2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 孤独のグルメ3 第4話 江戸川橋の魚屋さんの銀だら西京焼き つくづく俺は島国の農耕民族だよ。 | トップページ | ヤマト2199 第18話 「昏き光を越えて」 ガミラスよこれが沖田戦法だ! »

2013/08/02

麻生閣下のナチス失言:ニュースの取り出し方がおかしい

麻生さん、選挙特番の池上さんなみに地雷原に突っ込みますな。

ただ一般のニュースで流れているのは、つなぎ方に問題がありますよ。

国家基本問題研究所って右巻きのグループなので、麻生さんのいつものあれで、ナチスとか入れて聴衆を引っ張ったようにも思いますが、仲間だと思っていて隣に座っている人は敵かもしれませんね。朝ズバに出ていた髭のおじさんが、ナチスを擁護しているようにしか聞こえないとか言ってましたが、それは橋下さんと同意見です。国語力がないか、目が曇っているかどちらかです。

全体の発言からするとナチス讃辞ではないですね。しかも冒頭はすごく大事です。それからのナチス発言。
 『僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり、矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

 私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。ここが一番問題なんです。私らから言ったら。なんとなくいい思いをした世代。バブルの時代でいい思いをした世代が、ところが、今の20代、30代は、バブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。

 この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて。おれたちの世代になると、戦前、戦後の不況を知っているから、結構しゃべる。しかし、そうじゃない。

 しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、おれたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。そういった思いが、我々にある。

 そのときに喧々諤々(けんけんがくがく)、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。《ちょっと待ってください、違うんじゃないですか》と言うと、《そうか》と。偉い人が《ちょっと待て》と。《しかし、君ね》と、偉かったというべきか、元大臣が、30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、《そうか、そういう考え方もあるんだな》ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

 ぜひ、そういう中で作られた。ぜひ、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、わーっとなったときの中でやってほしくない。

 靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国のために命を投げ出してくれた人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かに、きちっとお参りすればいい。

 何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。いろんな日がある。大祭の日だってある。8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。日露戦争に勝った日でも行けって。といったおかげで、えらい物議をかもしたこともありますが。

 僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。
 昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。

憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。

ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない』

ヒトラーが出てくる背景には、ドイツが国際的に孤立し、経済的に困窮し、共産勢力が台頭してきたということがあります。だから国民がナチスになびいたという経緯を麻生さんは言ってます。

現行憲法のまま国際情勢が日本にとって不利になれば、なし崩し的に軍国化が進んで、それこそヴァイマル憲法下でのナチスの台頭と似たことが日本で起るかもしれません。

どう運用していくかが大事なんです。と麻生さんは言っているのでしょう。

中国、韓国があんまり日本のことを言い過ぎるとヴァイマル政権下のドイツじゃないですが、余計にヒトラーが登場する状況を作りかねません。そういう意味で、韓国とか中国に配慮して麻生さんが辞めなくてよかったと思いますね。逆に日本は弱腰だとい印象を日本国民に与えてしまいます。そうなればもっと強い日本をという風潮になっていきます。「革新系」の新聞とかが政治家の失言に対する海外の反応で韓国と中国を出し過ぎると逆に右に進んでいくんじゃないかと不安になります。

軍国化を仄めかすような時の日本の発信力はなんか凄い。意外と日本は影響力があるようです。敵が過敏に反応するところを突くのは常套手段でしょう。そういう意味で麻生さんを政権に残したのは国際的にも国内的にも良かったでしょう。

« 孤独のグルメ3 第4話 江戸川橋の魚屋さんの銀だら西京焼き つくづく俺は島国の農耕民族だよ。 | トップページ | ヤマト2199 第18話 「昏き光を越えて」 ガミラスよこれが沖田戦法だ! »

コメント

気になりつつも追っていなかったので、まとめありがとうございます。
恣意的な切り取り方、ますます酷くなってますね。

やはり、この国を滅ぼすのは国民でも政治家でもなくマスコミかもしれませんね。

先の大戦だって、軍部の暴走がどのくらたいだったとしても、それをあれだけ煽りまくったのはまず新聞各社でしょう。その辺を、戦後のマスコミはどのくらいちゃんと反省したのか。あるいは、朝日なんかは変な方向に反省しすぎちゃって、まともな思考ができなくなってることもしばしですが。

baldhatterさん、どうもsun
>やはり、この国を滅ぼすのは国民でも政治家でもなくマスコミかもしれませんね。
確かに。販売部数と視聴率以外に何もないですね。先の参院選が盛り上がらないとかマスコミが言ってましたが、状況を的確に伝えない(自分たちが主張してきた政策などがまったくダメだったことを言わない)姿勢に問題があると思いました。ある種の隠蔽ですね。

このまま行くと、日本は滅んでも、朝日新聞は残ったということが悪い意味で歴史の教科書に載る日が来るかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57911227

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生閣下のナチス失言:ニュースの取り出し方がおかしい:

« 孤独のグルメ3 第4話 江戸川橋の魚屋さんの銀だら西京焼き つくづく俺は島国の農耕民族だよ。 | トップページ | ヤマト2199 第18話 「昏き光を越えて」 ガミラスよこれが沖田戦法だ! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト