2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« まほろ駅前番外地 第10話 生まれ変わりたいなら、便利屋に世話になれ。 | トップページ | ホワイトアウトに遭遇した »

2013/03/21

八重の桜 第11回 「守護職を討て!」 会津と長州がやるのか

会津のパートの色と光がよかった。松の葉を取るところもスタジオっぽくない。

象山が死んで京都・御所が謀略から逃れる道は経たれた、京都周辺に集まる長州の軍勢。会津と長州がやるのか!

象山が後から斬られた!血が噴き出す!

どけ!日本の血脈、我が策にあり!

象山、出番は少ないのにインパクトは絶大。

後から斬られたのは逃げた証拠、武士として卑怯だと佐久間家は取り潰されました。

孝明天皇の彦根遷座が実現していれば、内戦は起らず、日本は違う近代化の道があったのではないかと考えてしまいます。

象山を討った武士は武士のいない日本が来ると思ってやったのでしょうか。いろいろ考えてしまいます。

八重の弟の三郎は、鉄砲の家は一段低く見られてきた。父親もそれで苦労してきたから、佐川の隊に入って藩士として認めてもらおうと思ったそうな。ええ話です。

三郎を殴った父が(佐川のところでの話をきいたのでしょう)言う台詞がねえいいんですよ。

何かを変えるのはたやすいことではねえ。いっぺんではうまくいかねえ。そんでも、それが正しいことなら、何度でも何度でも願い出て、ちっとずつでも変えていく。ずっとそうやってきた。親を見くびるなよ。

だげんじょ、わしも、我が子を見くびってたかもしんねぇ。

にしはもう 立派に会津の男だ。

良い父さんだぁ。

長州が容保の首を狙っている! 田中土佐の堪忍袋の緒が切れた。孝明天皇が長州討伐の勅を出す。戦争だ!

« まほろ駅前番外地 第10話 生まれ変わりたいなら、便利屋に世話になれ。 | トップページ | ホワイトアウトに遭遇した »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57003693

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第11回 「守護職を討て!」 会津と長州がやるのか:

« まほろ駅前番外地 第10話 生まれ変わりたいなら、便利屋に世話になれ。 | トップページ | ホワイトアウトに遭遇した »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト