2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« ヤマト2199 第13話 「異次元の狼」 これはいい潜水艦モノ | トップページ | あまちゃん、小林薫かというツッコミ! »

2013/06/30

八重の桜 第26話 八重、決戦の時 八重は良い小隊長 

5月あたりからかなり面白くなってきましたが、今回は42分間怒濤の戦闘。まるでベルリンの戦い。困難な戦闘状況がよく描けてます。

ガンダムで言えば最終回のアバオアクーの戦い並みに面白かった。戦闘シーンは坂の上の雲みたい。

白虎隊の死んだ理由がちょっと変わってました。

城下から城へ逃げる藩士たちの家族。お婆ちゃんは城に上がっても穀潰しになるだけだから、残るとか言い出す。このあたりがぐぐっときます。境内で自刃している人もいるとかもう末世状態。

八重の戦闘服がかなり男前。

仲間がやられるのを黙って見ているつもりはねえ!

少年小銃兵を率います。山川健次郎にうまく銃が扱えない子は連れてくるなとか、的確な判断です。

銃撃の後は銃剣突撃。

西郷頼母の妻子は自刃。奥さんの辞世の句が玉砕魂。

なよ竹の 風にまかする

身ながらも たわまぬ節は

ありとこそ聞け

か弱いなよ竹のように、

風にまかせて揺れ動くような女の身ではある。

ただ、なよ竹にはけしてたわまない節があると聞く。

奥さんは子供に言い聞かせる理由も凄い。

会津は罪もないのに罰を受け、

無念を呑み込んで敵に恭順した。

それでもまだ足りなくて、敵は会津を滅ぼしにきた。

そんな非道な力には死んでも屈しねえ!

それを命を捨てて示すのが西郷家の役目だ。

今日は何をするんですかって幼子に言わせるとは、ぐぐっときます。

家に妻たちが残ったと息子から聞かされた頼母、そうか。そう決めたか。

壮絶だな。

薙刀の老先生の見せ場もあった。

銃撃戦はいい。

白虎隊は城が燃えていると誤認して自刃したのではなく、敵に攻撃しても捕まるだけ、生きて捕まるのは恥の恥、殿への面目が立たぬと腹を切る。

お先に参りますって城に頭を下げて自刃。

死んではならないと八重に言われていた悌次郎が最後に死ぬところは悲惨。

田中土佐と神保内蔵助の「斬るか?」で始まる自刃シーンもね渋い。

家老一同、腹を切って京都守護職を受けるのを拒否していれば、会津はこげな道をたどらなくてすんだと嘆く土佐に、もう言うなと内蔵助。

我ら最後に、徳川のためでも、幕府のためでもなく、会津のための戦をしたのだ。これ以上名誉なことはねえ。

我らは幸せ者だと土佐。修理も腹切ったときは同じ思いだったべ。

だったら修理も本望だったかと内蔵助。

大蔵、官兵衛、平馬、皆、会津を頼む、ではさらばだと互いの腹をつく。生まれ変わるときはまた会津で。

いやいいねえ。

大山巌が狙撃された。

四斤砲を直した尚之介が八重と一緒に薩摩の砲兵隊を叩く作戦に出る。しかし出丸(本城から張り出した形に築かれた小城)では逆に集中砲火をあびるので、別の位置から砲撃をすることに。

まさに兵は詭道なり。

政府軍は鶴ヶ城の強襲を諦めて包囲戦にするらしい。会津はがんばってるな。

来週も熱そう。

« ヤマト2199 第13話 「異次元の狼」 これはいい潜水艦モノ | トップページ | あまちゃん、小林薫かというツッコミ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57699276

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第26話 八重、決戦の時 八重は良い小隊長 :

» 八重の桜 第26回「八重、決戦のとき」 [ともさんのふむふむ大辞典]
とうとう鶴ヶ城内における戦闘が始まります。前回までの圧倒的な戦力を目の当たりにした新政府軍の立場から見ると、旧式の武器を持っている会津へは比較的容易に打ち破ることができるのではないかと見ていまし...... [続きを読む]

« ヤマト2199 第13話 「異次元の狼」 これはいい潜水艦モノ | トップページ | あまちゃん、小林薫かというツッコミ! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト