2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« ヤマト2199 第15話 帰還限界点 ドメルVS沖田艦長の激突が気持ちいい | トップページ | あまちゃん アイドルはダサいを連呼 »

2013/07/14

八重の桜 第28話 自慢の娘 寝過ごしたらダメだ。

八重のお父さんも良かったけど、佐川官兵衛がいいじゃないか。

銃撃戦とか砲撃戦が多い大河も珍しい。生々しくていい。

西郷頼母は息子を連れて城を出る。

八重は逃げるのかと頼母に言っちゃう。頼母が降伏すべしと容保に進言したために城を追われることになったと教える。

この期に及んで降伏なんて弱腰だと言こういう主人公は新鮮です。

恭順を唱える事の方が今はむしろ勇気だ要るんだと秋月。

容保も頼母に生きよと願ってる。だから追放したのか。

城内で玄米をお握りにしてる。そういえば来週のタイムスクープハンターも鉄砲を持った女子の会津ネタのようで面白そう。

政府軍が小田山からアームストロング砲を撃ってきた!

反撃のために火薬(装薬)の量を増やして応射しようと尚之介に八重が言う。砲身が持たないと危惧する砲兵にやらないよりはマシだと八重。沖田艦長なみだ。

小山田に命中した!すげえな。

そこに八重のお父さん登場。一発撃ち込んだからには敵が撃ち返してくる。あとは我らにまかせて八重は持ち場に戻れと言う。だから現代には撃ったら移動してまた撃つことができる自走榴弾砲があるんですよ、福島みずほさん!

八重の鉄砲隊の指揮が山本家の名に恥じぬ働きだったと褒める。八重に砲撃を受けて浮き足立っている城内を沈めるのも砲術の家を役目だと下がらせる。

そして八重がいなくなって一言。

ここは危なすぎんだ。

いいねえ。さりげなく娘想いの満点パパです。

会津城に撃ち込まれる砲弾(榴弾)は濡れた布団で包めば、信管の火が中の爆薬(炸薬)に入らないで不発になるそうな(酸欠状態にするのかな?)。当時の砲弾も対人殺傷力を高める鉄片が入っていたのか。(でも後で溶かして鉄砲の弾にしていたので鉛なのかな?)

八重が当時のゲベール銃の銃弾(パトロン)の作りかたを教える。紙袋に弾と火薬を入れて作る。日本では早合っていうと前にタイムスクープハンターでやってました。こういう細かいの大好きだ!

そんな八重を見ている満点パパが。

一度も認めてやらなかったと母親に言う。

おなごが鉄砲の腕など磨いてもなにひとついいことはねえ。いつか身を滅ぼすともとになんべ、そう思ってた。

だげんじょ、八重が鉄砲を学んだことは間違いではなかったかもしねえ。

闇の中でも小さな穴が一つ開けば、光が一筋差し込んでくる。

それが八重かもしんねえなとお母さん。

うんと頷くパパ。

いい話だ。でも来週死んじゃうみたい。

佐川官兵衛が米沢との補給路を開くために敵の包囲網に夜明け前に奇襲をかけて破る作戦を任される。会津版のバルジの戦いか。その前の晩に容保から刀を渡されて、出陣の祝いの酒と 勝って(勝栗)、マメ(豆)で、 来る身(クルミ)を待つ(松葉)。

ここで官兵衛が笑うんですよ。

戦って死ぬ気だなとわかる瞬間。

容保も必ず戻るようにと言う。

命は捨てる覚悟で出陣する気だと官兵衛。江戸で人を斬り殺し、本来なら切腹するところを殿に命を救っていただいた。

なのに情けねえ。力及ばず、殿を会津をお守りできませず、申し訳ございません。

官兵衛泣いちゃった。

必ず囲みを破り、米沢の道を開いて見せます。それができねえときは生きては城に戻らぬ覚悟。

かっけえ~!

って疲れて寝過ごした。朝から出撃して奇襲が出来ずに苦戦を強いられて会津勢は敗退。

実はもう米沢藩は陥落していたのか。会津はまるで第二次大戦の日本。

明治元年9月に会津城への総攻撃が始まった!明治元年か!

砲弾が飛んできて登勢が布団を被せて覆った。爆発を防げたと思いきや爆発!

最後はハートロッカーだ。

« ヤマト2199 第15話 帰還限界点 ドメルVS沖田艦長の激突が気持ちいい | トップページ | あまちゃん アイドルはダサいを連呼 »

コメント

ヒロイン大河にしては戦争の描写がリアルですよね。会津戦争後八重たちの生活は一変するので、その対比になるかもしれませんが。

ようやっと八重が表舞台に出てきたと思えば、慣れ親しんだ会津の人たちが自害、戦死で次々と退場していき、さびしい限りです。ドラマなので脚色とは分かっていますが、胸が熱くなってきます。
来週は八重パパまで逝ってしまうようで、「ここは危なすぎんだ」「八重が鉄砲を学んだことは間違いではなかったかもしんねえ」のセリフが死亡フラグになるのでしょうね。

次回は夜7:10から放送。鶴ヶ城開城のあとは参院選開票。偶然でしょうが、面白いです。

ぽよっぽさん、どうもsun
戦争がリアルです。バタバタ死んでいきますね。前半の京都守護職から続く不運は、こういう人たちが戦争で散ったという説明だったんだなと思いました。

>、「ここは危なすぎんだ」「八重が鉄砲を学んだことは間違いではなかったかもしんねえ」
確かにお父さんも死ぬんだなと思いました。竹子も生きて城に帰れたら、鉄砲を習いましょうとかいって撃たれて死にましたね。

>次回は夜7:10から放送。鶴ヶ城開城のあとは参院選開票。偶然でしょうが、面白いです。
鶴ヶ城開城のあとは参院選開票。誰が全面降伏するんでしょう?自民党の支持率が下がってきたとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57791370

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第28話 自慢の娘 寝過ごしたらダメだ。:

« ヤマト2199 第15話 帰還限界点 ドメルVS沖田艦長の激突が気持ちいい | トップページ | あまちゃん アイドルはダサいを連呼 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト