2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« ウェイワードパインズ 第7話 オルゴールの爆弾に気をつけろ! | トップページ | 花燃ゆ 第27話 妻の戦い 今回は文が主人公らしかった »

2015/07/04

ブラタモリ 奈良編 なぜ鹿は鹿せんべい屋に行かないのか?

後半の序盤の軽いトークで「鹿は鹿せんべいが大好きなのに、なぜ鹿せんべい屋に行かないのか?」

言い得て妙。きっと人が好きなんじゃないかな。

ブラタモリ見てから修学旅行に行きたかったよ!

りすm鹿はドングリを食べるのか。リスみたいです。餌やりにホルンで呼ぶとか、ハイジのペーターもやってた。

前半の平安京が遷都してしまったら、畑になって鉄道まで敷かれてたのになぜ観光地奈良は守られたのか?ぶっ壊したのは松永弾正久秀だけどそんな話はしない。

修学旅行で行きましたよ、東大寺。あれはカッコイイと思った。

東大寺大仏殿ってウルトラマンの高さか。

中の大仏もちょうどいいデカさですよ。

大仏殿の柱は集成材なのか!柱の穴をくぐったのに気がつかなかったぞ!

でも木は横方向には弱い。これは巨木で。(今はエゲレスから輸入した鉄骨トラスで補強。鉄骨トラスって古いのが東京にあったはず。)

超絶 凄ワザ!の500gの木橋で1tを支えるチャレンジは凄かったんですね。接着剤も強靱だと思った。

大仏殿再建は奈良の人たちの悲願で、金を寄付できない人は巨木を引いたとか。税金もこうしたらいいんじゃないか?金が出せないなら汗流せと。幕府も奈良の寺を守るのに貢献したそうな。

東大寺に菊の御紋と葵の御紋が並列しているとか、面白い。

大仏とかお寺を1回解体して組み直すとか、修復スゴ技ですよ。鎌倉時代の木材がまだ使えるのも驚き。宮大工の県職員って奈良らしい。文化財にも制震ダンパーが導入される。300年後まで持つと良いけどね。

江戸時代の大仏再建→観光ビジネス→大繁盛で、奈良も守られるという成功のシステム。

東京の新しい国立競技場も屋根が欲しいよね。

超絶 凄ワザ!の冒頭のBGMはGのレコンギスタで使ってた曲だ。宇宙だけに。

紙飛行機侮り難し。フライトシミュレーターまで持ち出した。

« ウェイワードパインズ 第7話 オルゴールの爆弾に気をつけろ! | トップページ | 花燃ゆ 第27話 妻の戦い 今回は文が主人公らしかった »

コメント

奈良には何度か行きましたが、確かに鹿はかなり人馴れしてますね。普通に触らせてくれます。これも保存会の努力の賜物かも。
奈良には松永久秀の他、平家による焼き討ちの過去もあるのですが、そこには触れてませんでしたね。それにしても大仏さんが時代によって継ぎ接ぎ修復されているのには驚きました。
文化財の修復は多くの時代にまたがっていますが、数百年後、平成の作業がどう評価されるのでしょうか。未来人の声が聞けないのが残念ですが…。

ぽよっぽさん、どうもsun
鹿と人間の共存ですね。イルカ漁の問題もそういうアプローチで行けばいいかもです。

奈良の大仏は平家の焼き討ちにも遭遇してるんですね。平清盛も大河になったんだから、松永久秀も大河でやればいいのにと思います。大仏も神社も継ぎ足し、生かせるものは生かす。良い物を残す修復はいいですね。敬意を感じます。

300年後に現在の修復を考えると面白いですね、タモさんをとりあえず冷凍しておいて300年後に超高性能レンジで解凍すると答えが聞けそうです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/61836881

この記事へのトラックバック一覧です: ブラタモリ 奈良編 なぜ鹿は鹿せんべい屋に行かないのか?:

« ウェイワードパインズ 第7話 オルゴールの爆弾に気をつけろ! | トップページ | 花燃ゆ 第27話 妻の戦い 今回は文が主人公らしかった »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト