2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« まほろ駅前番外地 第8話 最後におぞましいものが | トップページ | キンドルファイアの電源が入らない!まずは長押しだ! »

2013/03/03

コンバットタンクコレクション 20号 M109A2パラディン 【アメリカ】 湾岸戦争で見た初老の自走砲

20号にして戦車じゃない自走榴弾砲が登場。

湾岸戦争のニュース映像を思い出します。

自走榴弾砲とは読んで字のごとく自力で走行できる榴弾砲。榴弾砲はなにをするかと言えば、敵陣地や拠点の攻撃とか迫ってきた敵部隊に砲撃を加えるとか火力支援を行います。アフガニスタン山岳地帯のアメリカ軍の前線基地にタリバンが攻めてきたとき、榴弾砲による支援を求めてたりする映像がネットにありました。

山本五十六が金剛と榛名の両戦艦でガダルカナル島のヘンダーソン飛行場を艦砲射撃しました(ヘンダーソン基地艦砲射撃)。考えてみれば、あれは戦艦を海に浮かぶ自走砲にしたわけですな。

湾岸戦争時のパラディン

M109自走砲はパラディンとは言わず改良型のA2をパラディンと言うそうな。

初期のM109(1963年から製造)
パラディンとは砲身の長さとか確かに違っています。

改良を施されながら50年近く使われているとは、人間なら壮年です。戦車と違って長持ちです。

Dcim0118

ドイツに展開していたタイプ。迷彩がドイツぽい。機械化歩兵師団の所属。機械化歩兵といってもボトムズではない。装甲車とか歩兵戦闘車に乗った歩兵という意味。

Dcim0119

走行中に砲身を固定するアレから砲身を外せます。

Dcim0120

機関銃が銀色になってます。

Dcim0121

改造に改造を重ねた砲塔のゴテゴテ感。

Dcim0131

Dcim0132

この前の砲塔の前の駐退機が入ってる左右非対称な部分が好きです。

エイブラムズとともに

Dcim0122

湾岸戦争ぽいな~

パラディン10両並べたいなぁ。

ドイツ軍との共闘。

Dcim0124

Dcim0125

ガンダムにたとえればパラディンはガンキャノンかな。

ワルシャワ機構同盟軍のT-54戦車とともに

Dcim0126

T-54に狙われるパラディン。

Dcim0127

自走砲に勝ち目はないか

Dcim0128

しかしT-54の背後にレオパルト2が迫る。

Dcim0130

ソ連軍の戦車が少ないような。

« まほろ駅前番外地 第8話 最後におぞましいものが | トップページ | キンドルファイアの電源が入らない!まずは長押しだ! »

コメント

>走行中に砲身を固定するアレから砲身を外せます

アレ(笑)

自走砲もいいですね。車体は歩兵戦闘車かなんかの流用かと思ったらオリジナルなんですね。

全然関係ないんですが先日DVDでスウィングガールズを観たんですが、楽器店の店員役で江口のりこさんが出てましたね。登場シーンはすごく少ないんですがいい感じでした。ストーリーは意外性はないけど楽器を演奏する楽しさがストレートに伝わってくるし、主役の子たちもみんなかわいくてよかったです。

おじゃま丸さん、どうもsun
アレ(笑)です。
砲固定アームというのだそうです。
戦車の車体を前後逆にして榴弾砲を載せた自走砲とかよくありますね。

スウィングガールズは結構面白いですね。江口のりこはそんなところにも出てたんですか。

この投稿で自走砲という兵器知りました。勉強になります。

ペペメメさん、どうもsun
そういえば機動戦闘車がお目見えしましたね!
http://www.youtube.com/watch?v=YIpykoLyTXE

http://www.youtube.com/watch?v=jhwKEMapXAI

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/56878407

この記事へのトラックバック一覧です: コンバットタンクコレクション 20号 M109A2パラディン 【アメリカ】 湾岸戦争で見た初老の自走砲:

« まほろ駅前番外地 第8話 最後におぞましいものが | トップページ | キンドルファイアの電源が入らない!まずは長押しだ! »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本