2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた | トップページ | 南阿蘇での救援活動を見てもまだオスプレイはダメというのかね? »

2016/04/18

ゴッサム2 第8話 バーバラとゴードン、そしてギャラハンとブルースの対決 

ゴッサムは段々とキャラクターに厚みが出てきて面白くなっていきます。極端な心理描写が面白い。

そして第8話、バーバラとゴードン、そしてギャラハンとブルースが対決。そしてエニグマがミス・クリングルを埋める話と三つのストーリーが同時に展開ですよ。

以下、ネタバレありです。

ゴードンに追い落としてやると言われたギャラハンがゴードンを始末しようとバーバラを使う。そうなるとブルース・ウェインは両親を殺した犯人探しでゴードンを頼りにできなくなり、ギャラハンへのウェイン産業の株式売却を飲まなければならなくなる。

ブルースにギャラハンが両親を殺した犯人を教える代わりにウェイン産業の株式を売るように迫るところ、ブルースの両親を殺した犯人への復讐心を満たして、ギャラハンは百年前にウェイン一族にゴッサムを追われた恨みを晴らそうとする構造が面白い。ギャラハンが子供のブルースを操る感じもハラハラします。

アルフレッドがいて良かったですね。父の遺産(名誉)を守るためにウェイン産業の株式をギャラハンに売って会社を建て直してもらった方が良いんじゃないかとブルースが言うと、アルフレッドがご両親の遺産は会社ではありません、ご両親の遺産はここに私とともに今立っている(あなたです)ってアルフレッドが言う。

すべてを終わらせようとする僕は間違ってるのかなと泣き出すと、間違っていませんとアルフレッドが抱きかかえる。いい話です。

バーバラが結婚式で騙されてみんなに笑われる悪夢は彼女の行動原理を表してます。こういう話が出てくるときは大抵死にます。結局、ゴードンはバーバラを殺せなかった。

エニグマがサンドイッチを奪った犯人を見つけて殺そうとしたら、そいつはペンギンだった。壮絶なオチです。

ギャラハンは捕まったけど、師匠である修道士がいたのでまだ続くと期待してますよ。ギャラハンはなかなかいい悪役です。ゴッサムは映画版のバットマンみたいにメイクアップしてないのにメイクアップしているような錯覚を受けます。悪役のキャラが濃いです。


« 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた | トップページ | 南阿蘇での救援活動を見てもまだオスプレイはダメというのかね? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/63505472

この記事へのトラックバック一覧です: ゴッサム2 第8話 バーバラとゴードン、そしてギャラハンとブルースの対決 :

« 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第3話 それはガンダムと呼ばれた | トップページ | 南阿蘇での救援活動を見てもまだオスプレイはダメというのかね? »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト