2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝 第2話 「天満月」 アミリとジンガだ! | トップページ | 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた »

2016/04/17

真田丸 第15話 「秀吉」 利休も登場。一番の見どころは景勝の葛藤。

秀吉のキャラが豪放磊落、もっと言えばざっくばらん。今までの秀吉よりもお調子者ぽいけどキレると怖い。顔が笑ってるのに目が笑ってない。嫉妬深い目をしてますよ。

秀吉がなんぼのもんじゃいと昌幸。秀吉の勢い、今がてっぺんではないのか?源次郎からの報告を待とうと言う。

どっちか天下人かわからん。

でも一番良かったのが葛藤する景勝。

秀吉と福島正則と源三郎でお忍びで(景勝の謁見をすっぽかして)吉野太夫に会いに行って升酒を飲む。これが石高の計量統一につながる。福島正則は市松っていうのですね。

作兵衛が梅の子供にわしの乳を吸わせてみたとか、変態か。あまり吸わせないほうがいいとつれない源三郎。

なぜ源三郎が凹んでいるのかよくわからなかったのですが、自分が源次郎より扱いが低いと思っているからでしたか。そういう源三郎を心配する母に昌幸が父として良いこと言います。

源三郎が真田の力になるのはもう少し先だ。今は乱世。だがいずれ世の中も落ち着く。その時こそ源三郎の出番じゃ。

荒れ果てた土地を再び耕し、国を建て直す。

その時こそあやつが役に立つのだ。あの生真面目がな。

泣けた。すべてのニートが親から聞きたい言葉ですね。

源三郎と源次郎の兄弟二人で「治世の能臣、乱世の奸雄(曹操)」ということですね。

上杉景勝と源次郎(信繁)のやり取りが笑える。景勝を待たせておいて秀吉と吉野太夫に会っていたとは言えないですね。俺が秀吉との仲を取り持ってやるといつもの調子で安請け合いする景勝(笑)。

大谷刑部少輔吉継と石田三成って新撰組!のスペシャルドラマで榎本武揚と土方歳三ですな。

昨晩酔いつぶれたのを謝りに来た加藤清正を「面倒くさい男」という三成は熊本県民を敵に回したな。

三成が信繁を邪険に扱っていたのに突然、親しく接するようになるのは、秀吉に気に入られたから。悪いことではないけどね。敵が多くなりますね。

秀吉、めっちゃくちゃ。

景勝を誉めて領地を安堵し、官位をやる。しかし徳川の真田征伐に手を出すなと言う。(上洛してこない真田を懲らしめ、徳川に恩を売るために真田との同盟を無視せよと)。しかし源次郎を可愛がる。この権謀術数ぶりたまりませんな。

景勝、悶絶。源次郎にどのツラ下げて合えば良いのだ・・・

ここ良かった。

景勝と源三郎が秀吉とともに利休との茶会に招かせる。焦る源次郎。

利休は本当は大阪弁か!尾張出身の秀吉にとって大阪・堺をおさえておくのは大事だったはず。

景勝のお茶の飲み方が悲哀に満ちてます。その後、利休が秀吉に言っていたように、随分と心がみだれていたかが、どこかで踏ん切りをつけた感じでした。

源次郎、利休の茶を飲めず。

景勝はため息を漏らす。わしにとってはこれまでで生涯で一番苦い茶であった。

そう言う景勝は泣きそう。いい人だ。だがそれでは乱世では滅ぶ。

源次郎が見た秀吉一家の団らんを、ごく短い幸せだったかもしれないとかナレーションで言う。秀次が自害に追い込まれて、秀秋は自分の罪にさいなまれて21才で謎の死を遂げる。福島正則も加藤清正も。

真田一族の団結との対比になってる。





« 牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝 第2話 「天満月」 アミリとジンガだ! | トップページ | 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/63500132

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第15話 「秀吉」 利休も登場。一番の見どころは景勝の葛藤。:

« 牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝 第2話 「天満月」 アミリとジンガだ! | トップページ | 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト