2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« サンダーバード ARE GO ロンドン大停電 アナログお婆ちゃんがんばる | トップページ | ウォーキングデッド6 第5話 波立つ不安 今が大切。 »

2015/11/08

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 彼らについて 戦闘がなくても面白いガンダム

モビルスーツが戦わなくても面白い。凄くいい。少年たちの生活描写が宇宙漂流バイファムみたいだった。オルガがなんで三日月に見つめられると焦った感じになってるのかわかった。

おやっさんがよく分からなくてイライラしながらバルバトスの整備シーンが実に良い。ついにガンダムフレームの設定が出てきた。

アトラと三日月の食事のシーンもねいいよ。アトラが三日月は戦って死ぬのが怖くないのって不安げに聞くと、これかあるからってアトラから貰った手首のミサンガを見せる。

死ねリア充!

いや死んだら駄目だ。

オルクスと戦って案内を頼めなくなったから、オルガは木星を拠点とするテイワズっていう複合企業の殻を被ったマフィアに頼むことにする。地球に向かわずに木星に向かう。しかし子供相手にしてくれるかなってみんな不安。テイワズって中国明代の航海士「鄭和」ってことかな。木星っていうのがシャリアブルとかシロッコとか、とってもガンダムだ!

フミタンは通信係に抜擢!クーデリア姫様の立場は?

三日月はクーデリアの地球行きにまったく興味がなかったけど、クーデリアが地球に出向いて火星の経済的な独立を勝ち取って俺たちを幸せにしてくれるっていうところで距離が縮まったみたい。

三日月とアトラの昼食配りを手伝う。その流れで三日月が字が読めないと気づき、先生役を買って出る。

子供たちが艦内で働いて文字の勉強している光景は微笑ましいけど、大人としてはなんだか心苦しい。「彼らについて」ってサブタイトルは伊達じゃない。こういうのを描ける世界観、いいじゃないか。

こういうの死亡フラグにもなるよなあ。

ノブリスはコーラルが死んで屁の役にも立たなかったと言った。クーデリアも弄ばれるのかも。意外とクソ野郎?でもテイワズとのコネがありそう。

オルガがなんで三日月に見つめられると時々焦った感じになってるのかわかった。

なんでツテもないのにテイワズと交渉するのは無理だとビスケットは考える。だがクーデリアを地球に届ける任務を諦めないオルガにはそれ以外の選択肢はない。どうしてわざと危険な道ばかり行こうとしているのかとビスケットが聞く。これはいい副官(XO)と艦長の会話ですな。オルガが包み隠さず答える。

見ているからだ。振り返るとそこにいつも三日月の目があるんだ。すげえよ、ミカは。強くて、クールで、度胸もある。初めてのモビルスーツも乗りこなし、今度は読み書きまで、そのミカの目が俺に聞いてくるんだ。オルガ、次はどうする?次は何をやればいい?次はどんなワクワクすることを見せてくれるんだ?ってな。あの目は裏切れない。あの目に映る俺はいつだって最高に粋がって、カッコいいオルガ・イツカじゃなきゃいけねえんだ。

オルガの弱音(コンプレックス)が垣間見える。三日月がオルガの精神的な支えなのね。その後の三日月との会話ではオルガは確かにサイコロは振っちまったんだと粋がってる。

イサリビの元オーナーが登場。

モビルスーツ戦が回想しかなかったけど、充実した渋い終わり方でした。来週は戦闘回みたい。


« サンダーバード ARE GO ロンドン大停電 アナログお婆ちゃんがんばる | トップページ | ウォーキングデッド6 第5話 波立つ不安 今が大切。 »

コメント

部品もないし、どれだけ粋がってもガンダム壊れたりしたら、MSの対抗手段ないから詰むんですよね
(確かに他のG作品もそうだけど本作は特に)
じゃあ、どうすんだ。というと無双させるか、都合のいい所での援軍到着とかになってしまう

バックボーンが弱いんですわ、ワンクールくらい火星で這いずりまわったほうが世界観もだせてよかったのではないか?と思います
他の独立運動を助ける→火星の勢力にコネができる
厄災戦の資料をさぐりMSを掘り起こす→機体の資料と支援機ゲット、修理にもパーツ取りにも使える
熟練していく整備兵と戦いになじんでいく少年兵と、助けるべき民を戦争へとかき立てないと自身の主張さえできない矛盾に苦しむお嬢様
とかね

なおさん、どうもsun
Zガンダムテレビ版では2号機でしたかパーツ取りに使われてしまう設定になってましたね。パーツかぶっ壊れて片腕が動かないまま戦うとか面白そうです。
アムロもガンダムがなければただのオタクみたいな感じでしたから、モビルスーツない展開もありだと思います。
オルガが仕掛けておくとか、トドの企みがまた失敗するとか何かしら伏線を張っておけば、援軍も整合性は出てくると思います。

バックボーンが弱いというのも、神の視点じゃなくて子供の視点で見ているからしょうがないかもしれません。戦うのは大義じゃなくで、お金のためっていうころですから、バックボーンが弱いと感じるモヤモヤがどこかで解消されるといいですね。


ファンクラブで7話まで追いつきました。

バイファムですなー。そういうほのぼの回の最後にあいつが登場して次回へ。というのもよかった。

> バックボーンが弱い

そこがガンダムシリーズ^^
なんだかよくわからないうちにみんな翻弄されていくんです。

baldhatterさん、どうもsun
お疲れ様です。第6回のバイファム回も良かったですが、第7話の戦闘も相当いいです。

そう言えば、ファーストガンダムでアムロが倒す相手としてジオンのザビ家を認識するのは、グフが登場してガルマの国葬で演説するギレンを見ていたブライトさんが「ザビ家の独裁をもくろむ男が、何を言うのか!」ってところですね。

>なんだかよくわからないうちにみんな翻弄されていくんです。
えーっと、それはおもちゃ会社のルールで
とりあえずロボットだしておかないとスポンサーに怒られるから
政治やむずかしいお話は後回しにしてとりあえず
主役機を活躍させるという、やつですねw
当然、ギミック(合体、変形)も省略は不可w

Vガンとか、それで4話スタートでしたねぇ(4話→1話→2話→3話→)

>ガルマの国葬で演説するギレン
あれ完全に視聴者おいてきぼりでしたね
地球の周りにスペースコロニーがあって、サイド3と地球が戦争してる
くらいしか説明してなかったしw
他にも、マクベの陰謀で、ランバラル隊にドムが届かなかったりとか、そんなん分かるかw

なおさん、どうもsun
その視聴者おいてけぼりのガンダムが今やサンダーボルトまでアニメ化という。

>マクベの陰謀で、ランバラル隊にドムが届かなかったりとか、そんなん分かるかw
そのくだりは小学生から大好きです。(ストーリーブックを買って読んでいたので)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/62639476

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話 彼らについて 戦闘がなくても面白いガンダム:

« サンダーバード ARE GO ロンドン大停電 アナログお婆ちゃんがんばる | トップページ | ウォーキングデッド6 第5話 波立つ不安 今が大切。 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト