2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« ヤマト2199 第15話 「未来への選択」 星名君が表返った! | トップページ | 八重の桜 第29話 鶴ヶ城開城  どう負けるか どう誇りを守るのか »

2013/07/21

コンバットマガジン29号 センチュリオン戦車 【イギリス】 砲塔が真ん中

傑作と言われながらも、完成したときには敵はなし!

Dcim0334

どうだ!というぐらい長い主砲。

Dcim0333

Dcim0335

テーブルの上に砲塔が載ったようなデザイン。

Dcim0338

長い主砲は男のロマン!

Dcim0339

この主砲、キングコングの爪楊枝にも使えそう。

Dcim0336

後から。

Dcim0337

この戦車が開発された経緯は、英仏軍の戦車にドイツ軍のIII号戦車やIV号戦車は苦戦したので、強力な装甲と主砲を備えたティーガーIが開発されると、今度はイギリス軍が酷い目に遭い、もっと強力な戦車をセンチュリオンを開発しました。

Dcim0347

ティーガーできたぞ~。

Dcim0348

ならばセンチュリオンだ!とイギリス軍が開発をはじめ、

Dcim0349

ティーガーの方が大きい。

Dcim0350

Dcim0351

Dcim0352

出来たと思ったら終戦。

ご飯を作っておいたのに食べてきたと言われたときのガッカリ感。

ドイツ軍は西側だけでなく東でも強力な敵戦車に苦戦します。そのひとつがT-34戦車。これに対応してドイツはヒトラーの肝いりでパンター戦車を開発しました。

Dcim0340

T-34戦車が登場。ドイツ軍大苦戦。ヒトラーが叫んだパンター戦車を開発せよ!

Dcim0341

パンターがなかったらドイツ軍はもっと前にソ連軍にベルリンが占領されて、フランス社会主義共和国が誕生していたかも。

Dcim0344

西部戦線にも投入されました。

Dcim0345

もしもこの2両が激突したらセンチュリオンが優勢だったでしょう。

Dcim0346

でも終戦。

冷戦にソ連と対抗する上でこの戦車があってイギリスはよかったでしょう。

« ヤマト2199 第15話 「未来への選択」 星名君が表返った! | トップページ | 八重の桜 第29話 鶴ヶ城開城  どう負けるか どう誇りを守るのか »

コメント

かっこいいですねhappy01
テーブルの上に砲塔を載せただけのデザインでも戦車はかっこいい。不思議です。
印パ戦争ではインド軍のセンチュリオンとパキスタン軍のパットンが戦ってセンチュリオンが勝ったんですね。

おじゃま丸さん、どうもsun
>印パ戦争ではインド軍のセンチュリオンとパキスタン軍のパットンが戦ってセンチュリオンが勝ったんですね。
デザインが良いのはバランスがいいということなんでしょうかね。
この時代にアメリカ独立戦争やったら、イギリスが勝ったかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57832018

この記事へのトラックバック一覧です: コンバットマガジン29号 センチュリオン戦車 【イギリス】 砲塔が真ん中:

« ヤマト2199 第15話 「未来への選択」 星名君が表返った! | トップページ | 八重の桜 第29話 鶴ヶ城開城  どう負けるか どう誇りを守るのか »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本