2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 三原じゅん子がハマーン様化してる | トップページ | ウォーキングデッド4 第8話 残酷と残虐の最大公倍数!!! »

2013/12/08

八重の桜 第49話 坂の上の雲に追いついた

これはいい最終回。覚馬と容保がカッコイイ。

明治期は教育勅語でキリスト教はダメということになったのですか。廃仏毀釈もありました。日露戦争以後は神社合祀 もありました。

覚馬の「勤王の志は(会津だけでなく)薩長も持っていた」からの話が熱いですな。

大君の義のせいで会津は滅んだ。

八重が死んでいった仲間のことを思うと会津が間違っていたとは言えねえって言うと、

覚馬、口を真一文字に結んだまま落涙。

覚馬の最期。

会津はもう雪だべか。

やっと帰れんなあ。みんなが待ってんべ。

これは泣いた。良い最終回です。

長えことご苦労だったなって母が言う。

床に伏しているのに一番格好いい死に様。

容保公が会津の汚名を晴らせる御宸翰を公表せずに敢て隠しておいたのは国内の新たな内乱の火だねとしないため。それもまた皇国を守るという帝への忠義かも知れませんね。

日清戦争、開戦! 坂の上の雲に追いつきました。

大本営が広島に移ったと新聞が報じていました。

広島市に明治天皇が使われたという井戸が残っています。見てきました。

http://www.akinokuni.jp/g/200909daihoneiato.html

来週最終回。

« 三原じゅん子がハマーン様化してる | トップページ | ウォーキングデッド4 第8話 残酷と残虐の最大公倍数!!! »

コメント

覚馬と容保公。八重に多大な影響を与えた二人が相次いで亡くなり、日清戦争が起こり、どうすべきか迷う八重に天使の襄が語りかける。そして八重は看護婦として再び戦地へ…。
同志社卒業式での覚馬の演説も良かったです。タイトルの「再び戦を学ばず」は覚馬の言葉から来てたんですね。かつて壮絶な戦を経験した人の言葉は重い。最終回に向けていい形で繋いだと思います。

ぽよっぽさん、どうもsun
「再び戦を学ばず」は初耳でした。
会津では狙撃兵として、日清戦争では従軍看護婦として戦場に赴く。
エンディングとしていいですね。

実際に覚馬がそう話したのかは分かりませんが、同志社卒業式のシーンで、「再び戦をすることを学んではなりません」と話していたので、タイトルはその事かなと。説明不足すみません…。

ぽよっぽさん、どうもsun
なるほど。戦争に向う世の流れでそれを言うのが覚馬らしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/58721771

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第49話 坂の上の雲に追いついた:

« 三原じゅん子がハマーン様化してる | トップページ | ウォーキングデッド4 第8話 残酷と残虐の最大公倍数!!! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト