2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 攻殻機動隊 Arise Border:2 素子とバトーがガチで戦ってる | トップページ | ピロリ菌に感染してたでござるの巻 »

2013/12/04

コンバットタンクコレクション第38号 ヤークトティーガー【ドイツ】 駆逐艦並の主砲か

きっとシャアがアメリカ軍にいたらヤークトティーガーの威力を見て戦慄したでしょう。

なんということだ!あの駆逐戦車は駆逐艦並の主砲を持っているのか!

ウィキペディアの話では、128mm PaK44は大戦中最強の対戦車砲であり、連合軍のいかなる戦車であろうとも撃破が可能で、建物の反対側に隠れたM4中戦車を撃破した記録が残っているそうです。

Dcim0485_3

それもそのはず、超重戦車マウスに搭載される予定だった128mm砲(12.8 cm PaK 44 L/55)を主砲としています。

Dcim0486

125mmというと日本海軍の駆逐艦に搭載されていた主砲が50口径三年式12.7センチ砲です。この主砲の大きさ、変態です。ザクマシンガンでも120mmだというのに!こんな変態プレイが可能だったのは駆逐戦車が攻勢兵器というより防戦兵器という意味合いが強いこともあるでしょう。

Dcim0487

正面からヤークトティーガーを撃破できる連合軍の火砲は存在しませんでした。まさに戦艦並のビーム砲を持ち、ザクマシンガンをはね返すガンダムのようです。

Dcim0488

重武装・重装甲が災いして足まわりに負担がかかりすぎて走るのも一苦労。小錦みたいです。

Dcim0489

後面に機関銃を搭載。撃つときは丸裸。最強の駆逐戦車も歩兵の肉薄攻撃には弱かったようです。

Dcim0490

ミサイル万能主義だったファントムに機関砲が後から搭載されたのに似ています。ガンダムのバルカン砲も伊達じゃない!

ティーガーIIとヤークトティーガー。

Dcim0491

ヤークトティーガーはティーガーIIの改造ではなく、開発は両方とも同時に進められたそうです。ドイツの駆逐戦車は車体と砲廓の前面装甲に段差がない(少ない)のが多いですが、ヤークトティーガーは砲廓が引っ込んでいるので戦車ぽいです。
ティーガーII、ヤークトティーガー、シュトルムティーガーの三兄弟。

Dcim0493

これぞナチスドイツの科学力!という感じです。

IV号駆逐戦車と比べるとかなり大きさが違います。

Dcim0494

IV号駆逐戦車も結構おおきいですけど、ティーガーの前では虎の前のウサギ。

Dcim0495

Dcim0496

アメリカ軍がティーガー戦車に対抗するために開発したのがM26パーシング戦車。

Dcim0497

これでもヤークトティーガーに比べると小さいです。

Dcim0498

Dcim0499

Dcim0500

バルジの戦いなんかしなかったらこういう戦いがあったかもしれません。






« 攻殻機動隊 Arise Border:2 素子とバトーがガチで戦ってる | トップページ | ピロリ菌に感染してたでござるの巻 »

コメント

変態ですね。でもそこがいいですhappy01
全体的に鈍重で不格好な印象ですが逆にそこにそそられますhappy01
(※タイトルがヤークトパンターになってますよ)

おじゃま丸 さん、どうもsun
やってしまいました。ご指摘ありがとうございます。
「打たれ強く」「巨砲」なのは蒲郡先輩みたいです。共に変態です。

昔プラモデル作ったことありますがデカかったなあ。対戦国の戦車考えるとここまでいらなかったと思うけどドイツらしくていいでしすね。凄い科学力です。

ペペメメさん、どうもsun
プラモだと作り甲斐がありそうです。ヤークトティーガーはデカ盛り弁当って感じです。使い方にもよるでしょうが防御戦ではヘッツァーの方が有効だったかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/58696015

この記事へのトラックバック一覧です: コンバットタンクコレクション第38号 ヤークトティーガー【ドイツ】 駆逐艦並の主砲か:

« 攻殻機動隊 Arise Border:2 素子とバトーがガチで戦ってる | トップページ | ピロリ菌に感染してたでござるの巻 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本