2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« コペンハーゲン3 第10話 続編は作らないのかな | トップページ | ブリッジ3 第6話 画質が戻らないが、すべての殺人に関連が見えた! »

2016/05/06

仮面ライダーアマゾンズ 第6話 「For What I Fight」 セクスィ仁さんはだけすぎ

毎回面白い! さなぎが孵化した!アマゾンはオメガした登場しませんでしたが、濃い戦いですわ。

アマゾンに変身しなかった鷹山仁のパジャマがはだけすぎ(笑)。

悠が美月を蝶アマゾン・サナギ(2)から守ろうと変身したら、発狂して異次元のパワーを発動して全身から棘が突き出てサナギを串刺しにした!まさに化け物。

サナギアマゾン(2)が溶けないので清掃班が研究所に持ち帰ることに。それは絶対にやっちゃダメな感じ満々。防爆設備のしっかりした部屋でサナギを調べるとか絶対に暴れ出すフラグじゃないですか。鷹山仁も悠も研究所に来た。何かが起こるしかない。

アマゾンは水澤部長たちが作り出した人工生命体だったのか!それが暴走を始めたので駆除する。ゾンビ系ドラマと思わせておいて、話が進んでいくとブレードランナーだった。

鷹山仁はアマゾンをすべて殲滅すると誓っている。悠は狩らなければならないアマゾンは狩る。けど守りたい者は守る。ヒトでもアマゾンでも。マモル君は守るためには人も狩るということですね。

鷹山と母親は自分たちが勝手に産みだしたものを都合が悪いから勝手に殺そうとしている。

僕はそれが嫌だ。僕はたぶん怒っている。あなたたちに。

いいぞ。

鷹山仁はアマゾン細胞の可能性のひとつだと水澤部長が言ってたけど、悠はアマゾン細胞から作られた生命体でも、高山仁のように人間にアマゾン細胞を移植したものでもない、第三のアマゾンだそうな。

死んだと思ったサナギアマゾンから蝶アマゾンが孵化した!

人もアマゾンも守りたい者は守るし、殺したい者は殺すっていう悠の戦闘目的は強者の論理だなと思っていたら、蝶アマゾンと戦う志藤に僕の中の僕は戦うことが好きみたいです。だからもし人食いになって殺されるなら、仁さんよりもあなたたちがいい。だから駆除班で虫を狩ると宣言。

ここは良いシーンです。

虫とオメガの戦闘シーンが良い具合に長い。水たまりで絡み合うとことかいいじゃないですか。蝶アマゾンの散弾攻撃も渋い。

牙狼もそうですが、アクタースーツのアクションが良いですなあ。CGにはない肉弾戦の味があります。

仮面の下の悠が戦いながらほくそ笑んでる。最後、蝶アマゾンが頸動脈切られて青い血しぶき上げて死んだ。

マモル君がアルファに殺されるとか考えるとか切ない。

国際営業部長の橘さんが悪い男かと思ったらネタ要員だった。

鷹山仁は今回変身しませんが、熟れた体がアマゾンで見放題ですよ奧さん。




« コペンハーゲン3 第10話 続編は作らないのかな | トップページ | ブリッジ3 第6話 画質が戻らないが、すべての殺人に関連が見えた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/63589131

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーアマゾンズ 第6話 「For What I Fight」 セクスィ仁さんはだけすぎ:

« コペンハーゲン3 第10話 続編は作らないのかな | トップページ | ブリッジ3 第6話 画質が戻らないが、すべての殺人に関連が見えた! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト