2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 軍師官兵衛 第二五話 松寿丸がガッチャマンに! | トップページ | タイムスクープハンター6 第11回 恋のヒゲ大作戦というねるとん紅クジラ団 »

2014/06/28

リバースエッジ 大川端探偵社 第11回 ダンディじゃないドーピングランナー

速く走ることに執着する男とその男に執着する女の話。

俺は誰のためにでもなく走る!っていう間宮。段田さんなにやってんだ(笑)。

外で走るとジョギングする男たちのエロイ視線に耐えられるように先に事務所内で走るという謎の思考のメグミちゃん。そこに現れるぱっつんぱっつんの鬼奴みたいな女子。フルマラソンを2時間以内で走る男の素性を洗って欲しいという依頼。

ドーピングランナー間宮も怪演でしたが、この鬼奴みたいな女子も地味に強烈でした。

なぜドーピングしてまで走るのかと村木に聞かれた段田がダンディー段田のナレーションみたいに熱く語り出す。

なぜ他の動物に比べて人間は足が遅い?

動物の中で最高の知恵を持った人間が牛や猫より遅いってどういうことだ!

だが長距離走は違う!

長距離を走るのに必要なのは体温の上昇を自ら抑える体温調整だ。つまり全身に汗腺を持ち、発汗により気化熱放散によって適切な体温を維持し、それによる継続的運動が可能な動物が絶対的優位となる。

その動物がニンゲンだ!

俺は誰のためにでもなく走る!

この男に理屈はないんだ。まさに変態。

間宮は次のウルマラソン大会にあわせたマラソンで心臓発作を起こして死亡。それを双眼鏡でマンションから見ていた女も間宮が倒れたとき身を乗り出してしまい転落死。

切ない自滅オチでした。

風俗嬢と結婚する話とこのドーピングランナーの話が今までで特に面白かったです。

« 軍師官兵衛 第二五話 松寿丸がガッチャマンに! | トップページ | タイムスクープハンター6 第11回 恋のヒゲ大作戦というねるとん紅クジラ団 »

コメント

走る男とその男を追う女、どちらも満足な動機の説明がないのですが不思議と説得力があっておもしろかったです。依頼人役の女優さんは好きですね。

メグミの理屈はよくわかります。ダイエットには水泳がいいと言われても、だらしない体を見られるのが嫌だからプールに行けない、みたいな(笑)

おじゃま丸さん、どうもsun
確かに不思議な説得力があります。

>ダイエットには水泳がいいと言われても、だらしない体を見られるのが嫌だからプールに行けない、みたいな(笑)
なるほどオシャレしたいけど、シャオツな店に行くために着ていくオシャレな服を買わないといけないというのと同じロジックですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/59887726

この記事へのトラックバック一覧です: リバースエッジ 大川端探偵社 第11回 ダンディじゃないドーピングランナー:

« 軍師官兵衛 第二五話 松寿丸がガッチャマンに! | トップページ | タイムスクープハンター6 第11回 恋のヒゲ大作戦というねるとん紅クジラ団 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト