2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016/03/28

ウォーキング・デッド6 第15話 「巡る因果」 ダリルが撃たれた!!!

ダリルに向けて銃声とかほんとやめて。心臓に悪い。しかも次週シーズン6最終回。

そしてモーガンが・キャロルを探すために町を離れた。

続きを読む "ウォーキング・デッド6 第15話 「巡る因果」 ダリルが撃たれた!!!" »

2016/03/27

真田丸 第12話 人質 鉄火起請(てっかぎしょう)で源次郎、古御門になる

三谷幸喜の脚本力が存分に発揮された一話だと思います。

鉄火起請で源次郎がリーガルハイの古御門みたいな切れ者ぶりを発揮。

続きを読む "真田丸 第12話 人質 鉄火起請(てっかぎしょう)で源次郎、古御門になる" »

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 最終回 バルバトスが本気出した!

グレイズアインとバルバドスの決闘が熱かった。やられてやられて最後にバルバトスが本気出す! 君の罪は止まらない、加速する。面白さも止まらない!

良い最終回すぎてこのまま終わるんじゃないかと思いましたよ。

続きを読む "機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 最終回 バルバトスが本気出した!" »

ルパン三世 最終回 面白かった。

モナリザをバックにして、「優れた芸術と泥棒は似ている。どちらも人の心を盗む術を知っているからだ」は最終回に向けたメッセージだったのか。

続きを読む "ルパン三世 最終回 面白かった。" »

2016/03/26

精霊の守り人 第2話 アニメ版よりまとまってるような気がする

アニメ版が結構前なのであまり内容を覚えてないのですが、アニメ版よりも話とかキャラクターの立ち位置がまとまっているように思います。アクションも多い。

ジグロが良い味出してます。風景が日本に見えないのが凄い。

続きを読む "精霊の守り人 第2話 アニメ版よりまとまってるような気がする" »

ブリッジ3 第1話 さっぱりわからないが引き込まれる

このシリーズは主人公のサーガ・ノレーンにどこかで接点が出てくる人間の描写がサーガとまったく関係ないところから始まるので話が見えないのに逆に気になって引き込まれます。

続きを読む "ブリッジ3 第1話 さっぱりわからないが引き込まれる" »

2016/03/25

鉄華団最大の敵は嫁!

福嗣くんがいろいろ羨ましい。

続きを読む "鉄華団最大の敵は嫁!" »

新生ロボコップ(2014年版)は銃弾飛び交うシザーハンズ

つまらないという噂を聞いて観ていなかった新生ロボコップがアマゾン・プライムで無料で観られるので観てみたら、全然面白いじゃないか!

続きを読む "新生ロボコップ(2014年版)は銃弾飛び交うシザーハンズ" »

2016/03/23

コペンハーゲン3 第4話 「失ったもの」 ビアギッテは英語が上手

豚問題を利用して自分の新党を与党に正式な政党だと認めさせる。面白い。

続きを読む "コペンハーゲン3 第4話 「失ったもの」 ビアギッテは英語が上手" »

2016/03/22

ウォーキング・デッド6 第14話 強く在るために 殺すべきだった人間を殺さないとどうなるか?

弱肉強食の世界の中で良心とは何か。ゾンビドラマに考えさせられました。ほんと深い。デニスとユージーンは絶対に死ぬと思わせる話の進めをしていて最後に助かったかと思ったら、一気にアドレナリン上昇。

以下、ネタバレありで

続きを読む "ウォーキング・デッド6 第14話 強く在るために 殺すべきだった人間を殺さないとどうなるか?" »

2016/03/20

真田丸 第11話 「祝言」 なのに黙れ小童!室賀正武が殺された。

前半は笑い、後半は泣く。黙れ小童!室賀正武が殺された。春日信達とかいい人が殺されるのが戦国時代。

続きを読む "真田丸 第11話 「祝言」 なのに黙れ小童!室賀正武が殺された。" »

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話 「未来の報酬」 450カットは伊達じゃない

この回だけで450カットらしいです。確かに凄かった。ガンダムシリーズでも指折りの最終回前です。モビルワーカーが頑張った!後半陽動作戦で蒔苗を町に入れようとする当たりから凄かった。これぞ最終回の直前という怒濤の展開。

そして三日月さんをも凌駕する皆殺しマシーングレイズアインとマクギリスの登場。グレイズアインのヤバさは小学生の時に初めてみた「ビグザム」なみです。

ネタバレありです。

続きを読む "機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話 「未来の報酬」 450カットは伊達じゃない" »

2016/03/19

精霊の守り人 第1話 なかなか良かった

大人向け特撮ドラマの牙狼(GARO)を見ているようでした。牙狼を見ているせいかファンタジーですが普通に入れました。

続きを読む "精霊の守り人 第1話 なかなか良かった" »

