2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第5章 炸裂沖田戦法!! 単艦特攻カタルシス!! | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 第2話 「我が赴くは星の海原」 抜錨!ヤマト発進! »

2013/04/14

タイムスクープハンター シーズン5 第2回 判じ絵!なぞなぞ挑戦状

なぞなぞを解いて向かった食べ物屋で閉じ込められた。こんな話でこういう展開になるとは。

なぞなぞの挑戦状を仕掛けたのは、絵師の仕事を任せたいと思っている幼なじみっていうのが江戸時代ぽくていいですなあ。

飢饉が起ったときには、字が読めない人のために判じ絵を使ってお経を唱えられるようにしたんですね。

最後の判じ絵の答え、ケータイ大喜利を見終わって閃きました。

最初の絵は口だと思い込んでいて、その半分だから「く」かと思っていたのがダメでした。

<

答えはタイムスクープ本社のホームページにあります。

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第5章 炸裂沖田戦法!! 単艦特攻カタルシス!! | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 第2話 「我が赴くは星の海原」 抜錨!ヤマト発進! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前回よりおもしろかったです。僕は談合とかのシリアスなネタよりこういう一見どうでもいいようなネタが好きみたいです
最後の判じ絵の答えを明かさずに終了っていうのがいいですよね

古橋さんの服、前はどんなのだったかなと思って検索したら、古橋さんは人間ではなくソフトウェアであるっていう説を展開してる人がいておもしろかったです。(実際には古橋さん自身もタイムワープしたりしてるので人間であることははっきりしてるわけですが)

おじゃま丸さん、どうも
前回も今回もどっちも面白いですね。今回のが今までになかった展開ですね。

>古橋さんは人間ではなくソフトウェアであるっていう説を展開してる人がいておもしろかったです。
いい説ですね。社員とか言いながら実は実体化する量子コンピュータだとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第5章 炸裂沖田戦法!! 単艦特攻カタルシス!! | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 第2話 「我が赴くは星の海原」 抜錨!ヤマト発進! »

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト