2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« ルパン三世 第1話 これはいいスタート 懐かしいけど新しい | トップページ | 花燃ゆ 第40話 二人の母 秀次郎がひたすら可愛い »

2015/10/04

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話 これは大当たりかも

タイトルとか縦書きだ。人間関係と設定説明の第1話だけどワクワクする。王道の主役ガンダムの登場だった。オルガ・イツカがブライトさんで、三日月(ミカ)が肝の据わったアムロか。

主人公がズタボロの野良犬状態(地雷を設置して掘り返すとかやらされる)。親分の一軍が逃げて、敵軍のザクみたいなの(グレイスとかいうらしい)に味方を蹴散らされたところに地中からガンダム・バルバトスが大釜でぶった切る。ファーストガンダムの第1話じゃないか。いいぞ。

よくわかってると思ったのはモビルワーカーがモビルスーツに比べて小さいこと。怪獣映画の戦車ですな。こういう引き立て役は大切です。

あと少年兵の歩哨を敵が頭を狙撃するとか。日曜の5時からエグいと思わせる演出、嫌いじゃないです。

モビルスーツは300年前の大戦争の遺産らしく、人類を滅ぼす力らしいという伏線張っておいて地面から地上する巨人バルバトス。大釜を持った死神ぽい。気に入った。

主人公の背中から棘が出てると思ったらモビルワーカーに乗るためのインターフェース(阿頼耶識:)だった。だから上半身裸でモビルワーカーに登場しているのか。

お嬢様と町娘の間で三日月は三角関係になるのかな。セイラさんとフラウボウみたいな?

バルバトスは動くとカッコイイ。見せ方がよい。

« ルパン三世 第1話 これはいいスタート 懐かしいけど新しい | トップページ | 花燃ゆ 第40話 二人の母 秀次郎がひたすら可愛い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/62409908

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話 これは大当たりかも:

« ルパン三世 第1話 これはいいスタート 懐かしいけど新しい | トップページ | 花燃ゆ 第40話 二人の母 秀次郎がひたすら可愛い »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト