2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« あまちゃん 携帯がもう少しコンパクトになるまで待ってくれ! | トップページ | タイムスクープハンター5 第13回 「会津 女たちの決死行!」 八重の桜と違う面で面白い! »

2013/07/20

「改憲 もってのほか」 宮崎駿監督 いま声を大に を読んでみた

宮崎駿は自衛隊反対?かと思う記事の見出し、でも実はそうじゃない。

ドサクサに紛れた改憲はダメだけれども、自衛隊はいいらしい。

「改憲 もってのほか」 宮崎駿監督 いま声を大に

満州で日本人が横暴だったという話を母親から聞かされたとか書かれています。

それで自衛隊のところを抜粋: 

もちろん、憲法9条と照らし合わせると、自衛隊はいかにもおかしい。おかしいけれど、そのほうがいい。国防軍 にしないほうがいい。職業軍人なんて役人の大軍で本当にくだらなくなるんだから。今、自衛隊があちこちの災害に 出動しているのを見ると、やっぱりこれはいいものだと思います。隊員たちはよくやっていて、礼儀正しい。イラク に行かざるを得なくなっても、一発も撃たず、ひとりも殺しもせず帰って来ました。僕は立派だったと思います。湾 岸戦争後にペルシャ湾に掃海艇を出さざるを得なかったけど、機雷のなさそうな海域を黙々と掃海して、小さな船です、大変だったと思いますが、静かに帰って来ました。僕はだまっていましたが、感動していました。もし本当に戦火が起こるようなことがあったら、ちゃんとその時に考えて、憲法条項を変えるか変えないかはわからないけれど、とにかく自衛のために活動しようということにすればいいんです。

かつて、スイスやスウェーデンという中立国に憧れたことは事実でした。平和の国があってハイジが走り回ってるんだっていうイメージしかなかったから。でも、実際は違うわけで、非武装中立ということは現実にはあり得ないです。だからリアリズムで考えても、一定の武装はしなきゃいけない。ただ、それ以上は「ちょっと待て」っていうの>がやっぱり正しいと思うんです。だから馬鹿げてるけど、最新式の戦車ぐらいは多少造っておけばいいんですよ。本当はガンダムでも造って行進させりゃいいんじゃないかと思っているんだけれど(笑)。「実際の能力は秘密だから白状しない」とか言って、これは冗談です。

ガンダムなんだ。巨人兵じゃないんだと思いました。

ただですね、改憲=軍国化というのはあまりにも短絡的ではないかと。憲法改正の条件を緩和することに関して左側の人たちが反対するのは、もっと「革新的な」憲法にする可能性を放棄しているのではないかと。

それは保守的な人たちからすれば、かえってありがたい話でしょう。もはや憲法第9条が歯止めになってるとは思えません。憲法に武器輸出はダメとは書かれてないですし。憲法が左巻きに改正されたら、この国は危ういです。宮崎駿が言っているように非武装中立なんて夢なんですよ。第9条が戦争を放棄していようがいまいが、現実として撃たれれば撃ち返すことになるでしょう。

個人的には自衛軍で問題ないです。それよりも第9条が形骸化して暴走してしまう方が問題ですし、戦争になりそうな状況の前にして備えられないほうが問題です。アメリカは宣戦布告するのに議会の承認が必要です。日本にはそれがない。首相が何でもできてしまう、そっちの方がマズイでしょう。

原発反対とか憲法に明文化されても困ります。自然エネルギーでどうにかなるとかいう風潮もありますし、宮崎駿が語っているように産業構造の転換ってのもよく言われますが、未来のことはいいから、今すぐお前がすべてを放棄しろと言いたい

(現実に出来ないけれども、そうなればいいなと思っている人たちの欲求が宮崎駿の映画に足を運ぼうとする原動力になっているかもしれませんが。映画は「夢」を売る商売ですから)

自然エネルギーも搾取しすぎると環境に多大なダメージを与えるような気がするんですよね。それはそれで我々の生活と生命を脅かしかねない。鰻が激減しているのも搾取するだけで卵をかえして養殖することができないからで、自然エネルギーも採るばっかりで、増やすことが出来ないのが問題。やるじゃなく、やり過ぎるなと思うわけです。

« あまちゃん 携帯がもう少しコンパクトになるまで待ってくれ! | トップページ | タイムスクープハンター5 第13回 「会津 女たちの決死行!」 八重の桜と違う面で面白い! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57827680

この記事へのトラックバック一覧です: 「改憲 もってのほか」 宮崎駿監督 いま声を大に を読んでみた:

« あまちゃん 携帯がもう少しコンパクトになるまで待ってくれ! | トップページ | タイムスクープハンター5 第13回 「会津 女たちの決死行!」 八重の桜と違う面で面白い! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト