2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« めしばな刑事 タチバナ 第3話 鯖の味噌煮缶から始まる愛憎劇 | トップページ | タイムスクープハンター シーズン5 第4回 打て!大正テニスガール 髪がみんなタマネギ »

2013/04/27

惡の華 第4話 快感と拷問の分水嶺 トイレのシーンは神がかってる。

OP曲が変わった。惡の華 -仲村佐和-

♪ドブの底を見せてあげる~♪

激しい歌詞ですな。トイレのシーンは目が覚める。そこからは確かにドブの底のよう。

給食費がなくなった件で仲村をかばって、仲村とデキてるじゃないかと白い目でクラスに見られた春日、どいつもコイツも間抜けでだらしないオットセイの群れだから、貝のように閉じてきたのにとトイレに逃避行。

仲村のせいで佐伯さんに変な目で見られていると恨んだ春日のもとに、佐伯が寄ってきて

朝、仲村さんのことかばってたよね。格好良かったよ春日君。

その後の春日の反応。

泣いた。

仲村さんとの放課後の反省会。ニヤニヤしている春日に自分と契約したんだからすべて話せと迫る。隠してないと春日は否定する。仲村が笑ったよ。

帰ってくるのが遅いと叱る春日のお母さん、思春期かと呟くお父さん。面白いなあ。

翌日の朝、教室に入ったら、仲村さんにおはようって言わないのと、あの仲村を犯人呼ばわりした女が春日からかう。

まったくもって中学生だな。

侮蔑の視線が春日に集中する中、佐伯さんが春日に「おはよう」ですよ。春日が顔を赤らめる。

その後の仲村の驚いた顔。それに気がついた春日。ばれちゃったと怯える春日。

おちつけ春日!

春日が佐伯の段ボールを持って学校の廊下を歩いて行くところ、背景の動きが細かくていい。

佐伯さんが階段から落ちそうになった春日を助けようと抱きついた格好に。

小声で次の日曜日に一緒に古本屋に行っていいよという佐伯さん。

そこに現われる仲村。

ゆっくり笑ったよ。無言で去って行ったよ。

めちゃめちゃ怖いぞ!

佐伯さんに褒められてデートも快諾してもらい幸福絶頂とそれを仲村に見られた同様で床にへたばる春日。思考が限界を超えた。テンパって段ボールを漁り出す。

本を読まなくちゃ!本を読んで自分を取り戻さなくちゃ!

思春期だな。

夜更けに春日の家に仲村が現われた!家まで知ってたのか。散歩しようと腕を掴まれる。メガネをかけてないんだな。

デートの待ち合わせの30分前に佐伯さんの体操着を持ってこいと。なんでと春日が口答えしたら、叩いた!

春日が泣いた。二度目だ。こっちの涙は絶望。

悪いようにはしないからって仲村は言うけど、悪用するに決まってるだらう!

佐伯さんの体操着をこっそり着てデートしろとかいう佐和はド変態。

嬉しいでしょ?

春日が拒むと、

早く着ろよ、クソド変態人間。 

自分と仲村さんがうまく行っているのに嫉妬してるんだろと春日が言うと、仲村が嘲笑して春日を睨んだ。(この絵、怖いなあ)

いい加減しろよ、クズ鉄。あたしがオメエに嫉妬してる?頭、湧いてんじゃゃないの?

私はただ見たいの、死ぬほど見たいの、グァアアーっていう真実の変態がこの町を全部燃やす尽くす真実の変態が、ああああああああああ!!!

