2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« サイエンスZEROでSTAMP細胞の緊急特集をやるそうな | トップページ | HOMELAND 3 第12話 ブロディが絞首刑になってしまった »

2014/03/16

軍師官兵衛 第十一話 命がけの宴 竹中直人劇場だった

今日の竹中直人(秀吉)はよかった!

権六に意見して北国から兵と退いて蟄居するあたりから宴が終わるまで、竹中直人の独壇場。

宇喜多直家を諜略できずに焦る官兵衛。宇喜多も配下の内藤を官兵衛の前で毒殺するし、権謀術数に長けた悪役に仕上がってますな。

官兵衛が自宅に戻ってきて刀を構えるところがいい。背中が若干丸まってる感じがファイターですな。

善助プロポーズ大成功。

高山右近、登場。実にわかりやすい。

荒木村重に兵を貸してもらうように頼むが、本願寺攻めが長引いているので無理だと言われる。

本願寺攻めは気が滅入ると村重。あやつら恐れるどころか、喜んで死んでいく。切りがない。さすがに疲れてのう。村重の謀反が近いか。(来週は松永久秀が出るみたい)

高山右近は上下身分のない平等なキリシタンの国が作りたいとか言ってる。アルカイーダみたいな武闘派の一向宗とキリシタン勢力とか割拠する、戦国の日本はたいがいな状況だったんだなと。

この身分の上下がないという理想の国を提示しておいて、権六は正面突破でなく策が必要だと訴える秀吉を農民上がりだから、臆病なのだと馬鹿にする。

それで秀吉は長浜城に帰ってどうせ切腹を言い渡されるなら、酒を飲んで騒いでやると喚いたら、竹中半兵衛がそれは妙案だと(秀吉に謀反の意図はないと信長にわからせるため)。秀吉の情熱と半兵衛の冷徹さ、この温度差いいじゃないですか。この騒ぎが身分の隔てがない無礼講。腹に溜まっている鬱憤をさらけ出せと。怒鳴り込んできた官兵衛に秀吉が頭を下げて謝る。

秀吉劇場はよかった。頭を下げる度に秀吉のかっこよさが倍化する。

信長を今度馬鹿騒ぎするときはワシも呼べと。

« サイエンスZEROでSTAMP細胞の緊急特集をやるそうな | トップページ | HOMELAND 3 第12話 ブロディが絞首刑になってしまった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/59304677

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第十一話 命がけの宴 竹中直人劇場だった:

« サイエンスZEROでSTAMP細胞の緊急特集をやるそうな | トップページ | HOMELAND 3 第12話 ブロディが絞首刑になってしまった »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト