の勢力には属さずに好きなものを作って生きたい気がしますが。
それは出来ているのでは?
鉄砲の名手が妹っていいかもしれません。
>八重が結婚するって聞いてショックを受けてた男
山川大蔵は八重が好きだったんですが、京都に行く前に親が勧めた相手と結婚することになって、八重のところに来るんだけれども、何も言えずに帰るという、泣ける色男ぷりを見せます。

>山川大蔵は八重が好きだったんですが…

なるほど、そういう伏線があったんですね。

「薪を背負って火を消しに行くも同然」で唐突に思い出したんですが、「アキラ」でもサブキャラの誰かがアキラを連れて鉄雄との対決に向かう金田にそういう意味のことを言ってましたよね。すると金田は「油田の火事はニトロで派手に吹き消すそうじゃないか」と答えるという(実際アキラではそうなる)

おじゃま丸さん、どうもsun
「油田の火事はニトロで派手に吹き消すそうじゃないか」
良い台詞ですね。なんとなく思い出しました。
アキラ(と童夢)は名台詞の宝庫だと思うのですが、あまり引用されないですね。
「ヨタヨタのジャンキー共に舐められてたまるかよ。俺たちは健康優良不良少年だぜ」とか。(子供の頃はクラウンがなんでジャンキーと呼ばれていたのかわかりませんでしたが)
大佐の「カプセルを取られただとォ」とか。
巻末の終わりも期待を持たせる演出が絶妙でした。

「お前もボスになったんだろぉ?この瓦礫の山でよぉ」とか。

僕も手元に原作はないので正確にはわからないのですが、検索すると「大きくなった油田の火事はニトロで派手に吹き消すそうじゃないか」みたいですね(これも本当に正確なのかわからないが)。あと直前のセリフを言ったのもリュウだったのか武器調達係のおばさんだったのかわからない。
連載と単行本ではけっこうセリフやコマ割りが違うので(ラストは連載時のほうがあっさりしていてよかった)、連載されてたヤンマガをとっておけばよかったなーと今さら思います。

おじゃま丸さん、どうもsun
>お前もボスになったんだろぉ?この瓦礫の山でよぉ
ああ、いいですね。
単行本しか読んでないのでヤンマガ版は知らないのですが(残念です!)、中学生にはガンプラも大事で、ヤンマガは買わなかったです。(ニュータイプとかOUTとか買ってたのかも)。ビーバップとかまったく意味がわからなかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57075898

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第13話 鉄砲と花嫁 ちょっとだけ出てくる馬関戦争がいい:

» 八重の桜 第13回「鉄砲と花嫁」 [あしたまにあーな]
前半の最大の山場となった今回。それは、八重の嫁入りでした。相手は大本命と思われていた尚之助で、相手に関する意外性はなかったものの、そのプロポースの言葉と押せ押せムードにはただただ圧倒されました。尚之助というよりは完全に長谷川博己さんと綾瀬はるかさんの現代ドラマという要素が強かったの印象はぬぐえないのですが、「あなたと共に歩いて行きたい」という言葉に、八重は完全にやられてしまったようで快諾することになります。 その直前に、象山先生が亡くなったことを知った尚之助は、「前へ進め」というアドバイスを思い出し... [続きを読む]

« まほろ駅前番外地 第12話(最終回) なんだかいろいろカッコイイ | トップページ | 佐村河内守の無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本