決めた。全部剥がす。春日君の被ってる皮、私が全部剥がす。

着ちゃったよ春日君。そこに白い服の佐伯さん。純粋と変態。

体操着を自分の意志で肌に身につければ快感、人に強要されれば拷問。

春日を尾行するのか仲村。

仲村は純真そのもので、変態を嫌悪しすぎて、自分の変態性すら嫌悪して、春日にぶつけているようにも見えなくもない。

そういえば絵が気持ち悪いという話もあるようで。思い出したのが「醜い歴史」という本がありまして

ヨーロッパでは秩序や均整から崩れた物が「醜」であり、「悪」であるとしているようです。それが現代になって様相がかわってきたと。

醜いといえば、フランシス・ベーコン展が開催されるそうな。

« めしばな刑事 タチバナ 第3話 鯖の味噌煮缶から始まる愛憎劇 | トップページ | タイムスクープハンター シーズン5 第4回 打て!大正テニスガール 髪がみんなタマネギ »

コメント

OP曲はふざけてますね。視聴者をバカにしてると思います。いい意味でhappy01
この曲は今回だけのような気もするんですが。次回は春日くんの歌で「僕は変態じゃない。なぜ僕だけがこんな目に?」とかhappy01
佐伯さんがデートを承諾するところはエロくてよかったです。ただ佐伯さんも本当は変態なんじゃないかって気がしてしょうがないですが。
仲村さんの黒い私服もよかったです。
仲村さんはツンデレで、本当は春日くんのことが好きなんだとするとかなり萌えられるんですが(意外性はないけど)、そういう普通の展開にはしないのかな?
前回の「最近私手がいい匂いするんだ。かいでみて」とか、まったく意味わからないけどツンデレのセリフとしては最高です。好きな相手にそういう意味不明な行動をとっちゃう気持ちってすごくよくわかる気がするhappy01

おじゃま丸さん、どうもsun
>OP曲はふざけてますね
同感です(笑)。「僕は変態じゃない。なぜ僕だけがこんな目に?」は良い歌になりそうです。
>仲村さんの黒い私服。
そうそう。夜の密会では普段着なのにデートの尾行にはデス系の良い服を着てましたね。それで私の手が良い匂いだから嗅げとか、春日視点ではツンデレにしか見えないですよね。佐伯さんも実は変態で、歪んだ非ユークリッド三角関係に発展というのは面白いですね。そうなると山田が良い働きをしてくれそうです。

この物語で「変態」というのは非常に特別な意味があるんでしょうね。それは単に尋常じゃない性的嗜好という意味に限定されるものじゃなくて、下らないと感じていながらも周りに協調するという意味での社会性(皮)を、心底から耐え難く思ってる、ある意味で誠実とも言える仲村さんや、春日、あるいは佐伯さんの、押さえ付けられた激しい欲望や絶望の本性を変態と呼ぶんだろうなと。
彼らが抱く欲望や絶望はそれぞれでしょうが、馬鹿になれない生真面目な人間である点で同類ですね。
中村さんは、同じ苦痛を共有できる唯一の人間として春日を見定めたから、その春日の皮をズルッと剥いてやることが出来れば自分の皮も剥けると思っているのかも知れません。
はじめに春日は体操着を盗み、それが契約のきっかけになりましたが、別に中村さんからすればきっかけは他のことでも良かったんだと思う。例えば、もし春日がオープンスケベで普段から女子のブルマを風のごとく脱がして笑顔で走り去って行く豪傑であったならそれほど興味を持たないんでしょう。
中村さんが体操着事件を目撃して春日を変態と見定めたのは、春日が本来無理に隠してる衝動の大きさが、自分に近いくらい大きなものものだと感じたからでしょう。

春日は中村さんにより無理やり自分と向き合わされてますが、さて中村さんの抱えるものは何なのか、原作でもまだ分かりません。
彼女が何をもて余しているのか、何があったのか、非常に知りたいです。

藤咲さん、どうもsun
そうですね。

真面目に考えず(恥と考えずに)に馬鹿になれると超お下劣ドラマ「みんな、エスパーだよ」になるんでしょう。悪の華とみんなエスパーだよを同時期に見られるのは興味深いです。

変態は奥が深いです。変態は無限大です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57256114

この記事へのトラックバック一覧です: 惡の華 第4話 快感と拷問の分水嶺 トイレのシーンは神がかってる。:

« めしばな刑事 タチバナ 第3話 鯖の味噌煮缶から始まる愛憎劇 | トップページ | タイムスクープハンター シーズン5 第4回 打て!大正テニスガール 髪がみんなタマネギ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト