2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 水曜どうでしょう 2013年編 第4-6回 ミスターの頭にカメレオン→関西人ヤンキーヅル→恐竜のようなキリン | トップページ | リーガルハイ2 第6話 重婚じゃない養子だ! »

2013/11/07

リーガルハイ2 第5話 本当の戦いは法廷の外

会社は家族か?家族は家族か? メガネが曇る田向さんのおやじイヌの版権と並行して黛の親離れ・子離れ問題が勃発。

この法廷の方の争いは発光ダイオードの特許権を巡る争いですね。プライベートジェット欲しさにそれをけしかけた古美門。やります。裁判所にジェット機で通えないだろう古美門。

黛のお父さん。國村隼だ。サントリーオールドの宣伝ですね。


嫌なヤツなら一発殴れたのにな。カッコイイ。

上空8000メートルのアレは気圧が低いので凄いらしい。アレってなんだ?ドミノ倒ししか考えられん。

安藤貴和に黛(幼稚園児)を大事に使えと忠告される古美門。

笑顔の平成ヘタレ王子・羽生に肩入れする黛の父。

古美門が誰が何を提案してどれだけ儲かったかと社員に吹き込んで、会社を内部崩壊させていく~。

ダメ親父だった田向さんが見る見る元気になっていく~。ジェラーモみたいになってる。

古美門がパート従業員の履歴書を抜いていることを羽生が発見!その女性を見つけ出したら、イヌを絵を描いていた。おやじイヌに似ている~。しかし古美門の罠だった!田向さんがおやじイヌを発案した当時、その煙突が見えないのだ!

古美門が黛に田向さんを勝たせる最後の一撃を言わせた。

TPPも迫り、義理と人情ではおやじイヌも会社も守れはしない。自分の権利を主張し、戦って勝ち取る人も称えられるべきです。ただ、喜びも苦しみも分かち合い、がむしゃらに国を発展させ、家族を養ってきたすべての会社と働いてきた人々にはありがとうと言いたいです。

黛・父、男泣き。

古美門、法廷外の戦いにも勝ちました。

エンディングが始まった45分なのに。

もう一発あったか。

田向さん、法廷で争って潰した会社の社長と再起を図るように仕向ける羽生。田向さんには妻より子より、会社の仲間なんですな。この社長さん、半沢直樹で言えばフィリピンに飛ばされていろいろスッキリした支店長みたい。

羽生が法廷で負けて、勝負に勝ったか。

黛が羽生に落ちた。父直伝の決めぜりふ

酔っ払っちゃったなあ、どこかで休んでいこうかな・・・

家に送ろうって羽生に言われたよ。ただの笑顔男子か!食らえ、食らいつけ!

来週は一妻多夫らしい。

« 水曜どうでしょう 2013年編 第4-6回 ミスターの頭にカメレオン→関西人ヤンキーヅル→恐竜のようなキリン | トップページ | リーガルハイ2 第6話 重婚じゃない養子だ! »

コメント

争いごとにWinnerなんていない。誰もがLoser(笑)

今回も黛さんはかわいかったですhappy01
職場に突然父親が現れて驚くリアクションとか演技もけっこううまいですよね。
磯貝の噛みっぷりもよかった(笑)
どんでん返しは毎回のことなのであまり驚きませんでした。こうなるとどんでん返しなしの回もはさんでほしくなりますね。

古美門の家のテラスに大型バイクの模型がありましたが運転できるのかな(笑)

>黛が羽生に落ちた

羽生が決めゼリフの意味に気づかないのがキャラに合っていてよかったです。でも仮に同じ部屋に泊まることになったとしても、黛が土壇場で拒否してしまうパターンだと思いますhappy01

おじゃま丸さん、どうもsun
>争いごとにWinnerなんていない。誰もがLoser(笑)
大好きな台詞ですね。言い方もふざけてて素敵です(笑)。

>どんでん返しは毎回のことなのであまり驚きませんでした。こうなるとどんでん返しなしの回もはさんでほしくなりますね。
それは挑戦的ですね。

免許とか持ってなさそうですね。

>でも仮に同じ部屋に泊まることになったとしても、黛が土壇場で拒否してしまうパターンだと思います。
この朝ドラの娘がぁ!
古美門の高度8000メートルの秘技に期待しましょう。

どうでもいいことですが、田向さん親子が使ってるファミレスがたぶん野田さんが勤めているジョリーズみたいです。あそこに野田さんとかいたと思うと高まります。

そうだったんですか! ドラマの撮影でよく使われるファミレスなのか、それとも撮影専用の嘘っこのお店なんでしょうか。
野田さんの原作者の柘植文さんは1973年生まれで中年女子の生き方を探る「中年女子画報」という漫画を連載中だそうです。あの方の自虐ネタはおもしろそうですhappy01

おじゃま丸さん、どうもsun
撮影用かもしれませんね。

>野田さんの原作者の柘植文さんは1973年生まれで中年女子の生き方を探る「中年女子画報」という漫画を連載中だそうです。あの方の自虐ネタはおもしろそうです
面白そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/58533995

この記事へのトラックバック一覧です: リーガルハイ2 第5話 本当の戦いは法廷の外:

« 水曜どうでしょう 2013年編 第4-6回 ミスターの頭にカメレオン→関西人ヤンキーヅル→恐竜のようなキリン | トップページ | リーガルハイ2 第6話 重婚じゃない養子だ! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト