2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 英国一家、日本を食べる 第22話 長寿のヒケツといえば沖縄料理 | トップページ | 花燃ゆ 第43話 萩の乱に誓う 玉木文之進が切腹 »

2015/10/25

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第4話 命の値段 トドの動きが不穏すぎる

今回は戦闘がない!子供たちも怖いけど、ギャルルホルンはもっと怖いトドのクソッぷりが来週から宇宙に出てからの展開を揺らがせるんでしょうね。

「バカとなんとかは使いようってか」ってトドが毒づいてOPへ。

地球にお姫様を届けるお仕事だけど、正式な航路はギャルルホルンに抑えられてるので裏ルートで地球へ向かう。しかし民間企業の縄張り争いもあるので、水先案内人をトドが知っているというオルクス商会にやってもらうことにする。

トドを疑るユージンに仲間でしょ、仲間って言う。不穏な臭いしかしない。

マクギリスはまとまっていない資料をまとめさせ、コーラルからの賄賂も受け取らない。それを出せばあなたを拘束しなければならないと、高貴だけれども、めっちゃ相手を見下してる。

雪之丞はトドと違っていいおじさんだな。宇宙に上がるのかな。

スペースデブリの(ガチムチ)昭弘(って名前が宇宙世紀というより昭和)を解放してやるオルガ。残るっていうなら俺が守ってやる、一緒にでっかい花火打ち上げようぜって言われて、昭弘はオルガに惚れたんじゃない。宇宙船所有者の名義変更にも気合いが入る(笑)。

お嬢様の地球行きの仕事は将来が懸かってるんだっていうオルガ。お前らの思い通りに行くかよとほくそ笑むトド。いいよトド。

クーデリアが地球行きの資金援助を求めたノブリスが、「若き勇者とともに死地に赴く戦の女神が彼らの屍の上に楽園を築く」ってずいぶん嫌味じゃないか。少年たちを殺しちゃうのかと、どよーんとするクーデリア。その様子を見ていた三日月が畑に連れて行く。

ビスケットの祖母、「桜ちゃん」の畑にはアトラが来ている。三日月とお揃いのミサンガで赤くなる。純情だ。まだ男を年収で判断しないな。それなそに三日月はクーデリアと仲良くしてる(ように見える)。

トウモロコシは燃料になるので安く買い叩かれる。なるほど火星は、農業に不向きで傭兵を生業としていたスイス人みたいなものか!仕事をくれてありがとうってクーデリアに三日月が頭を下げる。まさに命の値段。

アトラのジェラシーMAX。恋愛つながりでマクギリスの許嫁が同僚のガエリオの妹。若干9歳。それはいろんな意味で犯罪でしょ。

そしてトウモロコシ畑でマクギリスと三日月の偶然の邂逅。三日月がガエリオの首を掴むし、パンチを避けるし、これは因縁の対決になりそう。(ガンダムでは上官のパンチを避けてはいけないのだ!)

マクギリスは良い戦士になるなって三日月に言い残して去った。これから戦うんですね。

「強襲」装甲艦イサリビ。ガンダムで「強襲」は大事ですね。変形するのかな?

鉄火団のエンブレムが完成。「ミカ、これを俺らで守るんだ」とオルガが言ってるそばから、トドが誰かに密かに連絡して「思い出させてやるぜ、大人の怖さってヤツをな」ってフラグ立ててる。

戦闘のない、誰も死なない回だけど、大人の世界は思惑が渦巻きまくりで面白い。

MISIAの宣伝を見てたら、モビルスーツのキマリスみたい。


頭の尖ってる感じがそっくり。

« 英国一家、日本を食べる 第22話 長寿のヒケツといえば沖縄料理 | トップページ | 花燃ゆ 第43話 萩の乱に誓う 玉木文之進が切腹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/62547552

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第4話 命の値段 トドの動きが不穏すぎる:

« 英国一家、日本を食べる 第22話 長寿のヒケツといえば沖縄料理 | トップページ | 花燃ゆ 第43話 萩の乱に誓う 玉木文之進が切腹 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト