2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第19話 「願いの重力」 アインがやられたぁぁぁ!! | トップページ | ウォーキング・デッド6 第9話 「決死の一夜」 シーズン後半最初からフルスロットル!! »

2016/02/15

真田丸 第6話 「迷走」 自己嫌悪に落ちた昌幸、信繁のアイラブ信濃で元気に復活。

今回は信繁の話。家康の伊賀越えみたいに松たちを脱出させるのに失敗して凹むけど梅に癒やされる。

先が読めんぞ源三郎って悩む昌幸、大好きです。北条氏政の不気味な笑みも気持ち悪くていい。

松危うしと思ったら佐助登場!続いて火曜サスペンス劇場なみの高い絶壁!明智の兵に囲まれて飛び降りた!しかし姿は見つからず。茂誠がこのまま真田に帰っても居場所がないとまたもフェイドアウト。凹む信繁。結局、松は生きていた。助けた農民に素性を言わないのは記憶喪失じゃないみたい。

滝川一益から来るように求められる昌幸、信幸(源三郎)に意見を聞かせろと言う。だが昌幸は今まで一度も自分の意見が取り上げられたことはないではないですかと言い返す。取り上げるとは言ってない、聞かせろと言っていると昌幸。口が達者です。

信幸は真田は織田の家臣なのだから、このまま織田につくべきだと。信長が討たれたからといって織田を見限るのは家臣としての道理に反すると。滝川一益の元で明智を討伐し、信長の仇を討つべきだと提案。

なぜそれを早く言わんと昌幸愚痴る。(でも実際の目的は道理や忠義じゃない)

ずっと申しておりましたと信幸。

お前はずっと真っ直ぐだなと昌幸。

そうあるようにと父上に教えられましたと信幸。お父さんがコロコロ変わりすぎと言わんばかり(笑)。

そして滝川一益のところに言って信長が討たれたと聞いて、今、なんと申されたと驚いてみせるが、滝川一益にはバレバレ(笑)。

昌幸、一刻も早く明智を討ってくださいと一益に懇願。真田が目を光らせている限り、上杉は動かない。北条が攻めてきても信濃の国衆が一丸となって追い払うと豪語する。

最も心配なのがその国衆だと一益が言うと、昌幸いつもの神妙な顔で

ご心配めさるな。信濃はこの私がまとめますると約束する。そうしたら

その真田が最も信用できぬ!って言われた。

人質を差し出せと言われる。ワシを裏切らぬようにと釘を刺された。

織田勢を追いだしたとしても北条や上杉などに攻め込まれて食いつぶされると、北信濃の国衆に撃退された森長可が言ったのは深い。天下布武という秩序が崩壊して混乱期に戻ったわけですから。

信濃から撤退する森長可を守る井手浦かっこいいな。

明智が勝てるかどうかはどれだけ味方を増やせるかだが、主人を不意打ちで襲う人間に与する者は少なかろうと言う。信繁にどうするのかと問われ、素っ波(スッパ:忍者ですな。すっぱ抜くの語源だとか)は目先の損得では動かぬ。一度家臣と決めたからには最後まで尽くすのが我らの流儀。

この乱世にそのようなことが通るのですかと信繁。頭の回転は兄ちゃんより速いと思ってるだけのことはある。

それに対する井手浦の返答が渋い。

乱世なればこそ我らの流儀に値打ちが出る。

(ここで同じ素っ波である佐助のアップ)

素っ波は戦いでは死なぬ。素っ波が死ぬ時は信用を失った時。


かっこいいな。

覚えておきますと信繁。これが後々の信繁の軸になっていくんでしょうな。

昌幸、国衆に滝川一益に手を貸すと説明したら、室賀正武いつものごとくまた起こった。

考えが浅い!そういうのを朝令暮改というのだと糾弾される。昌幸、開き直る。

朝令暮改の何が悪い。前の案に固執するとは愚か者のすることじゃ。

我ら小県の国衆って信幸が父への援護射撃を始めると、

黙れ小童!

信幸がぐぬぬしてしまういつもの流れ、大好きです。

織田を追い払って北条につくべきだと言うと他の国衆も賛同する。昌幸も賛同する。信幸、父のコロコロ変わる姿勢にまたも驚く。

昌幸、場を収めるために嘘をついた。滝川と北条を天秤にかけて様子を見ると信幸に言う。大丈夫なのですかと不安な信幸。

わからん
と昌幸。先が読めんぞ源三郎と愚痴をこぼす。何をすればいいって聞くようになった。

信幸の意見は滝川一益が明智を討てば国衆はついてくる。それを援護する意味で滝川が信濃を離れている間に北条が攻めてこないように策を講じるべきだと。昌幸、弟の信尹を北条氏政のもとに送って攻め込むのを待ってくれと言う。

氏政が信尹に小声で「(織田と約定を交わしているのに)攻め込むわけがないではないか」。

バリバリ怪しい。さらに信尹が起こらぬことが起こるのが戦国の世でございますと念を押す。

これは上島竜兵の熱湯ですね。押すなと言ったら押せというアレ。氏政の頬が引きつらせて、昌幸の考えかと聞いた(笑)。そして高笑いを浮かべてよかろう約束しようと言った。息子の氏直、さっきと言ってたことが違うじゃないかと信幸と同じリアクション。氏政は一益に攻め込みませんと書いた書状を送る。それで一益を油断させておいて、氏政に一益が明智を討ったらすぐに攻め込めるようにと命じる。

これは後で信幸が信繁に今、北条に攻め込まれたら真田は終わりと言うのを受けていて、今は北条につく姿勢を示して攻め込ませないように時間稼ぎをしているのでしょうか。

家康も家康で信長の仇討ちに兵は出さないつもり。阿茶局に織田の家臣じゃなかったのですかと聞かれて、家来になったつもりはないとすっとぼけ(笑)。一益の援軍要請にも承知しておいて兵を出さなければいいと言う。

そういうのは好きではないと顔をしかめる本多忠勝。信幸と同じで律儀なことよ(義父と義理の息子はウマが合いそう)。

信繁、松を殺したと母に泣いてぶたれる。それで真田の屋敷で働くことになったキリに何か言ってくれって言われてもね。仕方ないですむかと怒るしかないでしょ。そしてあなたのせいじゃないとか言って欲しいでしょうけど口が裂けても言わないと言い返す。見事に撃沈。そりゃ梅に愚痴をこぼしに行くわ。

帰ってきたくなかった。私は明智の動きを読み誤り、姉を救えなかった。あの時、安土に残っていれば、もっと早く連れて逃げることもできた。ずっと兄より才があると思っていた。その才で兄を助けていくのが己の務めだと思っていた。

うぬぼれだった。

私の才などいざという時、何も役に立たぬ。それがようわかった。才がなければ私はただの役立たずの次男坊。真田の家にいる意味など何もない。

無言・・・

あの、何か言っても構いませんよと信繁。そう来るか(笑)。この緩急すきですな。

梅が一言。

梅は源次郎様が帰ってきてくださってホッと致しました。もし真田の里に何かありましたら、必ず私をお助けくださりませ。約束です。

う~ん、この男心をわかっている魔性の女。そりゃ一緒に薪を切っちゃう中になりますよ。

作兵衛の手裏剣の練習が渋い。

ババ様、滝川一益への人質として沼田城に向かうことに同意する。キリも同行。信繁とケンカしているので最後の別れが言えない。

しかし滝川一益が動く前に秀吉が明智を討った。天下人に一倍近いと一益に言わしめた秀吉は小日向文世か!はまってます。

これで滝川一益の目はなくなったと昌幸、落胆。

わしが肩入れした者はことごとく運を逃がす。源三郎教えてくれ。わしは疫病神か。

巡り合わせかとと信幸。

凄く共感します。

物見櫓に立って遠くを見る昌幸。それを見つけた信繁がそこへ行く。昌幸が松には申し訳ないことをしたワシが不甲斐ないばかりにと詫びる。そして織田や北条や上杉と対等に渡り合える力が欲しいのと弱音を吐く。

不思議ですねと信繁。この景色を見るといつも思うのです。武田から織田、たとえ領主が変わっても、この信濃の景色が変わるわけではない。いつも静かにあの山々はそこにある。まるで人間同士のいさかいを遠くで笑っているようです。

私はこの景色が好きです。信濃は日本国の真ん中ですから。信濃に生まれたことを誇りに思います。父上の子として生まれたことを誇りに思います。

昌幸、感激。よき息子じゃって肩を抱いた。

いい話だ。

秀吉が明智を討って北条が上野攻めを開始した!一益に徳川からの援軍は来ない。昌幸も援軍を出すつもりはない(上杉の動きを止めるために北に軍を向かわせていると嘘をつく)。

しかしそれでは北条に信濃も攻め込まれてしまう。

これより真田は誰の下にもつかぬと昌幸が腹を括った。

ようやくわかった上杉も北条も徳川もこの信濃が欲しいのじゃ。ここには良き材木が採れる山々がある。それを運ぶ川もある。よい馬もいる。街道が通り、人が集まる。東と西を結ぶ要の土地じゃ。だからこそ大名たちはこの信濃を押さえようとする。

この信濃があるかぎり わしらは大名たちと対等に渡り合える。この信濃を使ってヤツらを操ってみせるのよ。もうやつらの顔色をうかがうのはゴメンじゃ。滝川が北条と戦っている間に手薄となっている岩櫃と沼田の城を奪い返す!

いざ出陣じゃ。息子たちよ。ワシはどんな手を使っても真田を、この地を守り抜いてみせる!大博打の始まりじゃ!

って凹んでいた昌幸が再起する。高まります。

大名と対等に渡り合える力が欲しいとこぼしてた昌幸、信繁の信濃の風景が好きだという話から、信濃自体が大名と渡り合える力だと教えられる。



« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第19話 「願いの重力」 アインがやられたぁぁぁ!! | トップページ | ウォーキング・デッド6 第9話 「決死の一夜」 シーズン後半最初からフルスロットル!! »

コメント

羽柴秀吉の初登場が山崎の戦いでの祝宴シーンだったわけですが、この登場の仕方は、明智討伐において秀吉がいかにノーマークで、寝耳に水の出来事であったかが伺えますね。

徳川家康は家臣に明智を討たないのかと尋ねられても「いずれ誰かがやってくれる」とお灸とマッサージを受けながら我関せずの様子。
第4話では昌幸にしつこく食らいついていたのに、家臣や阿茶局の前ではこの調子。オンとオフの差が激しいです。

姉の松を守れなかった(と思っている)失意の信繁はきりにつれなくされた代わりに梅に愚痴を言いに行き、「源三郎様が帰ってきてホッとしています。何かあったら私をお助けくださいませ」の言葉で陥落。
滝川一益の人質になったおばば様(とり)に同行することになったきりは、ケンカしたばかりの信繁に何も言えないまま沼田城へ。

自信喪失していた昌幸は、信繁の信濃愛、そして父上の子に生まれてよかったという言葉に感激し、真田の手で信濃の国を守り抜くことを決意。「大博打の始まりじゃあ!」と叫ぶラスト、次回が楽しみです。

ぽよっぽさん、どうもsun
羽柴秀吉がどんちゃん騒ぎしていると楽勝ぽいです。良い演出だと思います。
梅に愚痴る信繁(源次郎)の心情はクレイジーケンバンドの「俺の話を聞けぇぇぇ」切実かもしれません。
https://youtu.be/US8zoKCxFO4
明智討伐に動かない家康が秀吉と小牧長久手の戦いで激突するかと思うと高まります。昌幸が慌てているのとは対照的ですね。キリもそういう意味では無駄に騒ぎ回ってます。
次回の沼田城奪還も面白そうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/63211358

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第6話 「迷走」 自己嫌悪に落ちた昌幸、信繁のアイラブ信濃で元気に復活。:

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第19話 「願いの重力」 アインがやられたぁぁぁ!! | トップページ | ウォーキング・デッド6 第9話 「決死の一夜」 シーズン後半最初からフルスロットル!! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト