2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事検索できます

最近のトラックバック

« シドニアの騎士 第九惑星戦役 第11一12話 最終戦闘は圧巻。最終回はうまくまとめたなと | トップページ | ブラタモリ 奈良編 なぜ鹿は鹿せんべい屋に行かないのか? »

2015/07/03

ウェイワードパインズ 第7話 オルゴールの爆弾に気をつけろ!

M・ナイト・シャマランが第7話の後に流していたインタビューで言っていたように謎解きの後が面白い!爆弾に始まって爆弾に終わる第7話。

タメが長い分だけ話に爆発力があります。ケイトとイーサンのかつての恋人同士は謎が解けても敵同士。

第7話はテロ事件を止めようとする話。真実を知らない市民が外に2015年があると信じてフェンスを爆破しようと企む。テレッサがシアトルで母親の手術があるっていう話がね、2000年前って言うのはキツイと思う。真実を伝えても町は崩壊。真実を伝えないと知りたいと思う市民が反乱を起こして町は崩壊。凄いジレンマです。

テレッサが調べていた33区画の金属板が敷かれてる空洞の下にはなにがあるのか?

その後でケイトがテレッサに、シークレットサービスに暗号回線で電話したらハスラーから伝言があってウェイワードパインズは政府の実験だから、目立たないようにしていろと言われたと。ハスラーってジェンキンスの「ボランティア」の可能性がありますね。

イーサンが保安官の車に爆弾が仕掛けてあるとわかったのは、CDプレイヤーの時計が1200時でリセットされてるからか。イグニッションの電気で起爆するようにしているから、1回電気コードが抜かれて爆弾を介して接続されたということですね。

学校の生物学の授業は人類再興の為とはいえ、正直、気持ち悪い。洗脳の臭いがする。100%オリジナルのウェイワードパインの子供が生まれて、その親になる名誉って言い方が胡散臭い(メーガンのいいことしている感じがさらに気持ち悪い)。それでエイミーとベンが良い感じになって、トラックに乗って森に出かけようとしたら、 オルゴールの爆弾が爆発!

フェンスは守れたけれども、ベンは死んじゃったのか。

ゴッサムもペンギンがギャングのボスのスパイだと分かってからが面白い。ペンギンがゴードンの命を救うという展開は最初は予想もしませんでした。フィッシュも極悪エロカッコイイ。ウェイワードパインズとゴッサムが今のところ尻上がりで面白い。ウェイワードパインズの第9話の原題が「the Reckoning」(処分)。ヤバそう。

« シドニアの騎士 第九惑星戦役 第11一12話 最終戦闘は圧巻。最終回はうまくまとめたなと | トップページ | ブラタモリ 奈良編 なぜ鹿は鹿せんべい屋に行かないのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/61833018

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイワードパインズ 第7話 オルゴールの爆弾に気をつけろ!:

« シドニアの騎士 第九惑星戦役 第11一12話 最終戦闘は圧巻。最終回はうまくまとめたなと | トップページ | ブラタモリ 奈良編 なぜ鹿は鹿せんべい屋に行かないのか? »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト