2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« リバースエッジ 大川端探偵社 第10回 「命もらいます」声豚、声地獄に墜ちる | トップページ | 軍師官兵衛 第二四話 小寺の殿様のクソっぷりに感動した。 »

2014/06/15

タイムスクープハンター6 第9回 眼鏡売りベンチャー魂

世界的なイメージとして日本人の男性は眼鏡ですが、それも国産化すればこそ。眼鏡男子、誇っていいんじゃないか!江戸時代半ばまでメガネは輸入品だったのか。だから中古品で安く提供し、国産化して普及させようという眼鏡の行商人の甚平、熱いじゃないですか。

ちょっと顔がイジリーぽいのもご愛敬。

眼鏡は老眼が多く、レンズは水晶。ガラスレンズっていうのはまだ無理だったんですね。

南蛮渡来の新品は高くて、眼鏡をかける前に目玉が飛び出しちまうほどらしい。だから今は中古品を商ってるが、いつかは江戸でも安く作って困っている人にもっと使って欲しいって熱いじゃないか。

油売りは一文銭の中に開いた穴から油を落としてたのか。

レンズの研究を始めたのは9世紀のアラビア人学者イブン・アル・ハサイムらしい。なぜアラビアに産業革命が起こらなかったのか不思議です。

近眼用の眼鏡が困っている侍(窪田惣十郎)のために玉細工師の権八を説得して近眼用眼鏡を作らせる。技術は突然生まれない。かならずベースになる技術があるんですな。

ジェームズ・ワットは蒸気機関の発明で有名ですが、それもボールドウィンっていうビジネスパートナーがいたからこそ。商人と技術者の組み合せが大事なのかも。技術力があってもビジネス力がないとうまく行かない。

って15分で眼鏡完成。鼻当ては日本の発明だったのか。

あと15分どうなるの?

惣十郎、賭博場のチンピラに眼鏡を奪われた!近眼の惣十郎ではどうにもならないので甚平が賭博場に入って奪い返した。チンピラに気づかれた!

やはり走った!

しかしチンピラに囲まれる!

惣十郎はチンピラに倒されて足首を持って引っ張られるが、地面に眼鏡をかけ直した瞬間、無敵状態。

予定していた試合にも勝った。

« リバースエッジ 大川端探偵社 第10回 「命もらいます」声豚、声地獄に墜ちる | トップページ | 軍師官兵衛 第二四話 小寺の殿様のクソっぷりに感動した。 »

コメント

(番組は見逃しました)
たしかに「出っ歯に眼鏡」っていう昔の日本人のイメージは、出っ歯はともかく目が悪くなるのは日本人に限らないのにっていうのが以前から不思議でした。
「薔薇の名前」は中世の話ですがウィリアム修道士はガラスの眼鏡を使ってましたね。あちらはステンドグラスなんかの伝統があるから技術の発達が早かったんでしょうか。小説ではウィリアムがアラビア人のレンズ研究のすごさについて語る場面もあった気がします。

おじゃま丸さん、どうもsun
>たしかに「出っ歯に眼鏡」っていう昔の日本人のイメージは
私自身はまさにそのままの風貌なのですが、それは日本人だけじゃないはずですが、なぜなんでしょう。
ガラスは奈良時代にも日本で作っていたらしいですが、なぜか普及していないです。

確か薔薇の名前はルネッサンス前後だったと思うのでまだビザンチン帝国やイスラム世界が知識では西洋世界にに対して優位だった時代ですね。


Hi Dear, are you in fact visiting this website daily, if so then you will definitely take fastidious knowledge. ggcgdkdecgef

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/59816836

この記事へのトラックバック一覧です: タイムスクープハンター6 第9回 眼鏡売りベンチャー魂:

« リバースエッジ 大川端探偵社 第10回 「命もらいます」声豚、声地獄に墜ちる | トップページ | 軍師官兵衛 第二四話 小寺の殿様のクソっぷりに感動した。 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト