2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« ヤマト2199 第9話 時計仕掛けの虜囚 真田さんに萌える回。 | トップページ | あまちゃん 第10週 大改造!! 劇的ビフォーアフター »

2013/06/02

八重の桜 第22話 弟のかたき 八重の涙と父の涙

八重の弟が戦死して、家族が嘆き、会津が薩長と戦うとまとまる流れ、いいです。

会津がフランス軍式になっている。これはこれでカッコイイじゃないか。敬礼の掌が相手を向いているのがフランス式なのか、細かいなあ。

Gaulle002

会津藩士の一部と家族が引き揚げてくる中、江戸に洋式軍事調練を学んできた尚之介が会津に帰ってくる。そして弟の三郎の戦死と、覚馬が薩摩に捕らえられた(しかも勝手に斬首されたことになってる)ことを家族は聞く。

この泣ける感じは戦国時代じゃない、太平洋戦争だ。

軍服だけじゃ三郎が死んだかわからないという八重が軍服を取り上げたら、袖の南天の刺繍に血がついてる。これはキツイ。

父・権八が覚馬の話を聞いて段々崩れていくのが特に痛々しい。

討ち死には武士の本懐。未熟者だけれどもお役に立ったならば三郎は本望だべ。覚馬は無念であったべ。両名とも山本家の男として恥ずることはねえと存ずる。

って覚馬の娘が帰ってくる。おとっつぁまとは会えたかと尚之介に聞いちゃう。奥さんのうらも号泣。

かまどの火ぃ見てくると権八。背中が泣いてる。

会津は会津の太平洋戦争を戦ってんだな。

板垣退助が板垣性に変えたのは、「甲斐源氏の流れを汲む旧武田家家臣の板垣氏の末裔であることを示して甲斐国民衆の支持を得よ」と、岩倉具視等の助言を得てのことだとウィキペディアにも載ってました。そうだったのか。

大山巌が四斤山砲の砲身を長くして射程を伸ばしたエピソードが出てきました。板垣退助に報告しているのは、これで会津の鶴ヶ城を攻めるということなのでしょうか。

主戦派の佐川官兵衛が熱い。錦の御旗を掲げる軍隊に銃を向けて朝敵となっても、勝てばすなわち官軍!と吠える。それを諫める西郷頼母は山本五十六とかそういう感じか。

自刃した神保修理の父・神保内蔵助が容保に、戦に敗れたままで武士の一分が立ちましょうや、いわれなき朝敵の汚名を被り、恭順したままで、会津の面目が立ちましょうや。

かっこいい。

容保が決断する。

会津はあくまで恭順を貫く。もとより朝廷に刃向かう心はない。ただし、攻めてくるならば全藩をもって、これと戦う!

いいねえ。戦略的には間違っているけれども、人間としては間違ってない。ひしひとジオン魂を感じますね。修理の自刃が容保を決断させたのかとも。

逃げるところはもうどこにもないと容保。

玄武隊(権八がいる)、青龍隊、朱雀隊、白虎隊って年齢で区分していたのですね。

世良が悪い顔してる。メシバナタチバナの強面部長だ。

八重が銃を厳しく教えている少年を三郎って呼んじゃうのがね。辛いねえ。

そして八重が銃を持って、三郎の敵討ちだと家を飛び出す。尚之介に止められて、泣き出す。

私が行けば、よかったんだし!三郎より、私の方がずっと強えんだから!

これは会津全藩、本気で戦うなと。

江戸城は勝海舟が西郷隆盛に直談判して開城しちゃうし。

日本全体として見れば、江戸開城は最良の決断だったかもしれませんが、会津からしてみれば、シチリアを占領されて早々に連合軍と停戦したイタリアみたいなものですな。江戸城なぜ食い止めない、少しは戦力を殺いでくれと。会津に官軍が全力でくるじゃないか。

覚馬は西郷に、恭順の意を示した会津を討つのは万国公法違反だと訴える文を書いて送る。覚馬は斬首を免れた。会津は無理だったけれども。覚馬は自分の首を差し出すから、会津を救ってくれ欲しいと言う思いとは逆に。

« ヤマト2199 第9話 時計仕掛けの虜囚 真田さんに萌える回。 | トップページ | あまちゃん 第10週 大改造!! 劇的ビフォーアフター »

コメント

松重豊はさすがの演技力でしたね。
めしばなの人、あっちではすごいB級臭なんですが、こっちでは一流に見えるのが不思議ですhappy01
白虎隊だけやけに有名ですが四神獣それぞれの名前を関した部隊があったんですね。
そういえば覚馬が前に注文した新しい鉄砲はどうなったんでしょう?(まだ届いてないですよね?)

おじゃま丸さん、どうもsun
そういえば孤独のグルメがまた放送されるとか。こっちは腹の虫が泣かされます。
>白虎隊だけやけに有名ですが四神獣それぞれの名前を関した部隊があったんですね。
白虎しかしらなかったです。玄武と朱雀とかどこかで聞いたと思ったら四神獣ですね。そういえば江戸は四神獣に守られていたとか。
>そういえば覚馬が前に注文した新しい鉄砲はどうなったんでしょう?
わかりませんが、官軍に奪われたとか・・・新政府軍の記録でも名前があるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57512674

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第22話 弟のかたき 八重の涙と父の涙:

« ヤマト2199 第9話 時計仕掛けの虜囚 真田さんに萌える回。 | トップページ | あまちゃん 第10週 大改造!! 劇的ビフォーアフター »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本