2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 攻殻機動隊 新劇場版 Ariseの続きだけど、押井守版のようなしっとりとした仕上がり | トップページ | 経世済民の男 小林一三 後編 真の一等国とは »

2015/09/12

元少年Aのウェブサイトを見てみた。被害者家族に謝罪できるような精神状態にないと思う

元少年Aのウェブサイトとされるものをみました。被害者家族に謝罪がないと憤慨している意見もありましたが、それを見る限り、そもそも被害者家族に謝罪できるような精神状態にないと思います。

性格類型が同じINFJ型でした。あらま。

このサイト:

http://www.sonzainotaerarenaitomeisa.biz/

世間に重要な人間として扱われたい願望が人一倍強いように思います。
怒っている顔と泣いている顔が触角のナメクジ。本人はどうだ!みたいな感じかもしれませんが、実際はよく見る絵かなという気がします。それより図案化している芋虫みたいなほうが面白い。足が祈ってますね。

自分がナメクジだという卑下しながらも、最後は「一見不完全に見えるけれど、視点を変えるとナメクジほど‶完成された生物″はいないのではないか」としめくっています。この矛盾を本人は乗り越えられていないのではないでしょうか。

ナメクジを虐めるのも自分を虐めているのかもしれません(生きていてはいけないけど、死にたくはない)。だけど自分は凄いと思われたいのかも。

それも仕方ないのかなと。中学生で医療少年院に入って出てきたわけですから、ある意味ずっと人から注目される存在だったわけですから。そういう人から関心を向けられていた少年が一般人になれって言われても難しいかも。人気のあった子役が成長するにつれて人気が無くなるときの寂しさみたいな。この時、一番やっちゃ行けないのが無理に目立とうとすること。それをこの青年はやってしまったかな。

まず自分の立ち位置が不安定なので、被害者家族に謝罪できるような精神状態にないのではないでしょうかね。今がきっと辛いはず。本当の罪の償い少年院じゃなくて今だと思います。

« 攻殻機動隊 新劇場版 Ariseの続きだけど、押井守版のようなしっとりとした仕上がり | トップページ | 経世済民の男 小林一三 後編 真の一等国とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/62266347

この記事へのトラックバック一覧です: 元少年Aのウェブサイトを見てみた。被害者家族に謝罪できるような精神状態にないと思う:

« 攻殻機動隊 新劇場版 Ariseの続きだけど、押井守版のようなしっとりとした仕上がり | トップページ | 経世済民の男 小林一三 後編 真の一等国とは »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本