2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« お盆のあまちゃん 廊下を駆ける夏ばっば  | トップページ | 昭和20年8月14日に朝日新聞の社説は何を書いたのか »

2013/08/13

the fall 警視ステラギブソン 第2話 いろいろ生々しいのがいい

たぶん日本ではこういう生々しいドラマは出来ないと思うし、作っても視聴率は無理っぽい。なのでBBCありがとうと言いたいです。

ステラが地元の警察の刑事をホテルに呼んで良い感じになってる反対側で、変態殺人犯は殺した女性を風呂場で洗っているという。もう怖すぎます。殺された女性が寝てると思って姉が赤ちゃんを置くところ、赤ちゃんが死体の横でバタバタしてる。姉はなかなか死んでると思えないし、死んだとわかったら取り乱して、それを警察のオペレーターとのやり取りを(声のみ)で表現っていうのも生々しくていい。

生々しいといえば、ステラが婦人警官にホテルに私物を取りに行って欲しいと頼んで、ホテルのバスルームに捨ててあったコンドームをトイレに流すとか、NHKだったら絶対にないでしょう。

the Killing/キリングのような感じです。こちらは犯人が分かっているのを追いかけて行くので別物ですが、登場人物の心理描写が丁寧なのはキリングと似てます。あのこの登場人物が本筋に関係あるのかと思ったら、関係が出てきたり。殺された女性と同僚の弁護士が、ステラと良い感じになって捨てられた刑事の担当する殺人事件の弁護人になったり。最後に刑事が息子の目の前で射殺された。いやびっくりした。

« お盆のあまちゃん 廊下を駆ける夏ばっば  | トップページ | 昭和20年8月14日に朝日新聞の社説は何を書いたのか »

コメント

世界のドラマは面白いですね。

吉野さん、どうもsun
確かに世界のドラマも面白いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/57985856

この記事へのトラックバック一覧です: the fall 警視ステラギブソン 第2話 いろいろ生々しいのがいい:

« お盆のあまちゃん 廊下を駆ける夏ばっば  | トップページ | 昭和20年8月14日に朝日新聞の社説は何を書いたのか »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本