2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第8話 「星に願いを」 デスラー魚雷発射!シュルツ玉砕!ゲールの小物っぷり! | トップページ | the Bridge/ブリッジ 第10話  セブンの終わりみたいな最終回 »

2013/05/26

八重の桜 第21回 「敗戦の責任」 神保修理切腹 

慶喜が江戸に逃げた後、落胆する会津の重臣たちと、もう徳川は終わりだと泣く榎本武揚。これからどうなるのかわからない、切迫感がいい。

修理は容保を守るために逃げずに切腹。会津は慶喜に江戸を追われるし、散々だ。

序盤の戦闘シーンはかなりいい。坂の上の雲も会戦とかちゃんとやっていればこんな感じだったのかと。槍一本で薩摩勢に突撃する佐川官兵衛が無双。砲撃を浴びて不利な状況を打開すべく、斎藤一に突貫槍で突っ込むかっていうところ、いいですねえ。

そこに山川大蔵が大砲隊を引き連れて登場。西洋式の軍服になってる。髷も落してる。ロシアに留学してたはずでしたな。銃弾が薩摩の大山巌に当った。

徳川の指揮はメチャメチャで会津勢の損害が増え続ける。そこに薩摩勢が錦の御旗を掲げる。慶喜は大義は我にあると豪語し、大阪で討ち死にして果てると徳川に従う諸藩に約束する。戦況をご存じないのかと秋山が呆れる(いや、慶喜は戦況をわかってるはず)。譜代の淀藩が寝返り、徳川勢の入城を断った。このままでは無駄死が増えて徳川が破れると案じた神保修理は江戸への撤収を慶喜に提案する。

その手があったかと得心する慶喜。(なんか嘘くさい。修理に言わせたんじゃないかと)

三郎が敵に突撃して銃弾を受けて(そのタイミングでかと思うタイミングで独り突撃)、その傷がもとで死んじゃった。目が悪くなった兄・覚馬に代わって山本家の男として戦いたいと言ってたし、銃のうまい姉の八重から南天の刺繍(難を転ずるの願掛け)をもらってるし、いろいろ気負ったか。なんだか太平洋戦争の少年兵みたいで可愛そう。

味方だった藤堂藩が会津に向けて大砲を撃ってきた。(ウィキペディアでは藩主・藤堂高猷は無能呼ばわりされてます)

会津は味方だった小早川秀秋に攻められた大谷吉継みたいだ。

徳川が総崩れになる、これからどうなっちゃうの感がたまりません。

榎本武揚が大阪に回航してきた開陽丸に慶喜は容保と一緒に勝手に乗って、自軍の兵を残して江戸に逃げ帰った。あのヒトラーでもベルリンに残ったぞ。皆の前で最後の独りになるまで徹底抗戦すると約束したではないかと容保に言われると、

あれは皆の動揺を鎮める方便だと言ってのける。

慶喜、腹黒すぎる。容保を江戸に連れて行かなければ、会津兵は戦いをやめない。ニセでも錦の御旗が挙がったからには、戦いをやめなければ徳川が朝敵となるというのが慶喜の計算。でも軍略としては駄目でしょうな。

修理は容保を開陽丸に乗せてはならないと追いかけるが間に合わず。

会津は徳川とともに朝敵となった。万事休すとなった状況の中で西郷頼母が家老についに復帰。かっこいいねえ。

慶喜に江戸へ逃げるのを提案したのは修理だと萱野権兵衛に言われた父・神保内蔵助の切り返す。

修理に罪があるならば、裁きを受けて死ねばよいこと。じきに会津追討の令が出る。恭順するか、戦い抜くかを決する時にござるぞ。

津嘉山正種、渋いっすね。

ならぬことはならぬっていう会津魂、炸裂ですよ。

修理は容保が気を利かせて逃がそうとしたけれども、逃げずに切腹。殿はすべてをわかっていてくださるって感涙しながら切腹。すごく脚色してるのかとおもったらそうでもないみたいです(リンクによると容保とは面会していないようです)。

江戸に引き揚げた会津に慶喜は登城禁止を命じ、江戸から出て行けと言う。それはあんまりだ。会津散々だ。

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第8話 「星に願いを」 デスラー魚雷発射!シュルツ玉砕!ゲールの小物っぷり! | トップページ | the Bridge/ブリッジ 第10話  セブンの終わりみたいな最終回 »

コメント

丁度永遠の0を読んでいるところなので、三郎の最期と太平洋戦争の少年兵が重なるのは妙に納得しました。今後も見慣れた会津の人々が犠牲になると思うと気が重いですが、見届けます。
慶喜が容保を説得するのに会津家訓を持ってくるあたりはまたか…、と思いましたが、何事も裏目に出る泥沼状況は十分伝わってきました。神保修理の切腹は、主君の容保を守るためには仕方なかったのでしょうね。
去年の平清盛では、この時期に保元の乱が始まりました。八重の桜も前半クライマックスに突入したようですね。

ぽよっぽさん、どうもsun
これから太平洋戦争末期みたいな熱い戦いになっていくような気がします。
ことあるごとに会津家訓を持ち出す慶喜は駄目人間ですね。
容保は養子だし、それを言われると弱い。そしてさらに泥沼に。

そういえば保元の乱と同じですね。会津戦争は高まります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57465637

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第21回 「敗戦の責任」 神保修理切腹 :

« 宇宙戦艦ヤマト2199 第8話 「星に願いを」 デスラー魚雷発射!シュルツ玉砕!ゲールの小物っぷり! | トップページ | the Bridge/ブリッジ 第10話  セブンの終わりみたいな最終回 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本