2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« キルラキル 第5話~第8話 縫い針スナイパーからリア充、そして縛りの変態 | トップページ | コンバットタンクコレクション 37号 M2ブラッドレー歩兵戦闘車 こんなところにもペリスコープが! »

2013/11/24

ウォーキングデッド4 第6話 総督がいい奴になった

この話もいい。ホントにシーズン4は良いです。主人公が1秒も出てこないエピソードでした。毎週が楽しみですよ(でも今年はあと2本、10話以降は来年)。極悪非道のサディストだった総督が仲間に見捨てられて自暴自棄になって、アパートに立て籠もっている家族と交流していい奴になった。想像を裏切りますな。

でも凶暴性が残ってる。そこがいい。

メーガンがウォーカー(バイター)になった娘と重なって、メーガンのために二度も危険を冒す総督。ずっと持っていた家族写真の自分のところだけ折るところ、心に刺さります。罪悪感なのでしょうか。総督はそんな一面があったとは。

そしメーガンの笑顔を見たいからとメーガンの母親に頼まれて、老人ホームに肺がんの祖父のために酸素ボンベを取りに行って、メーガンと仲良くなれた総督でしたが、祖父はすぐになくなってしまう。そうしたらウォーカーになって襲ってきた。総督が酸素ボンベで祖父の頭を叩き潰す。メーガンの悲鳴。メーガンが総督にすっかり怯えてしまう。ずっと持っていた家族の写真を燃やす。段々切ない話になってきましたよ。ここで第5話の最後の刑務所のシーンにつながるのかと思いきや、メーガンの母親が一緒にもっと安全な場所に行きたいのと言われる。

メーガンの母親と良い感じになった。この男、モテる。車が壊れて徒歩で道路を歩いていたらウォーカーの大群が現れた。怖くて足がすくんでしまうメーガン。こっちに来るんだと手を伸ばす総督。ずっと総督に怯えていたメーガンが総督の手を取ったとき、やったとガッツポーズしてしまいました。

メーガンを抱えて逃げる総督が穴に落ちてしまう。あの穴は総督がウォーカー(バイター)を生け捕りにするために掘った穴じゃないですか?メーガンが悲鳴を上げる中、素手でウォーカーを倒していく総督。恐るべし。

そして最後、総督を見捨てた部下のマルティネスと再会。

« キルラキル 第5話~第8話 縫い針スナイパーからリア充、そして縛りの変態 | トップページ | コンバットタンクコレクション 37号 M2ブラッドレー歩兵戦闘車 こんなところにもペリスコープが! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/58638528

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキングデッド4 第6話 総督がいい奴になった:

« キルラキル 第5話~第8話 縫い針スナイパーからリア充、そして縛りの変態 | トップページ | コンバットタンクコレクション 37号 M2ブラッドレー歩兵戦闘車 こんなところにもペリスコープが! »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本