2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« リバースエッジ 大川端探偵社 第8回 女番長の25年後 | トップページ | コンバットタンクコレクション 48号 Sd.Kfz.251 これぞドイツの装甲兵員輸送車 »

2014/06/07

シャーロック3 第3話 シャーロックが結婚するか!

なんでも覚えている頭脳明晰で、アップルドアという施設の秘密の地下室に情報を蓄えて重要人物を操る新聞王マグヌセン。モチーフはルパート・マードックなんでしょうか。マグヌセンはキリングのコペンハーゲン市長じゃないですか。

シャーロックのアパートの居間におしっこしちゃうぐらいの変態さん。

どんでん返しの連発。ワトソンが隣人の息子をジャンキーが集まっているところに救いに行ったら、その息子の隣にシャーロックが麻薬でラリってる。潜入捜査だと言い張る。

シャーロックがワトソンのメアリーの結婚式で会ったメアリーの友達ジャニーンとつき合っているという衝撃事実。

でも実はジャニーンはマグヌセンの秘書で、マグヌセンに旦那の弱みを握られたスモールウッドから頼まれた仕事のためにジャニーンと付き合った。

それでマグヌセンのオフィスに潜り込んだがら、先客が来た。メアリーがマグヌセンにサイレンサー付きの拳銃を向けている。シャーロックよりも嘘つきがいた。しかも騙されている相手はワトソン。メアリーがマヌグセンを撃たずにシャーロックを撃った!

その後のシャーロックの思考が面白い。頭の良い人は頭の中にいろんな人を買ってるんですね。どうすれば助かるか、後ろに倒れるか前に倒れるかでめっちゃ考えている。ここ面白い上に、マグヌセンの思考の宮殿に近い存在をすでに示している。モリアーティーまで出てきた。

メアリーの人物の謎解きが第2回と行動に仕込まれていたとは。しかもかなり目立つ形で。やられた。

それでクリスマスにシャーロックがワトソンとメアリーも実家に呼んだ。シャーロックの母親が天才だったことが判明。ワトソンとメアリーが仲直りした。ワトソンはメアリーから渡された情報を読まなかった。情報を利用するマグヌセンとは真逆です。

結局スモールウッド議員の旦那は自殺した。

マグヌセンの情報が収めていたのは頭の中だった。映像は頭の中だったのか。Knowing is Owning(知っていれされすれば、私のものになる)名言です。

マイクロフトはシャーロックが心配、シャーロックはワトソンが心配、ワトソンはメアリーが心配。だからメアリーの秘密を握ればイギリス公安のトップに君臨するマイクロフトをコントロールできる。恐るべしマグヌセン。

頭の中の記憶だけでは証拠がないだろうとワトソンが疑問をぶつける。確かにそうです。全然余裕のマグヌセン。

なぜ証拠がいる?ニュースの世界では記事を載せるだけでいいんだ。

ペンは剣より強しですね。悪い意味で。(福島に住んだら鼻血が出るとか)

最後、マイクロフトはマグヌセンをドラゴンのように飼い慣らそうしていたが、シャーロックは最後にマグヌセンに書類はないんだなと確認して銃でマグヌセンを撃った!

そう言えば実家でシャーロックがマイクロフトに自分をドラゴンスレイヤーにようとしているのかと聞いて、それは自分でそう思ってるんだろうとマイクロフトに言われた。

すべてはワトソンのため。メアリーの過去の秘密を消し去るため。シャーロックの友情に泣ける。

最後に死んだはずのモリアーティが復活。でシーズン3は寸止めでおしまい。

シーズン3も本数は少ないけど内容が濃かった。

« リバースエッジ 大川端探偵社 第8回 女番長の25年後 | トップページ | コンバットタンクコレクション 48号 Sd.Kfz.251 これぞドイツの装甲兵員輸送車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/59777966

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック3 第3話 シャーロックが結婚するか!:

« リバースエッジ 大川端探偵社 第8回 女番長の25年後 | トップページ | コンバットタンクコレクション 48号 Sd.Kfz.251 これぞドイツの装甲兵員輸送車 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト