2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« ウェイワードパインズ 第2話 自分の過去を喋ると首を切られる | トップページ | ゴッサム 第3話 バルーンマン登場、そして逮捕 »

2015/05/23

不便な便利屋 第7話 二度目の大泉洋の空耳

松さんには映画プロデューサーのカエデというフィアンセがいて(なんとなく辺見えみりに似てる)、嫌がらせは市役所の桜田とおじさんの二人の仕業で、喫茶店の大泉洋はほっといてがホット入れてに聞こえ、松さんのコーヒーカップはわんこそば状態最後にラーメン屋が燃える、そう言う話。

二度目の大泉洋。フィアンセが松さんにほっとけないよ!→ホットケーキあるよ。確かに似ている。

コストコもイケヤもない場所で生活できないよ!とフィアンセのカエデが松さんに田舎暮らしを拒否。

欧米か!

湖池屋なら売ってるけどね。
松さんは映画監督しての才能があるんだから東京に戻ってとフィアンセに懇願される。

欧米の監督って田舎に住んでる勝手なイメージがあります。

松さん時々良いこと言うのはそういうことだったのか。

フィアンセのカエデと桜田さんが交差点で立っていたときに後ろに映る塊炭飴の看板。赤平の名産だそうな。

映画監督を諦めた松さんに森を守るっていって現実に目を背けているだけだと純君がいつもの如く力説。お前だってそうだろと言われて図星&ショックの純君、がーん!がーん!って漫画的な擬音語を叫んじゃう。

打たれ弱いな。

カエデが全然松さんのところに来なかったことに対して、突然叫ぶ。

愛は人を思いやることなんて綺麗事じゃない。自分の感情を素直に出せるのが愛なんだか!

なんだおい(笑)。いつもの早合点タイムだったらしい。後になったら忘れてる。

松さんはあの森で映画を撮りたかったのか。住んでいる土地に愛着があるっているのはなんだから羨ましい。でも松さんは諦めようとしているみたい。
一方、赤平出身の鈴井氏は赤平でこのドラマが撮れた。

赤平駅って列車が1時間に1本くらいみたい。赤平駅がある根室線は443.8km総単線だそうな。鹿との衝突事故が多いらしいです。

« ウェイワードパインズ 第2話 自分の過去を喋ると首を切られる | トップページ | ゴッサム 第3話 バルーンマン登場、そして逮捕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/61631027

この記事へのトラックバック一覧です: 不便な便利屋 第7話 二度目の大泉洋の空耳:

« ウェイワードパインズ 第2話 自分の過去を喋ると首を切られる | トップページ | ゴッサム 第3話 バルーンマン登場、そして逮捕 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト