2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 歴史秘話ヒストリア 給糧艦 間宮 羊羹をくれ! | トップページ | お一人様、簡単メシ トマト鍋の素でパスタを作る »

2015/12/05

孤独のグルメ5 第10話 東京都江東区亀戸の純レバ丼 歌う医者からやんちゃ飯への流れ

ヨガで調子に乗って腰をやった井之頭五郎。入院から3日目、病院飯にパンチがないと舌が駄々をこね始める。医者がヨガと聞いて五郎のレオタード姿を想像して笑われる。そして入院を勧められて歌う。

♪焦りは禁物です↑…よ↓♪

漫画版の井之頭五郎(単行本第2巻には入ってなかった)では確かいろいろ工夫しておいしくしてたような。しかしドラマ版は病院飯は塩気が足らないと退院したら早速、医者が進めていた酢にラー油を垂らして胡椒をかける餃子を食べに中華料理店へ突入(餃子を想像して悶絶する五郎の顔芸が秀逸)。五郎って腰より胃に負担をかけているような気がする。

椎間板ヘルニアで動けなくなって整形外科に入院しましたが、ご飯の味は良かったですよ。

退院してメンテバッチリ。やっと場所紹介「東京都江東区亀戸」。亀戸の「イ」はどこにあるのだろう?

元々は亀井戸と書いたことに由来するものである。元々の地名は「亀島」(または亀ヶ島、亀津島)で、その名の通り亀の形に似た島であったことによるとウィキペディアにありました。

亀戸天満宮にお参りしようとしたけど、「腹が減りました」(今日は神様の前だからか丁寧語)。

地味飯が続いたからソバ屋では物足りない。やんちゃ飯をガツガツ行きたい。あの店(菜苑)…匂うぞ。ラーメン。

病院食では考えられない。ラーメン。やんちゃだ。そして餃子もつけよう。最高の退院祝いだ。普段から良いもの食べてるからそうなるのだろう。

って思ったら、カップルが頼んだ純レバ丼を頼んだ。ラーメンはいつでも食える。お店が坂道に面しているのでなんか外の風景が特撮ぽい。とんかつ屋のキャベツのごとくネギを刻み続けるお姉さん、素敵です。

やってみました酢+胡椒+ラー油(の代わりにコチジャンとラー油)。うまい。

Img_20151205_120656_kindlephoto4002

餃子の具の味が引き立ちます。

純レバ丼のネギおかしいぐらいに山盛り。水が進んで箸休めの餃子が助かるのはトウガラシたっぷりで辛いからか。

店の中で自撮り棒を振り回すんじゃないよ!

病院食で大人しくなった胃にはへヴィなどんぶり。予想以上のやんちゃ飯だ。容赦ない味付けだ。スープが大事。12月なのに汗びっしょり。それは相当辛いぞ。

このガツンと濃い味どんぶり飯が俺の五臓六腑に火をつけた。どんな飯とも真っ向勝負できる幸せ。おいしいは健康の証し、味とは生きている実感だ。

哲学する五郎。よ~し、これで社会復帰だ!

今日は食べる量が少なくないか?と思ったけど、病院で一食制覇してるからですか。

焼肉屋のジオラマが16万円(笑)。


« 歴史秘話ヒストリア 給糧艦 間宮 羊羹をくれ! | トップページ | お一人様、簡単メシ トマト鍋の素でパスタを作る »

コメント

お医者さん言動が妙で面白かったですねhappy01 何か元ネタがあるのかな? 医者が餃子の話をしてるときに看護師さんが神妙な顔をしているのも良かったです(笑)
餃子を酢と胡椒で食えっていうのは塩分を控えろっていうアドバイスなのか。
浅見れいな演ずるヨガの先生は五郎の腰痛の原因を作ったくせに朗らかに笑っていてけっこう鬼畜ですよね(笑)

おじゃま丸さん、どうもsun
元ネタなんなんでしょうね(笑)。
>餃子を酢と胡椒で食えっていうのは塩分を控えろっていうアドバイスなのか。
なるほど!塩気が足らんって五郎が狂ってましたから、酢で耐えろ!と。

>浅見れいな演ずるヨガの先生は五郎の腰痛の原因を作ったくせに朗らかに笑っていてけっこう鬼畜ですよね(笑)
ええ、女子ですから(差別的表現)

医者と看護師の「餃子食べに行こうか」「よろしくお願いします」っていう会話も謎すぎる。2人はいったいどういう関係なのか(笑)
一瞬映ったスカイツリーの上のほうが雲で隠れてましたね。都庁なんかも雨の日にはそうなることがありますが、スカイツリーはものすごく高いのでちょっと天気が悪いとすぐああなるようです。

おじゃま丸さん、どうもsun
愛人何でしょうか(笑)。不倫でも医者ですから切られても大丈夫そうです(謎)。
スカイツリーに気がつきませんでした。
曇っているときに高層ビルに登ったときのガッカリ感はまずいラーメン並です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/62811047

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独のグルメ5 第10話 東京都江東区亀戸の純レバ丼 歌う医者からやんちゃ飯への流れ:

« 歴史秘話ヒストリア 給糧艦 間宮 羊羹をくれ! | トップページ | お一人様、簡単メシ トマト鍋の素でパスタを作る »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本