2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 保温鍋シャトルシェフ(12)で南海鶏飯を作る | トップページ | パシフィック・リムはテレビで見ても面白い! »

2016/03/05

ブラタモリ 第33回 那覇編 那覇は2つある 歴史に翻弄されてますね

那覇は2つある ナハナハ。せんだみつおか!

オールド那覇に行きたくなった!そして米軍施設に潜入だ!やっぱり日本じゃない!

髪の毛が真っ黒でヒゲが真っ白な那覇歴史博物館の館長さんの方言はまったくわからんです。

国際通りは何が国際なんでしょう?

(戦災を受けた人のための)娯楽の殿堂、国際劇場がこの通りにできたから国際通りになった。戦前から水はけが悪くて無人地帯だったのに。

戦前のオールド那覇の繁華街は海に近いところにあった。500年以上にわたって栄えていたそうな。

沖縄の建物がかもしだす独特の質感の感じは琉球石灰岩なんですね。

岸壁の凹みはノッチっていうのか。ノッチって厄介な英単語の1つです。

600年前、オールド那覇市街は独立した島でした。ブラタモリではよくある話です。外国との貿易港だったとか。江戸時代に貿易港だった長崎の出島も今は陸地に飲み込まれてます。

そして港の入り口にあったのが波上宮っていう神社。海から見た港の目印だったとか。沖縄に神社があるという事実にびっくりです。和人が600年ぐらい前に建立したそうな。それならわかります。神社の裏にやはり御巌。

そして中国の天尊廟・天妃宮っていう中国道教の航海・漁業の神も祀られている。

中国の廟と和人の神社の建立を認めるとは琉球王国はフリーダムです。

しいて言うなら麻婆ラーメン(?)。

昔は島だったオールド那覇に中国系の人たちが住んで通訳とか水先案内人を務め、久米村(クニンダ)というのができました。やはり渡来人は隔離される運命のようです。

沖縄の歴史から考えて普天間基地の移設は洋上施設しかないと確信しました。

中国人の子孫の人は苗字を変えてるんですね。

浅瀬づたいにオールド那覇と首里を結ぶ長虹堤を作って通行路にした。オランダぽい。こういう昔の土木建築、大好きです!これでさらにオールド那覇は栄えたとか。

軍の報道官の声がパックンぽい。

米軍の軍港だけど日本の海上保安庁の船が停泊してました。

米国軍港に残る御物城(おものぐすく)という昔の物産倉庫。崖に落ちてる青磁の欠片が明時代のもの。それを偶然でも当てるタモリ氏!検品して割れてるのはその辺に捨ててた。戦前には料亭があったとかタモリ氏がまた当てた。黒柳徹子みたい。

オールド那覇は空襲で破壊され、占領後1マイル(1.6km)を立ち入り禁止にした。それでニュー那覇が壺屋から始まった。食べ物は米軍から支給があったが、食器がない。食器(瀬戸物)が必要だと、それで食器作りしている壺屋からニュー那覇が始まったとか。歴史は面白いです。

そして壺屋周辺に闇市が出来る。闇市はよろしくないと公設市場を建設して移転させる。そして店が通り沿いに出来て「平和通り」商店街の完成。「平和通り」が出来たのは戦後なんだと言われればそうですね。

狭い土地を有効活用しようと商店街の下に川が流れてる!これは地方から一旗揚げようとした人たちが水上店舗を構えたところから始まってるそうな。商魂たくましい。

桑子アナに最後に着て欲しかったな透け透けのけしからん服!

超絶 凄ワザ!コンパクトな防災ヘルメット対決。紙のヘルメットでも5kgのモノが2m上からはおろか3m上から落ちてきても持つのは凄い。しかも圧勝だった!途中の蛇腹構造を抜いて円筒型螺旋構造とハニカム構造の方が強くなるとか、実験を繰り返すと意外な結論に達するものですね。革新は常識の先にはない。驚きの先にある。


« 保温鍋シャトルシェフ(12)で南海鶏飯を作る | トップページ | パシフィック・リムはテレビで見ても面白い! »

コメント

艦砲射撃と爆撃でガレキの山でしたし
あの当時のインタビューで、家よりも地中に埋めといた古酒の壺がぜんぶ割れたほうがつらいってのが沖縄人ッポイですw

闇市はだいたい政府未公認なので、移動は仕方ないですね。上野闇市だって移動があったからこそ秋葉原も出来ましたし

なおさん、どうもsun
>あの当時のインタビューで、家よりも地中に埋めといた古酒の壺がぜんぶ割れたほうがつらいってのが沖縄人ッポイですw

愛すべき人たちですgood。震災の瓦礫の中に萌え系コレクションが映ってたりして神は無慈悲だなと思いました。

上野のアメ横もそうですね。闇市ないと生活成り立たないわけですから、いくら統制しようがサプライサイドを改善しないと統制の効果が出ない。結果、闇市大繁盛。人間はたくましい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/63303531

この記事へのトラックバック一覧です: ブラタモリ 第33回 那覇編 那覇は2つある 歴史に翻弄されてますね:

« 保温鍋シャトルシェフ(12)で南海鶏飯を作る | トップページ | パシフィック・リムはテレビで見ても面白い! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト