2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第10話 「灼熱の大地から」シャンブロの主砲が火を噴いた! | トップページ | とと姉ちゃんに声優の緒方賢一が顔出し出演 »

2016/06/05

真田丸 第22話 「裁定」 キーワードは手柄次第と名胡桃。

最初は朝の情報番組か(笑)と思わせての後半の緊迫化する状況。誰も戦ってないけど戦っています。

交渉の行方を心配する源次郎と楽しそうな昌幸パパ。昌幸パパが出てくると話が盛り上がる。そして状況は悪い方向にエスカレートしていく。

朝の情報番組みたいな片桐且元のマップを使った説明が長くて、秀吉に舌打ちされる。しかしこの説明がないとさっぱりわからない。

領有権が絡み合ったところはもめる。元凶は沼田は真田の領地だと安堵し、さらに北条の領土だと安堵した二枚舌の徳川。

沼田は上野と越後の国境にある沼田城を築いたのが上野の国衆、沼田顕泰。顕泰は上杉に近かったが、家中で騒動が起こり、上杉方と北条方に分裂して騒動になり、それを上杉謙信が鎮圧した。沼田城は天然の要害なんですな。

源次郎、江雪斎の口車に乗って真田は沼田城をだまし取り、かすめ取り、勝ち取りましたと言ってしまった。

あとでしまったと思ったけれども、昌幸パパは徳川がどういう立場を取るのか面白くなってきたとか言う。

休憩時間、交渉で戦争をしなくていいように江雪斎は源次郎と戦うと言って去って行く。

源次郎は徳川との起請文(条約)は真田の方が先だから、真田の方が有効だと申す。ならなにか家康を家臣の前で嘘をつく二枚舌の卑劣漢だと罵るかと江雪斎。これには源次郎、言葉を失い黙れ小童!の窮地に陥る。

だが状況を一変させる一撃を本多正信が食らわせる。家康は沼田城を北条に譲り渡すとは言っていない、「手柄次第」、奪い取るなら好きにせよと起請文にも書いてあると。江雪斎に家康が北条に沼田城を譲り渡すと聞いたであろうと言われた正信が一言。

忘れ申した。

これが本当の外交。江雪斎は正信にしてやられた。

なぜ助けたかと源次郎に聞かれた正信の答えがカッコイイ、必死で戦こうておる若者を見たら、手を差し伸べてやるのが年寄りという者。

このオヤジ、びっくりぽんだ!

そこに頭の悪そうな秀次がまさかの援護射撃。

沼田城を奪い取るにせよ、譲り渡すにせよ、それは沼田城が真田の城であると暗に認めていることにはならないか。もともと北条のものであるなら、取り返す、奪い返すというべきである。

語るに落ちるとはまさにこのこと、違うか江雪斎?

北条が負けた。三成が怒った!沼田が大戦の火種となるのだ!昌幸に沼田を諦めてくれとあの三成が頭を下げた。源次郎にも諦めるように言われる。

出来レースだったか!昌幸の野望が潰えた。

秀吉と三成に勝てないと諦めた昌幸が三成に懇願する。

ひとつだけ、望みがございます。沼田の外れにある名胡桃には我が真田家代々の墓がござる。あそこだけは渡すことはできません。

三成が名胡桃の安堵を約束した。しかし源次郎は名胡桃の墓を知らない。

やっぱり昌幸パパお得ので出任せだったか!理由は簡単。

なんか言ってやらんと悔しくてな。

人間味しかない昌幸パパほんと大好き。名胡桃は一際高いところにある。これで沼田に睨みを利かせることができると。転んでもただでは起きない。

おがげで北条氏政はご立腹。名胡桃を取られたら、戦になったときに自分たちの動きがすべて悟られてしまうではないか。氏政は昌幸みたいに頭が回ります。しかし江雪斎に上洛を請われても行かず。逆に沼田周辺に一万の兵を配置する。秀吉の裁定に不服であることを形で示す。

氏政は昌幸みたいに頭が良いけど、プライドが高すぎたのが運の尽き。

矢沢頼綱に沼田城を明け渡すよう求めるとか、無理難題を押しつけられて頭を下げるのはいつも源三郎。頼綱が田城を守るために死んでった仲間の名前を呟く。

教えてくれ、死んでいった者たちになんといって詫びればよいのだ?

沼田城に入った北条家家臣猪俣邦憲が、突如、名胡桃城に攻め込み、奪い取った!名胡桃城の城主、鈴木主水が自害する。

昌幸が京都にいるので源三郎が代わりを務める。名胡桃城を奪い返すか、どうするか考えているところに、舅の本多忠勝が登場!

何をためらっておる!今すぐ、兵を名胡桃に進めるのじゃ!

たまたま当地に留まっていたのも何かの縁、この本多忠勝、加勢つかまつる!


カッコイイ!百の兵をお貸し頂ければ先陣を務めましょうとまで言う。

さすが正義の味方。

源三郎、ここは真田の軍議の場、速やかにお戻り願いたいと突っぱねた。

婿殿、よう言うたって笑いながら退き下がった。

こんなことなら名胡桃を北条に渡しておけばよかったと悔いる昌幸。死んだ城主の鈴木主水は古くからの真田の家臣だった。

昌幸が名胡桃城の奪還を命じようとするが、源次郎がそれでは真田も処罰を受けると制止する。まずは秀吉に報告すべきだと。

昌幸が秀吉に攻める許可を求めるが、秀吉にこの件は預かると言われる。悔しい昌幸に出浦が聚楽第は一見堀もあって攻めにくそうだが、東はやや手薄だ。攻め落とせるぞとか言う。

この二人、大好き。

真田が軍を動かさなかったことで、秀吉は北条を攻める口実ができた。氏政が馬鹿すぎて秀吉の多国籍軍に攻められることになった。

秀吉、見たこともない大軍で北条の度肝を抜いてやる!

氏政:この小田原があるかぎり負けはせぬ。だが家康だけは味方につけようって無理だよな。

最後の氏政のしかめ顔がいい。

来週は忍城!


« 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第10話 「灼熱の大地から」シャンブロの主砲が火を噴いた! | トップページ | とと姉ちゃんに声優の緒方賢一が顔出し出演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/63735839

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第22話 「裁定」 キーワードは手柄次第と名胡桃。:

« 機動戦士ガンダムUC Re:0096 第10話 「灼熱の大地から」シャンブロの主砲が火を噴いた! | トップページ | とと姉ちゃんに声優の緒方賢一が顔出し出演 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト