2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 孤独のグルメ4 第4話 東京都八王子市小宮町のヒレカルビとロースすき焼き風 | トップページ | アオイホノオ 第三話 庵野秀明のアニメにモユル悶絶死 モビルスーツの性能の差が戦力の決定的差ではないということを教えてやる! »

2014/07/31

超絶 凄ワザ!「宇宙に挑め!究極の紙飛行機対決」 尾翼が下向き

飛行機も面白い。まったく違うデザインになったのが興味深いです。

植松氏のデザインは尾翼が下向きとか23世紀ですな。凄いカッコイイ。

トンボの羽根構造を尾翼につかった金沢工業大学の設計は主翼が長くてU-2ぽかった。U-2は1955年に初飛行していまでも現役というとんでもない偵察機。


かなり堅実な設計に尾翼はトンボの羽の構造という新機軸。結局勝負はこっちが勝ったわけですが、植松氏のデザインは男の子の夢ですよ。

まず無尾翼機。現在運用されているものではB-2爆撃機。


現在開発中の無人戦闘攻撃機X-47とか。


尾翼がないので抵抗もないけれども、安定飛行が難しいそうです。

尾翼を付けた紙飛行機の主翼の形状がB-1ぽい。


そして最後にたどり着いたのが尾翼が下向きの紙飛行機。しかも双尾翼。

無人偵察・攻撃機プレデターじゃないですか!


デザイン的には23世紀でした。上に反り上がって負けちゃいましたが、あれをコントロールできればいい設計じゃないのかと。実にカッコ良かったです。

BGMが初代ガンダム、ホルストの「火星」、ガンダムUC、最後はMOZUの予告の曲。良い選曲ですな。

« 孤独のグルメ4 第4話 東京都八王子市小宮町のヒレカルビとロースすき焼き風 | トップページ | アオイホノオ 第三話 庵野秀明のアニメにモユル悶絶死 モビルスーツの性能の差が戦力の決定的差ではないということを教えてやる! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/60075466

この記事へのトラックバック一覧です: 超絶 凄ワザ!「宇宙に挑め!究極の紙飛行機対決」 尾翼が下向き:

« 孤独のグルメ4 第4話 東京都八王子市小宮町のヒレカルビとロースすき焼き風 | トップページ | アオイホノオ 第三話 庵野秀明のアニメにモユル悶絶死 モビルスーツの性能の差が戦力の決定的差ではないということを教えてやる! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト