2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第2話 「我が赴くは星の海原」 抜錨!ヤマト発進! | トップページ | the Bridge/ブリッジ 第4話 サムライ男の登場 »

2013/04/14

八重の桜 第15話 「薩長の密約」 坂本龍馬の顔が出ない。

佐川官兵衛(中村獅童)と斎藤一の稽古はあと5分見てたかったくらい良かった。

強えなあ、人を斬った剣は。あなた様もご同様かと。

薩摩は会津と手を切って、長州と手を結ぶし、慶喜は長州征伐を自ら進言して、孝明天皇から刀を賜ったのに途中でやめちゃうし。会津は筋を通して振り回されて、挙げ句、四面楚歌。

ナレーションで「土佐脱藩浪士の仲介で薩摩と長州が手を結んだ」というのがいいですねえ。

会津の人間は「坂本龍馬」なんか知らんわな。

長年の敵であった長州と手を結ぶために薩摩は新式西洋銃を供与。

同盟の要が武器供与なのは今も昔も同じですね。おかげで長州は幕府軍に勝った。

日本も国防のために同盟国アメリカのF-35とTHAADミサイルは欲しいですな。

結局、会津は薩摩の政略に利用されただけという。

覚馬がミニエー銃を大量に調達できていたら、奥羽越列藩同盟も長州みたいに守り切れたかも。しかし長年にわたる京都守護での出費と米が不作。

会津ってどこまでも不運ですな。

ガトリング奉行の異名を持つ河井継之助も北越戦争で政府軍相手に善戦し、一度取られた長岡城を奪還しました(しかし物量に負けました)

会津の国元では火事が起ってるし。悪いことばかり続きますが、さらなる不幸はその先に。

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第2話 「我が赴くは星の海原」 抜錨!ヤマト発進! | トップページ | the Bridge/ブリッジ 第4話 サムライ男の登場 »

コメント

>佐川官兵衛(中村獅童)と斎藤一の稽古はあと5分見てたかったくらい良かった

カッコよかったですねhappy01

田中土佐(佐藤B作)が覚馬に目の治療をせいっていうところは泣けました。いい上司だ。(でもやっぱり失明しちゃうんですね)

おじゃま丸さん、どうもsun
中村獅童はやります。会津城の攻防戦に期待してます。

田中土佐のさりげない上司としての優しさ、いいですね。

坂本龍馬が出ない大河ドラマというのも珍しいですが、会津とは
接点のない人ですから、仕方がないのでしょうか。

あと、八重が正月に青い着物を着ていましたが、普段の着物も変わっていました。縞模様に桃色が入っていないというか。お嫁に行ったからですかね。

これから会津は大変な目にあうと思うと、観ていて辛いですが、敗者側の視点で描かれる幕末もなかなか興味深いです。

ぽよっぽさん、どうもsun
坂本龍馬の顔が出ないのは珍しいですね。そのこだわりの会津視点がいいです。
>縞模様に桃色が入っていないというか。お嫁に行ったからですかね。
まったく気がつきませんでした!きっとそうですね。
これから会津が戦場になって生き残る人と死んじゃう人が出てくるんですよね。
>敗者側の視点で描かれる幕末もなかなか興味深いです。
そう思います。幕末には勝者と敗者がいたということが実感できます。
そしてこのタイミングでスピルバーグのリンカーン公開と。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57172957

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第15話 「薩長の密約」 坂本龍馬の顔が出ない。:

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第2話 「我が赴くは星の海原」 抜錨!ヤマト発進! | トップページ | the Bridge/ブリッジ 第4話 サムライ男の登場 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本