ブラタモリ 第34回 熊本城はやりすぎ城 変態は思考し、そして美しいほどにやり過ぎる。

賤ヶ岳の七本槍の一人、加藤清正だけに槍すぎというダジャレかのかと思いました。

熊本城は完全に「ぼくの考えた最強の城(かとうきよまさ10さい熊本県)」ですよ。

続きを読む "ブラタモリ 第34回 熊本城はやりすぎ城 変態は思考し、そして美しいほどにやり過ぎる。" »

2016/03/18

機動戦士ガンダム サンダーボルト第3話 潰し合い宇宙に全身の血が沸騰する

第1話と第2話はフルアーマーガンダムとサイコザクの最終決戦に向けてのお膳立てでしかなかったのか。危険な戦場が分泌させるアドレナリンにイオは陶酔し、増幅するダリルの怨念がガンダムを討つ。

ガンキャノンとジムキャノンきた!!ジャスもカッコイイ。マシンガンとか銃座の発射音がいい。

しばらく喰ってない婆ちゃんのリンゴタルトは禁句だ。

続きを読む "機動戦士ガンダム サンダーボルト第3話 潰し合い宇宙に全身の血が沸騰する" »

2016/03/16

コペンハーゲン3 第3話 「党の理念」 日本と似てる

今の日本の状況に似てます。主人公のビアギッテ・ニュボーが新党を結成していろんな人が集まるところから始まる第3話。

「原則のために党を変える人がいる。党により原則を変える人がいる」 チャーチル

続きを読む "コペンハーゲン3 第3話 「党の理念」 日本と似てる" »

2016/03/14

真田丸 第10話 妙手 源次郎戦わずして負けて勝つ 結婚せずにパパになる!

源次郎も昌幸と同じく一兵も使わずに敵を追い払った。昌幸と違って源次郎は誰も裏切らずに正々堂々と。

負けて勝つとはまさにこのこと。

続きを読む "真田丸 第10話 妙手 源次郎戦わずして負けて勝つ 結婚せずにパパになる!" »

ウォーキング・デッド6 第13話 「張り詰めた糸」 ニーガンは集団なのか!

誰かを殺さなければ生き残れないレザボアドッグスみたいな密室劇。「張り詰めた糸」っていう邦題どおりの展開。

派手なアクションはないけど、目隠しされて連行されるところとか怖いし、リックが無線の声でしか登場しない、キャロルの良心を軸に話が進んで面白い。良心を前面に出すからさらに当たり前がエグくなります。 

続きを読む "ウォーキング・デッド6 第13話 「張り詰めた糸」 ニーガンは集団なのか!" »

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第23話 最後の嘘 三日月さんが無慈悲すぎて鉄血のガエリオになる

視聴率に反比例して面白くなっていく鉄血。泥臭いとかいう生半可なエグさではない。これはもう修羅ですよ。

嘘にはついて良い嘘とついてはいけない嘘がある。マクギリスの嘘はイカン。

最後のガエリオの嘘には敵ながら泣かされた。本物の騎士じゃないか。

怒りに燃える三日月さんが子供が見ちゃいけないレベルに無慈悲すぎ、悪魔と化したバルバトスがカッコ良すぎて震える。

続きを読む "機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第23話 最後の嘘 三日月さんが無慈悲すぎて鉄血のガエリオになる" »

2016/03/11

福島原発事故の時の某首相の漫画

当時原子力安全委員会長が描いた漫画を読むと、「顔のない首相」は(悪い意味で)骨の髄まで国民目線の首相だと思います。そういう漫画。

続きを読む "福島原発事故の時の某首相の漫画" »

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド1を見終わるとわかるのはウォーキングデッドと違うということ

アマゾンのレビューを見ると面白いという人と激しくつまらないという人の両極に分かれてます。普通に面白かったです。シーズン2が見たいです。

最終回の

「イカれた世界ではいかれたヤツが生き残る」

迷言です。

続きを読む "フィアー・ザ・ウォーキング・デッド1を見終わるとわかるのはウォーキングデッドと違うということ" »

2016/03/09

コペンハーゲン3 第1話を見逃して第2話から

どうやら第1話では首相を追われたビアギッテが中道党の党首選で敗北し、第2話では新党を立ち上げる話に。

日本で新党立ち上げってまたかよ的なマンネリ感がありますが、デンマークという日本の縁もゆかりもない国の新党立ち上げは面白い。

続きを読む "コペンハーゲン3 第1話を見逃して第2話から" »

