2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« リーガルハイ2 第3話 不細工ほど面食いなんだ!まさに正論。 | トップページ | キルラキル 第4話 まるでSASUKEのような登校日。 »

2013/10/27

八重の桜 第42-43話 捨松見参 そしてオーバーザトップ

第42話は八重とみねが会津に戻ってウラと再会。そして第43話、捨松を嫁にくださいと大山巌が八重と腕相撲。どうしてこうなった?

伊藤博文がまるで悪役(笑)。

津田梅子は本当に日本語がわからなくなったそうで。それはそれで大変です。文部省も雇いようがない。捨松も津田梅子も北海道開拓使が留学させていたけれども、その北海道開拓使が消滅してしまうとおう。まるで伊達政宗が派遣したけど、キリスト教追放令で酷い目に遭った慶長遣欧使節です。こんな人たちです(おそらく)

この番組にうしろシティが出てたんですよね。

それはさておき。

捨松をみそめた「西洋かぶれ」大山巌が旧敵山川家に猛烈アタック(死語)。結局、八重と大山巌が腕相撲で決着をつける。八重が手心を加えて負けて、捨松が大山巌の嫁になる。旧敵に情けをかけるのもまた人間としての成長でしょうか。

捨松は日清日露戦争で活躍します。坂の上の雲のドラマに捨松はま出てこなかったので、隙間がうまっていいですね。

伊藤博文が東大を官僚養成学校にしようとし、同志社大学に反対するような感じになってます。現代フランスにはフランス国立行政学院という官僚養成学校があるそうですよ。

« リーガルハイ2 第3話 不細工ほど面食いなんだ!まさに正論。 | トップページ | キルラキル 第4話 まるでSASUKEのような登校日。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/58465263

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第42-43話 捨松見参 そしてオーバーザトップ:

« リーガルハイ2 第3話 不細工ほど面食いなんだ!まさに正論。 | トップページ | キルラキル 第4話 まるでSASUKEのような登校日。 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト