2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« リーガルハイ2 第5話 本当の戦いは法廷の外 | トップページ | 水曜どうでしょう 2013年編 第7回 ヌウウウウウウウウ! »

2013/11/13

リーガルハイ2 第6話 重婚じゃない養子だ!

矢口!と叫びたくなる今回の話。

黛を巡る古美門とゆとり王子の決闘!

堺雅人のヒゲ!サーベルで戦う!

最後にピストルってインディ・ジョーンズか!

夢だけど。

服部さんはチベットに修行に行ってたのか。

重婚は旦那を曜日ごとに分けるという平等博愛主義。曜日ごとに一夫一婦制ですな。さすが財務官僚。仕分け上手だ。


人口が増加しすぎたために曜日毎に生きる人間が変わるという世界の話。

そもそも我が国の一夫一妻制とは身分制度が崩壊した時代において、一人の男に一人の女をあてがう治安の安定を図るという政治的思惑と、西洋のキリスト教的倫理観の模倣のもとに成立した極めて形式的なものであり、男女関係の真理でもなければ、家庭の理想でもありません。むしろひとりでなければならないとするからこそ様々な不な事件が起こるのです!

矢口!と叫びたくなる。

そこで羽生があの人とご対面作戦。

ユンボの女、宏美!

西洋美術史の吉川先生!昨年、離婚!今夜空いてる!

尚美さん、息子を一緒に育てたいの!

って復縁すると、良くない面を告げ口されて、皆さん鈴木保奈美に戻る。

隣の芝は青いもんだね。

最終兵器は内縁の夫たちと養子縁組。

矢口さんも養子縁組していればよかったのにね。

服部さんが日曜の夫候補に。

お母さんも両方のチームに入ってるというオチ。

重婚を養子縁組で正当化した古美門が黛との関係を解消。これはどっちもとはいかず。


« リーガルハイ2 第5話 本当の戦いは法廷の外 | トップページ | 水曜どうでしょう 2013年編 第7回 ヌウウウウウウウウ! »

コメント

今回も黛さんはかわいかったですhappy01 法廷で「ケンカをやめて」が流れて古美門と羽生の間でパニクるときの演技がよかった(笑)
一妻多夫制はありか?なんて話はドラマのテーマとしてはあまり興味が持てないですが。(羽生もキャラ的にむしろ「本人たちが幸せならいいじゃない」と肯定しそう)
でも訴えた夫の母親が最後2人の爺さんに同時にモテて大喜びっていうオチはよかったです(笑)

最後、古美門が黛の力を認めて別れを告げるシーンは泣けました。これは意外な展開。なんか最終回みたいでしたね。古美門は黛を敵に回して倒すことでさらに一皮むけたいって思ってるってことなのかな?

※DNAの一致の話ですが、バラン星の亜空間ゲートを作ったいにしえの種族が地球人とガミラス人の共通の祖先だと考えれば無理なく納得できるなと思いました。

おじゃま丸さん、どうもsun

>でも訴えた夫の母親が最後2人の爺さんに同時にモテて大喜びっていうオチはよかったです
言い出しっぺのお前もか!っていう感じで(笑)。

>最後、古美門が黛の力を認めて別れを告げるシーンは泣けました。
なかなかよかったです。カッコイイ堺雅人が発動してました。

>古美門は黛を敵に回して倒すことでさらに一皮むけたいって思ってるってことなのかな?
そうしないと裁判に勝てないみたいなことをスナック「拘置所」のママ、美和が言ってましたね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/58570777

この記事へのトラックバック一覧です: リーガルハイ2 第6話 重婚じゃない養子だ!:

« リーガルハイ2 第5話 本当の戦いは法廷の外 | トップページ | 水曜どうでしょう 2013年編 第7回 ヌウウウウウウウウ! »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本