2016/03/08

コードギアス 亡国のアキト 最終章 最終章にふさわしい攻城戦 

亡国のアキトはミリタリー調に舵を切ってますが、ヴァイスボルフ城に攻めかかるブリタニア帝国のミカエル騎士団とそれを防ごうとする城の様々なトラップが心地良いです。

最後はコードギアスらしい決着のつけ方。

続きを読む "コードギアス 亡国のアキト 最終章 最終章にふさわしい攻城戦 " »

ゴッサム2 第1~第2話 強烈な滑り出し 混沌のゴッサム

シーズン2の第1話の始まりはジャブ、第2話でキツイ一発きました。

ジョーカーにそっくりなジェロームは戻ってきそうだと思ったらやっぱり復活。そのジェロームを操ろうとするテオ・ギャラバンとかいう大物の顔ツキもいかれてます。

続きを読む "ゴッサム2 第1~第2話 強烈な滑り出し 混沌のゴッサム" »

2016/03/07

ウォーキング・デッド6 第12話 「殺めるべき者」 悩める魂たちのゼロ・ダーク・サーティ

七人の侍みたいな戦いになるのかと思ったらビン・ラーディンを暗殺したゼロ・ダーク・サーティみたいに緊張する展開でした。アドレナリンが出て胃が痛くなるサスペンス感。

人間を殺すという罪悪感を全面に出して突き進む感じ、たまりません。そして最後ですよ。

続きを読む "ウォーキング・デッド6 第12話 「殺めるべき者」 悩める魂たちのゼロ・ダーク・サーティ" »

NHKスペシャル 被曝の森 放射能の影響があろうがなかろうが進撃してくる

福島第一原子力発電所の事故により放射性物質が拡散し、住民が避難を強いられてた地域が自然に飲み込まれています。

続きを読む "NHKスペシャル 被曝の森 放射能の影響があろうがなかろうが進撃してくる" »

2016/03/06

真田丸 第13話 「駆引」 室賀が張り切り 源次郎が復活

室賀はやっぱり良いキャラです。そして計略の暗黒面がトラウマになっていた源次郎、キリじゃなくお梅のおかげで見事復活。毎回最後に信濃・上野を巡る怒濤の展開、凄い。

今日の源次郎は堺雅人という人選に納得。

続きを読む "真田丸 第13話 「駆引」 室賀が張り切り 源次郎が復活" »

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話 前回と違う意味で泣ける

前回とは違う意味でいい話でした。ビスケットを失ったオルガがアムロみたいな放心状態になった。オルガっていきがてるけどまともだから。

最後の三日月がオルガの胸倉を掴んでからの会話に前回と違う意味で泣かされました。

続きを読む "機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話 前回と違う意味で泣ける" »

サンダーバード ARE GO 第13話 重力の井戸 そしてブレインズは恋いに落ちる

なかなかマニアックな重力ネタじゃないですか。子供向けにしてはハードSFぽい。

アホなアランと頭のいいけど変なブレインズの絡みはいい。

続きを読む "サンダーバード ARE GO 第13話 重力の井戸 そしてブレインズは恋いに落ちる" »

2016/03/05

パシフィック・リムはテレビで見ても面白い!

スーパーヒーローも良いけどロボットVS怪獣という夢のような映画です。

スターウォーズより高揚感があります。巨大ロボット大正義。

続きを読む "パシフィック・リムはテレビで見ても面白い!" »

ブラタモリ 第33回 那覇編 那覇は2つある 歴史に翻弄されてますね

那覇は2つある ナハナハ。せんだみつおか!

オールド那覇に行きたくなった!そして米軍施設に潜入だ!やっぱり日本じゃない!

続きを読む "ブラタモリ 第33回 那覇編 那覇は2つある 歴史に翻弄されてますね" »

保温鍋シャトルシェフ(12)で南海鶏飯を作る

鶏肉のモモ肉が安かったので南海鶏飯を作りました。

簡単な割に良い感じにできます。

続きを読む "保温鍋シャトルシェフ(12)で南海鶏飯を作る" »

六花亭の新製品 バターケーキを食べてみました じわじわくる違い。

六花亭といえばバターサンドですが、私あれが苦手でございます。バターを食べてる感じが駄目です(普段もパンにバターは塗りません)。

それなのにバターケーキを食べてみました。

続きを読む "六花亭の新製品 バターケーキを食べてみました じわじわくる違い。" »

2016/03/04

ブブキ・ブランキ 第8話から本気出す 昭和元禄落語心中と心中する覚悟

ブブキ・ブランキがあんまり人気ない模様で由々しき事態。

第1話を見ると礼央子とかいう赤い髪の少女がラスボスのロボットアニメかと思わせておいて実は全然いました。

そして第8話、ドナルド・トランプが見たら核攻撃してやると怒り出しそうなふざけたアメリカ人が登場。

続きを読む "ブブキ・ブランキ 第8話から本気出す 昭和元禄落語心中と心中する覚悟" »

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト