2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« 半沢直樹 第1話 倍返しで面白い!  | トップページ | HOMELAND2 第5話 ブロディが完全に落ちた。 »

2013/07/07

八重の桜 第27話 包囲網を突破せよ! 西郷頼母は貧乏くじ

壮絶。会津戦争を丁寧に書いてます。

八重は夜襲に出た。八重がライフルを撃つとき反動があるみたい。距離感も絶妙。

薙刀の先生は八重を逃がして死んだのかな。

最初見たとき、自爆したように見えました。

中野竹子は城に戻ろうとして鉄砲にやられた。突撃前に「お城に戻ったら、八重さんに鉄砲を教えてもらいましょう」と神保雪に言う。死亡フラグだったか。母が死んだ竹子の首を敵に渡してはならないと、切り落とそうとしたけれども、できなかった。

神保雪も捕らえられて、夫の名・神保修理を宣して自害。小刀を渡したのは吉松速之助というそうです。当時の美学ですな。

軍議で小山田を敵に取られては大砲を城に撃ち込まれることになるという話になって、山川大蔵が戻ればなんとかなるのだがと梶原平馬。取り合えず、小山田に敵を通さぬように天寧寺村を守ろうということになる。

考えが甘いと西郷頼母。小山田に敵が気づけば、白河の二の舞だぞという。

砲も兵も足らないと平馬が言うと、何もかんも足りない、だけんじょ会津を救う策を立てねばなんねえ!頼母。その後の平馬の切り返しに頼母、ぐうの音も出ない。

策があるなら白河の戦いで打っておくべきでした。指揮は頼母が執っておられたのだ。

敗将には誰も耳を貸さない。

でも小山田にあった火薬庫が敵に奪われた。

頼母が藩主容保に開城を具申する。火薬がなければもう戦えないという。

平馬は冬まで戦えば和議の道もあると反論。

今、開城して恭順を意を示さなければ会津の民は根絶やしにされると頼母。

佐川官兵衛にも腰抜けだと罵倒される。

悲壮感漂う頼母。ここで容保が口を開く。

事、ここに至っては・・・

(開城か?って思わせておいて)

開城恭順の道などない。城と命運をともにするのみ。

頼母は完全に四面楚歌。残念なお爺ちゃん状態。

頼母が八重に言う。

白河の戦いでワシは多くの兵を死なせた。敗軍の将としてワシは腹を切らねばなんねえ。だけんじょ、だげんじょ、死んだ者たちの無念の思いが、このワシの肩に、背に重くのしかかって、腹切らせねえんだ。生きて、会津を守れと言うんだ。ワシは会津を守る。八重、強くなれ。強くなんねえと一足も前には進まねえぞ。

頼母が自害した妻子の辞世の句を読んで涙する。

なよ竹の風にまかする身ながらも たわまぬ節はありとこそきけ

強くなれっていうのは自分に対してですか。

頼母が今一度、容保に勇気を持って恭順の意をお示しくださいますよう、会津を助けてくださりませと頭をさげる。

頼母は容保にまたも左遷された。城(会津)から出て萱野のもとに行き、死守せよと伝えよと命じられる。

このタイミングで山川大蔵が彼岸獅子に化けて敵中を突破して堂々と入城。

西郷頼母はまったくツイてない。だから生き残れたのか。

« 半沢直樹 第1話 倍返しで面白い!  | トップページ | HOMELAND2 第5話 ブロディが完全に落ちた。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57746256

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第27話 包囲網を突破せよ! 西郷頼母は貧乏くじ:

» 八重の桜 第27回「包囲網を突破せよ」 [ともさんのふむふむ大辞典]
前回に引き続き厳しい戦いを繰り広げる会津の中にあって、今回は冴えた動きをする人が2人ほど登場します。それが八重と大蔵でした。八重は前回に引き続きスペンサー銃を使って確実に敵の兵に命中させていきま...... [続きを読む]

« 半沢直樹 第1話 倍返しで面白い!  | トップページ | HOMELAND2 第5話 ブロディが完全に落ちた。 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト