2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« NHK スペシャル NEXT WORLD 第1回  神木隆之介と林原めぐみ | トップページ | ブラタモリ 京都編 御土居と河岸段丘 »

2015/01/04

花燃ゆ 第1話 「仁」先生に持っていかれた

期待しないで見ていたら、結構面白かった。

小田村伊之助と吉田寅之助葉が文にとっていいお兄ちゃんという感じでいい。そして熱い。

オープニングの字が煙になるのがGAROぽい。

音楽は川井憲次ですよ。いいじゃないですか。

吉田寅之助は21歳で山鹿流兵学の師範とはどえらい秀才です。開祖の山鹿素行は儒教の天動説を否定して、地球球体説を支持していたそうです。

文が諳んじるのが孟子の一節みたいです。

設爲庠序學校以教之、庠者養也、校者教也、序者射也、夏曰校、殷曰序、周曰庠、學則三代共之、皆所以明人倫也、人倫明於上、小民親於下、有王者起、必來取法、是爲王者師也

各村には庠序学校(しょうじょがっこう。道徳学校)を作って人民を教化します。「庠」とは老人を養う道を教えることです。「校」とは子弟を教育することです。「序」とは射(ゆみいり。武人の礼)を学ばせることです。夏では「校」といい、殷では「序」といい、周では「庠」といいましたが、学則は三代とも同じです。すべて人倫の道を明らかにするところにあります。 上の者が人倫を明らかにすれば、下の人民は互いに親しむようになります。王者が登場したときには、必ず人々はやって来てその法に学ぼうとします。これが、王者が人の師たるゆえんなのです。

海防臆測が国会図書館のデジタルアーカイブにありました。昔は禁書だったのに。

http://suzumoto.s217.xrea.com/website/mencius/mencius05-03a.html

« NHK スペシャル NEXT WORLD 第1回  神木隆之介と林原めぐみ | トップページ | ブラタモリ 京都編 御土居と河岸段丘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/60923331

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ 第1話 「仁」先生に持っていかれた:

« NHK スペシャル NEXT WORLD 第1回  神木隆之介と林原めぐみ | トップページ | ブラタモリ 京都編 御土居と河岸段丘 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト