2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« タイムスクープハンター6 第8回 壮絶!雪山の戦い 戦国時代のスターリングラードか! | トップページ | シドニアの騎士 第8話 「不死」 海苔夫へたれる »

2014/06/01

軍師官兵衛 第二二話 有岡、最後の日 荒木村重逃走

援軍はまだか!で援軍が来たためしなし。

狂気が宿ってる村重は信長に負けないために降伏しないで、逃げて生き延びること選んだ。面白い。

かん毛利はいつまで経っても来ない。頼る相手を間違うと大変なことになってしまいます。

村重の奥さんのだしが官兵衛を助けてきた。「だし」って「出汁」なんだろうか。

竹中半兵衛が官兵衛の息子を殺さずに匿っていることを秀吉に伝えて死んだ。命を懸けた大博打でした。官兵衛が裏切ってなくてよかった。謀略を弄すれども、官兵衛は信じているのが面白い。

官兵衛は半兵衛の死に目に会えなかった。残念ですな。

宇喜多直家が息子のために、所領安堵の引き替えに毛利から織田に寝返った。成り上がるために誅殺を繰り返してきた直家も息子は可愛いか。村重は家族を置いて城から逃げたけど。

村重が城から名物を持って逃げ出す前に牢の中の官兵衛と杯を交わして、死ぬなよと言って去った。村重は官兵衛が大好きなんですか。

村重は正確には毛利に援軍を要請する前に城から出たものの、毛利の勢力圏までたどり着けず、織田勢が村重に降伏を勧告するがそれを拒否した。降伏を拒否したのに自分は城にいない。だから逃げる。だしと赤子は城に残される。宇喜多直家とは真逆な展開になりました。

官兵衛の牢番も織田勢と戦って死にました。

来週は虐殺。

清洲会議を読み始めました。現代語訳、笑えます。


こういう感じで三谷幸喜は真田幸村を作るんだろうか。

« タイムスクープハンター6 第8回 壮絶!雪山の戦い 戦国時代のスターリングラードか! | トップページ | シドニアの騎士 第8話 「不死」 海苔夫へたれる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/59744117

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第二二話 有岡、最後の日 荒木村重逃走:

» 軍師官兵衛 第22回「有岡、最後の日」 [あしたまにあーな]
長い幽閉生活も今回で終わり。主人公が全く動くことなく、時折外の気配を察しては涙するということでなんとか場を繋いできましたが、それも今回までということでスタッフの方や脚本家の方も苦労された事と思います。お粥をしっかりと食べるだけで、伝染病などの病にかかることもなくよく生き延びることができたなと感心するとともに、それも含めて運命だったのではないかと思わずにはいられません。 牢屋の中で、門番の息子との接触がありいずれこの子が黒田家を支えていくことになるというフラグが今回立つことになります。1人の兵士という... [続きを読む]

« タイムスクープハンター6 第8回 壮絶!雪山の戦い 戦国時代のスターリングラードか! | トップページ | シドニアの騎士 第8話 「不死」 海苔夫へたれる »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本